2020年05月18日

第102話 日本海海戦2P2

◆◆◆

 リーム王国 王都ヒルキガ

 ブオォォォォォォォン

 王都全域に重厚なプロペラ音が鳴り響く。

「見よ!!超重爆撃連隊が出るぞ!!!」

「おおぉぉぉ……さすが、何という大きさかっ!!」

「日本の都市もこれで終わりだ。グラ・バルカス帝国万歳!!」

 超重爆撃連隊の出撃を見ていた陸軍の者達が歓喜の声を上げる。
 これまで何度も積み重ねてきた必勝。
 勝つことは何度見ても気分が良い。
 今回も勝つに違い無いが、本国の虎の子までもが出撃する姿に、圧倒的勝利を確信する。 
 グラ・バルカス帝国陸軍航空隊及び、超重爆撃連隊は日本国を攻撃するために離陸を開始していた。

 陸軍航空隊は東へ向かい、グティーマウンは各航空基地からの合流をもって東へ向かう。
 呼応してリーム王国竜騎士団のワイバーンが南へ向かって離陸した。
 空の戦いが始まろうとしていた。

◆◆◆

 日本国 首都東京 防衛省作戦司令室

「リーム王国から航空機が離陸しました。
 ん??」

「どうした?」

「これは……低速の飛行物体の一部が南下。パーパルディア皇国方面に向かっています」

「ワイバーンがパーパルディアに向かっているのか……困ったな。パーパルディアには飛行物体が向かっていることを伝えろ。
 リームから航空機の出撃数は?」

「各基地から離陸中……400……430……まだ増えています!!すごい数です!!」

 指揮所に緊張が走る。

「総数548……548機もの大編隊が……離陸いたしましたっ!!」

 明らかに我が国を攻撃しようとしていた者達の基地を離陸前に叩けなかった事に苛立ちを覚える。

「迎撃準備は出来ているな?」

「現在F-15J 80機、F-2 50機 対空兵装にて離陸準備完了、F-15 20機が福井県西側海上で、すでに上空待機しています。
 なお、F-2 15機が対地爆装で発進準備完了。
 BP3-C40機、発進準備完了
 その他海自、陸自も配置完了」

 すでに南下してきたリーム王国海軍竜母はBP-3Cによって葬り去られている。
 攻撃を行ったBP3-Cは一度帰還して再度爆装を行っていた。

「もう良いだろう。対空戦闘開始、日本国を守り抜けっ!!!攻撃をためらうな!!
 敵を一機でも見逃すと日本国民が殺されると思え!!」

「了解!!」

 作戦室は熱を帯び、慌ただしく動き始める。
 防衛省は敵を撃滅する意思決定を行うのだった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:59| Comment(19) | 小説

第102話 日本海海戦2P1

グラ・バルカス帝国 第44任務部隊

 駆逐艦が多くを占める第44任務部隊。
 同部隊旗艦である巡洋艦ダスト・オーシャンの艦橋で、司令ゼムは東の海を睨んでいた

「リーム王国の領海を抜けました、依然無線封鎖中」

「うむ、波が荒いな」

 漆黒の闇の中で無線封鎖を実施し、52隻もの艦隊が行く。

「司令、我らの出撃の意味を探る隊員が多くなっています」

 艦長が司令ゼムに話しかける。

 今回の攻撃は、航空攻撃がメインとなる。
 で、あれば駆逐艦主力の44隻の出撃に疑問が沸く。この出撃に意味があるのかと。
 自分達の立ち位置に疑問を持つ者も少なくない。

「意味……だと?」

「日本国に攻撃を加え、必勝する事に疑問を感じる者はいませんが、本作戦、呼応して別の作戦が行われるならば、本国艦隊総攻撃と合わせて航空攻撃を行った方が効果的的ではないかと。
 我らが先に攻撃し、本国艦隊主力で大打撃を与える作戦も考えられますが、ならば我ら海軍と、陸軍航空隊のみで行われるはずであり、本国の虎の子とも言える超重爆撃連隊が先立っての攻撃に参加する事にも疑問を持っているようです」

「ふん、確かに……海軍本部の連中は何も解っていない。いつの時代も現場と上には乖離があるのだよ。
 日本国ごときを警戒しすぎだ。
 ケイン神王国と同程度??カルトアルパスであの巡洋艦の性能を見て、よくもそんな事が言える。
 まあ、あっさりと勝って帰ろうぞ」

 ゼムは、先の会議を思い出す。
 日本国の軍事評価をケイン神王国と同等か、それ以上にするという内容。
 仮に、部隊規模でケイン神王国と同程度の強さがあったとしても、今回の作戦は腑に落ちないものがあった。
 僅かな理性から生じた不安を、経験と本能で打ち消す。

「命令だからな。必ず奴らの街を燃やすぞ」

「はっ!我らは不敗のグラ・バルカス帝国海軍。日本国を砲撃し、奴らに恐怖を植え付ける簡単な仕事、全弾たたき込んでやります」
 
「皇太子殿下をさらうなど、不敬な連中には我らが罰を降してやらんとな。
 業火にのたうち回るという罰を……ん?」

 前方の海、微かな光が見えた……気がした。
 眩い閃光が海上に出現する。

 ズガァァァァァっ!!!
 
 遅れて大爆発が響き渡った。
 艦を包み込むほどの巨大な炎が出現する。

「なっ!!なんだ!!今のはっ!!!」

「位置的に駆逐艦ストーンの付近です!」

 シュパァァァァツ……ガァァァァン!!!

 連続して何かの攻撃が着弾。海上に爆発が起こる。

「て……敵襲!!」

「何だっ!!」

 燃えさかる駆逐艦の横を通り過ぎる微かな影。

「ロケット??いや、向きを変えていますっ!!!」

「馬鹿者!!ロケットが向きを変える?そんな事ある訳が無いっ!!!」

 あり得ない報告に脳が追いつかない。
 ロケットが向きを変えて……誘導して着弾するなど、あってはならないことだ。
 今までそんな敵はいなかった。

 最前線の兵が持つ情報の少なさが悲劇を加速する。

 艦内にブザーが鳴り響く。
 続けて艦隊に着弾する何らかの攻撃は、彼らを浮き足立たせた。

「いかんっ!!レーダー、無線を起動し、本国に報告!!上空支援をっ!!」

「無線つながりません!!レーダースクリーン……真っ白です。使用不能!!」

「はっバカな……バカなっ!!」

 話している間にも、連続して海上に爆発が出現する。
 恐怖のあまり、対空砲火を的外れに打ち上げる者もいた。

「お……俺の部下達がっ!!!」

 燃えさかる炎、1発1発で約200人の命が消える。
 考えられない損耗率、そして一方的な戦闘。

「ば……ばか……ガァァッ!!!」

 閃光、衝撃、そして灼熱の炎がゼムを襲う。

「ぐあぁぁぁぁつ!!あ……熱いぃぃぃ!!」

 旗艦ダズト・オーシャンの前部にミサイルは着弾、猛烈な爆発と炎を纏った構造物がゼムを襲う。
 ほとんどの者が即死する中、中途半端に生き残った彼は、次弾着弾までの3分24秒間、地獄の業火に焼かれ続ける事となる。 

 着弾からたったの5分、海上にまともに稼働出来る艦は1隻も無く、グラ・バルカス帝国第44任務部隊は報告する余裕すら出来ず漆黒の海底へと消えた。
 日本国航空自衛隊F-2戦闘機15機は、グラ・バルカス帝国海軍第44任務部隊44隻に対し、空対艦誘導弾の波状攻撃を実施し、同艦隊を殲滅した。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:57| Comment(22) | 小説

2020年05月15日

第101話 日本海海戦P5

◆◆◆

 日本海 夜

 漆黒の闇の中、超低空をこの世界の常識においては在らざる速度でそれは飛ぶ。
 日本国航空自衛隊 F-2戦闘機15機。
 各戦闘機にはそれぞれ4発の空対艦誘導弾(ASM-2)が取りつけられてる。
 攻撃隊の遙か後方では、半径800km以上をカバーすると言われるE-767空中早期警戒機(AWACS)が飛行していた。

 グラ・バルカス帝国海軍第44任務部隊は44隻はリーム王国領海を出る。
 
『攻撃開始!!攻撃開始!!!』

 対艦番長とも揶揄されるF-2戦闘機から、対艦誘導弾が切り離される。
 ミサイルのターボジェットエンジンに灯が灯った。
 射程距離170kmを超えるとされる93式空対艦誘導弾(ASM-2)60発は、敵艦隊
を滅するため、西の空へ飛翔していった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:36| Comment(1883) | 小説