2019年11月17日

第96話 覇王の行進3 P5

◆◆◆

 ナハナート王国西方約750km
 
 日は落ち、夜に明るい月が照る。 
 海面上空100mの位置を、亜音速でそれは飛行していた。
 海に溶け込む青色は、上空からの目視を妨げ、翼に塗られた電波吸収材は、飛行機そのものがレーダーに写りにくくなる。
 日本国航空自衛隊F−2戦闘機10機は、各機が対艦誘導弾4発を抱えて飛行する。

 目標は前方に展開するグラ・バルカス帝国艦隊。
 先進11カ国会議では、海上保安庁の巡視船を撃沈し、捕らえた職員を公開処刑した。
 何度も対話を行おうとしたが、それでも侵略の手を緩めることはなく、大艦隊を繰り出して日本国本土を攻撃しようとしている。
 日本国として、心理作戦などではなく、大規模な、艦隊に致命的ダメージを与えるための攻撃、対艦誘導弾の夜間飽和攻撃が今行われようとしていた。


 後方約400km上空にはE−767早期警戒機が飛び、的確な指示を出す。
 
『攻撃開始!!攻撃開始!!』

 耳に聞こえるはっきりとした指示。
 パイロット達は、正確に仕事をこなす。

 1発1発、続けて4発のミサイルが切り離される。
 F−2戦闘機約10機から放たれた93式空対艦誘導弾(ASM−2)のターボジェットエンジンに火が灯る。
 射程170km以上とも言われる93式空対艦誘導弾40発は、グラ・バルカス帝国艦隊を滅するため、時速1150km以上の速度で飛翔していった。



タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:51| Comment(4975) | 小説

第96話 覇王の行進3 P4

◆◆◆
 
 日本国本土防衛作戦司令部

 2人の男が執務室で会話をしていた。

「潜水艦隊は初撃に成功したようですね」

 細身の三津木は、同僚に話しかける。

「ああ、潜水艦には次の作戦に移行してもらう。
 帝国の先遣隊にはF−2戦闘機とBP3−C爆撃連隊による大規模な対艦誘導弾の雨……敵が可哀想になってくるな」

「一気に来るのでは無く、先遣隊と分けてくれた事は幸運でした。
 おかげで、弾薬補給の暇が出来る。
 BP−3Cは1機で4発の対艦誘導弾を搭載出来ます。運用可能は70機、ナハナート王国と、ロウリア王国のムー空港。
 P−1は念の為、本土周辺から離せませんので、このBP−3C70機とF−2戦闘機35機が作戦初期の戦力になりますね」

「ロウリアがよく飛行場使用を了解したな」

「それだけ、グラ・バルカス帝国の覇権を脅威に感じいているのでしょう」

「しかし、一回の出撃で400発以上の対艦誘導弾を放つのか。国内工場フル稼働で対艦誘導弾を量産していて本当に良かったな」

「朝までに一番先を行く艦隊約200隻には実質的に全滅していただかないと、その後も多数来ていますしね。
 可哀想ですが、日本国民の血を一滴たりとも流すわけにはいきません。」

 戦場は動き続ける。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:50| Comment(9) | 小説

第96話 覇王の行進3P3

◆◆◆

 グラ・バルカス帝国第2先遣隊

 日は傾き、空が赤く染まる。
 日没を前にして、旗艦クウェーサに乗艦する司令アウロネスの精神は崩れそうになっていた。
 1発、1発と一定時間を置いて行われる敵の攻撃。
 全力で対空砲を発射するも、効果が無く、そのすべてが着弾して轟沈する。
 発射地点は未だつかめず、どこから攻撃されているのかも解らない。

 数時間にも及ぶ攻撃は休まる気配が無い。
 仲間達の突然……数百人単位の死、いつ自分に訪れるか解らぬ死がそこにある。
 数時間にも及ぶ緊張状態は兵達の精神を削り、士気は著しく下がっていた。

「間もなく日没か、敵の誘導ロケットも、光が見えなければ攻撃が出来ないかもしれない」

「夜間攻撃能力が無いことを願いますな」

「しかし……まだ敵の発射位置が見つからないのは何故だ?」

「解りませぬ。おそらく敵は潜水艦と思われますが、潜水艦ならば海中でエンジン音が出るはず。
 これだけの艦隊行動は、非常に雑音が混じりますが、敵も多いはず。
 駆逐艦が捕らえないはずがこざいませぬ」

「いったいどうなってやがる!!」

 考察は続く。
 
 レーダー監視員は、全力でレーダーを見つめる。
 敵のロケットは海面に近い位置を飛んでくるため、惑星の丸みが邪魔をし、レーダーに写りにくい。
 上空に航空機を飛ばしているが、海面に溶け込むように塗装されているものも中にはあり、全集中力をもって画面を見つめていた。
 僅かに映り込む光点。

「2時の方向から攻撃来ます!!距離35km!!」

 外周の駆逐艦が対空砲を打ち始めた。

「くそっ!!また来やがった!!」

 敵のロケットは瞬く間に距離を詰め、上昇を開始した。

「あの位置なら……巡洋艦ヒルヨか!!」

 アウロネスはロケットを睨み付けた。

 ドウ…ン……

「なにっ!!!」

 別の方向から腹に響く重低音。
 アウロネスは爆発音のあった方向を見る。
 第二艦隊で最大の空母カペラの後方から大きな水柱が上がっていた。
 上部構造物に爆発は無く、艦の何十倍もの高さまで水柱が上がる。

「カペラ被弾!!後部スクリュー損傷、速力低下!!」

「今のは魚雷。雷撃かっ!!くっ!!潜水艦が艦隊内部にいるぞっ!!全力で探せ!!!」

「各駆逐艦はロケット攻撃以降、後退で速力を5ノットまで落とし、短信音を使用して潜水艦を検索しています。
 しかし、未だ探知に至っておりません!!」

「そんなバカな事があるか!!!帝国駆逐艦ソナーならば、5ノットで3324mの距離まで探知出来るはずだ!
 現在雷撃を受けた以上、必ず探知範囲内にいるはずだ!!
 まさか……魔法をしようしているのか?」

 アウロネスは、自分たちの武器の常識で魚雷の射程距離を考える。
 射程50kmを超える誘導魚雷が使用されているという考えには至らなかった。
 議論している間に対艦誘導弾は巡洋艦ヒルヨに着弾し、大きな炎を上げる。

(この世界には魔法というデタラメな機械が存在する。
 音波を跳ね返さず、消してしまうものがもしもあればとんでもないことになる)
 
 彼は思考を巡らす。
 しかし、現実はゆっくりと考える間を与えてはくれなかった。
 再び空母カペラに大きな水柱が上がった。

「カペラ、再び被弾!!」

 空母カペラの右舷に大きな破口が発生する。
 89式長魚雷の威力は、グラ・バルカス帝国の想定を遙かに超え、注水区画よりも内部を傷つける。大量の海水が艦内に流れ込み空母は傾いた。
 発進準備をしていた艦載機は、最上甲板を滑った後、おもちゃのようにパラパラと、海面に墜ちていく。
 右側を攻撃され、浸水しているため、左側に注水し、艦の平行を必死で保とうとした。 しかしダメージコントロールの限界を超える。

「カペラ、注水限界を超えました!!転覆します」

「お……おのれぇぇぇぇ!!」

 アウロネスの目が怒りのあまり、血走った。
 眼前で空母が転覆する。
 空母内部の爆弾は、ゴロゴロと転げ回りやがて1発が爆発、爆発は他の爆弾を次々に誘爆させ、爆発は上へ向かう。
 転覆した空母の船底から大きな爆発が出現、空母カペラは艦が真っ二つに折れ、乗務員を救出する間も無く海へと沈む。

「空母カペラ……轟沈!!」

 艦橋は一時沈黙した。
 グラ・バルカス帝国の艦艇が沈む。無力感が漂う。

「どうなっている!!何故雷撃してくる距離にある潜水艦が探知出来ない!!」

 絞り出すような声、得たいの知れない怖さ。
 
「解りませぬ……空母に魚雷を当てたとなると、相当に近い位置にいるはず。
 目視範囲にいてもおかしくないのですが、未だ見つからない」

「奴らの潜水艦は、我が帝国を上回る技術力でつくられたか、もしくは相当に練度が高いのか……」

「魚雷探知!!弾数2、距離12km、2時の方向からまっすぐこちらへ向かってきます!!」

 再び艦橋に緊張が走った。

「発射方向を全力で探査、魚雷位置を各艦に伝達、回避せよ」

「了解!!」

「距離が10kmで探知出来た。今回は回避できるでしょう」
 
「2発だけ撃つとは思えん。もっと弾数が多い事を想定しなければ。
 付近の潜水艦の察知をさせないため、あえて長距離から発射し、我らを欺罔させようとしているのかもしれない。
 必ず近くに潜水艦がいるはずだ。
 なんとしてでも探し出さなければ」

 グラ・バルカス帝国が水雷戦を行う場合、実有効射程距離は5kmから25kmと言われている。
 無誘導のため必中などという事はもちろん無く、数発撃って1発当たれば御の字だ。
 まして、10kmも先で魚雷発射と、斜角を探知された場合、絶対に当たることは無いだろう。
 旗艦クウェーサは、ゆっくりと回頭する。その時だった。

「敵魚雷、進行方向を変えました!我が方に向かってきます。直撃コース!!」

「な……なんだとぉ!!」

 アウロネスが驚愕している時も艦長は的確な指示を出し、再び艦首を別の角度に向ける。
「魚雷再び向きを変えました」
 
 自分たちに向けられた刃が、誘導してくる魚雷という反則的兵器、通信士は悲鳴のような声をあげた。

「ま……ま……まさか、まさか誘導魚雷だというのかっ!!」

 誘導ロケットが存在したのだから、誘導魚雷の存在も、十分に考えられた。
 しかし、未来兵器を予想して戦うと言うことが、古い軍人の場合、どうしても出来ない。
「い……いかん!!すぐに帝国本隊に、誘導魚雷の存在を教えなければ!!
 通信士、すぐに帝国本隊に無線通信、現在までの戦況の概要を流せ!!」

 通常は、ある程度戦果が決まり、まとまった後に報告するのが帝国の慣例であるが、アウロネスは早急に報告する必要性を考え、通信士に指示した。

「了解!!」

 通信士はすぐに帝国本隊に無線通信を送ろうと試し見る。しかし……。

「送れたか?」

「いえ……返信がありません、のみならず、他の艦とも連絡がとれません!!」

「報告!!レーダー画面が真っ白になりました。レーダー使用不能!!」

 迎撃不能の攻撃、そして向かってくる魚雷。
 手足を縛られた状態で、無線とレーダーという、目と口も塞がれた。
 司令アウロネスの手は震え続けるのだった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:49| Comment(26) | 小説