2022年06月16日

第133話文明の衝突P4


「ふむ……」

「パーパルディアの艦隊はいかがしましょうか?」

「今回の目的はシルカーク王国軍の拠点を潰す事、航空戦力の損失した艦隊など、放っておいても良かろう。
 無視して敵首都を目指すぞ」

「はっ!!」

 飛空艦隊はシルカーク王国首都タカクを目指して進軍するのだった。



ーーーーーーーーーーーーーーー

 ちょっと今回は文字数が少なかったので、次話は1週間以内を目標に更新します
 
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 01:00| Comment(2795) | 小説

第133話文明の衝突P3


◆◆◆

「ぬぅっ!!」

 何故か解らないが、導力火炎弾に効果が無い。
 リュウオはその原因を見極めようと、命中した敵艦を注視した。

「あ……あれはっ!!」

 よく見ると、微かに青いオーラに包まれている。
 しかも甲板で走り回る兵は厚い防寒服に身を包んでいた。

「くそっ!!強烈な氷魔法かっ!!」

 火炎弾が通用しない原因を見抜く。

「あれほどの魔力、とんでもない出力だ」

 純粋に敵の圧倒的なる魔力に感激した。

「やるじゃないか……では目標を変えるのみっ!!!」

 リュウオはすぐに指示を出し、一番手前の艦をやり過ごす事に決める。
 他の艦に狙いを定めた時。

「うおっ!!」

 猛烈な量の光弾が発射されるのが見える。

「すごい量だ、しかしっ!!!日本国の見えない攻撃、グラ・バルカス帝国の対空砲、神聖ミリシアル帝国の対空魔光弾に比べると圧倒的に遅い、これなら……」

 敵の弾を見定め、回避行動を行う。
 ワイバーンロードは敵の攻撃を避けつつ距離を詰めていった。

 距離が近づくにつれて命中してしまう者も増える。敵の陣形は強力で、弾の逃げ道が弾幕で塞がれる場合も出てくる。

「うおぉぉぉぉぉっ!!!」

 決死の覚悟で突撃し、放った魔転式導力火炎弾のうち、5発がクルセイリース大聖王国の30門級飛空戦艦に命中した。

◆◆◆

「飛空艦ブローン被弾!!ブローンが集中的に狙われています!!」

 敵のワイバーンは、もう半数は落とした。
 撤退しても良さそうな損失率だが、それでも向かってくる。

 ターコルイズは敵の凄まじいまでの意思に驚異を感じた。

「ぬうぅ!」

 ターコルイズの眼前で、さらに多くの火炎弾が命中する。
 炎に包まれたブローンは魔力出力機構に異常が出る。
 出力が低下したブローンは炎に包まれながら高度を下げる。

『我、操作不能!我、操作不能!!』

 やがて魔力燃料に引火して爆発、空に大きな火球が出現、その熱線は旗艦まで伝わってきた。

「ブローン爆沈!!」

 船を1隻損失してしまった。
 この程度の敵にやられた。
 ターコルイズは叫ぶ。

「ちくしょぉぉぉぉぉっ!!」

 反転降下した敵は離脱していく。

「敵、31騎撃墜、我が方の損失、ブローン1艦が爆沈、その他損傷軽微」

 歯ぎしりする司令官ターコルイズに、ダルイア艦長タンソーが話しかける。

「ブローンは旧式艦です。
 本件襲撃で、我が方の損失は1%ですが、敵は60%近くの損失を出しています」

「しかし、まさか連射式魔炎砲を避けるとは……ワイバーンロードだったか?あの機動力は驚異だ。
 シルカークは簡単に落とせるだろうが、パーパルディア皇国本国に攻め入る時は、もっと効果的戦法を考える必要があるだろう」

「ターコルイズ様、これだけの圧倒的勝利であってもなお、相手を侮る事の無いその考えはさすがです。
 今回のシルカーク攻略には間に合いませんでしたが、魔導研究所では氷魔法を展開しつつ、射撃も出来るよう魔導回路の2核化と、機関の出力向上の研究が良い結果を出しています。 シルカーク後の戦いには間に合うでしょう」


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 00:57| Comment(11) | 小説

第133話文明の衝突P2


 ターコルイズの額には汗が伝う。
 敵は350kmも出ている、という事は、我が飛空戦艦よりも速い。
 万が一にも無いだろうが、敵に遅れをとってしまった場合、速度で振り切る事が出来なくなってしまう。
 おそらくは勝つだろう。
 しかし、相手は初めて戦う異文明の列強国。やはり緊張する。

「対竜鳥滅殺陣展開!!」

 艦隊は高度を上げつつ、敵の方向に対して射線が重ならず、かつ火炎弾が飛んできた際に他艦の陰に隠れる事が出来る陣をとった。

「対会敵1番艦、強度氷魔法術式展開!!」

 敵に一番近い艦の表面が、氷魔法に覆われる。
 特殊な魔導塗料が塗られた木製の艦表面は極度の低温となった。

 乗組員は防寒対策のため、ふわふわのコートを来て走り回る。

「対竜鳥連射式魔炎砲、魔力充填……魔力増幅!!」

 兵が魔力増強のため、命を削る魔力を込めた。

「発射準備完了、射程まで1分20秒!!」

 敵は徐々に近づく。
 飛空艦隊は、迎撃準備を進めるのだった。

◆◆◆

 パーパルディア皇国 対圏外文明国防衛艦隊 竜騎士団

「敵、飛行高度を上げました!!」

 敵は高度を上げつつ、単縦陣に近い陣を組む。

「阿呆がっ、上昇力が違うのだっ!!!」

 竜騎士団は急速に高度を上げた。

「敵より高度を上げ、上空から突っ込むぞっ!!」

 竜騎士団長リュウオは通常のワイバーンとは異なる、圧倒的なるロード種の上昇力を見せた。
 上空で反転、急降下して敵を向く。
 一糸乱れぬ編隊に、彼ら竜騎士団の練度の高さが伺えた。

「魔転式導力火炎弾発射用意!!」

 ワイバーンロードは急降下しつつ、首を伸ばして口を開く。
 口の外側、空中に火球が形成される。
 形成された火炎弾は、推進方向を軸として高速回転を始めた。

 日本国には、銃弾を回転させてジャイロ効果によって弾道を安定させる技術があった。
 同技術を世界で初めて応用し、導力火炎弾に取り入れる。
 これにより、命中率が大幅に向上、射程も伸び、火炎面積を空気に対して極小化することによって、火炎弾が減速率が少なくなる。

「喰らえ、魔転式導力火炎弾!撃てぇ!!!!」

 炎の着火音のような音、回転する炎が連続して放たれた。

□ 100門級飛空戦艦ダルイア

「敵、30度上空、火炎弾来ます!!」

「射程が長い、今までの敵とは違うようだな」

 連続して放たれた火炎弾は1番手前の1番艦に命中した。

 ドガァァァァン!!!

 ワイバーンロードの改良型火炎弾はその威力を解放した。
 前方の艦に、大きな火球が現れる。

「……大きいな」

 ターコルイズは火炎弾命中による爆発の大きさに驚いた。

「はい、敵の速さ、練度、射程、どれをとっても今までの敵とは違います。
 シルカークのワイバーンとは、魔力放出パターンが完全に異なるため、これはワイバーンロードと呼ばれる新世界における列強国の新種です」

 幹部が説明する。

「さすがは列強、相手にとって不足は無い。だがっ!!!」

 火炎弾命中による炎は徐々に小さくなって消える。
 甲板を微かに焦がす程度にとどまった。

「フフ……防御用艦の氷魔法をなめるなよ。魔力出力が違うのだ。
 さあ、殺戮の宴を始めるぞっ!!」

「対竜鳥連射式魔炎砲発射準備完了!!」

「射ーーっ!!!」

 砲の前方に六芒星の紋章が立体的に浮かび上がる。

 ボボボボボッ!!

 効果的な立体陣形、各艦に設置された対空砲はパーパルディア皇国竜騎士団に射撃を開始した。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 00:55| Comment(12) | 小説