2020年06月20日

第103話 リーム王国の落日P5


「!!!!」

「ナハナート?ここにあの大艦隊が全力で向かってくると……」

 1個護衛隊は間に合うが、他の護衛隊群は今からではとても間に合わない。
 BP3ーC爆撃連隊や、F-2戦闘機は間に合うが、現地基地の弾薬が不足する。
 最悪本土からのピストン攻撃となる。
 一定数の自衛隊員が同島の防衛についているが、現場の戦力は少なすぎると言わざるを得ない。
 何よりも敵の数が多すぎる。
 そして、攻撃目標がナハナートでは無かった場合のリスク……。

 場が……凍り付く。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:07| Comment(4311) | 小説

第103話 リーム王国の落日P4


◆◆◆

 日本国 首都 東京 防衛省

「BP-3C爆撃連隊作戦完了、これでリーム王国に存在するグラ・バルカス帝国の航空基地はその機能消失を確認しました」

 通信員からの報告に、防衛作戦司令室はざわつく。

「なお、敵海上侵攻部隊、グラ・バルカス帝国艦船は戦力消失。リーム王国竜母艦隊も撃滅、航空戦力もすべて撃滅を確認しました」

 場が拍手に包まれる。
 敵の侵攻勢力。数の上では圧倒的に多く、技術差はあるものの不安が無いわけでは無かった。
 しかし守り切った。
 海上自衛隊の護衛艦や、陸自の対空部隊の出番が無かったことはむしろ喜ばしく思うべきだろう。

「報告します。パーパルディア皇国北部から飛行物体230が出現、リーム王国首都へ向かっています。
 速度から考慮し、ワイバーンロードと思われます」

 ざわついた場が静まりかえる。
 リームはワイバーンでパーパルディアの商業都市デュロを攻撃していた。主に日本の施設を狙ったようだが、パーパルディアの竜騎士によって、そのほとんどが撃ち落とされていた。
 
「パーパルディア皇国より外務省を通じて入電。
 皇国はリーム王国より攻撃を受けた。
 敵基地攻撃のため、竜騎士団及び魔道戦列艦隊42隻により攻撃を実施する。
 この出撃はリーム王国による我が国への攻撃に対する自衛権の発動であり、日本国に対するものでは無い」

 自国が攻撃を受けた国が反撃しようとしている。

「これはどう解釈する?」

「自国が攻撃を受けた国が反撃しようとしている。日本にこれを止める権利は無いのでは?」

「外務省も同様の見解です。日本に止める理由が無いと」

「しかし、パーパルディア皇国だぞ?我が国のように、軍民区別をするとは思えんが」

 この日、ワイバーンロードの反復攻撃および魔導戦列艦隊の砲撃により、リーム王国首都ヒルキガは炎の海に包まれるのだった。

◆◆◆

 防衛省

 防衛省幹部 三津木は、嫌な予感がしていた。
 今回の第1波日本国本土侵攻は防ぎきった。これは間違い無いだろう。
 しかし、どうも腑に落ちない。
 自分がやるなら大艦隊の到着を待って同時に作戦を行う。
 それを想定して今回の配置ではあったのだが……。

「至急報告!!」

 今回の日本国侵攻第1波を皆が防ぎきったと考えていた。
 そんな中、通信士が至急を叫ぶ。

「今度は何だ!?」

「ニューランド西側を進んでいた敵艦隊本隊が、ニューランド島を迂回し、東へ向かったとの報告が上がりました。
 艦隊速度を上げて侵攻中!!」

 衝撃が走る。

「バカなっ!!ニューランドでの補給をしなければ航続距離が足りないはずだ」

「どう考えても日本本土まで侵攻するのは無理だ。
 敵は何を考えている??」

 場がざわつく。

「敵は……一矢報いるつもりですよ」

 三津木の発言に、場が静まった。
 彼は続ける。

「おっしゃるとおり、どう考えても日本本土への航続距離は不足しています。
 ただ、私たちは本土侵攻を防ぐ事を第一と考え、本土に戦力を集結させた。
 これは正しいと思っています。
 しかし、敵もバカじゃ無い。
 日本本土侵攻は無理だと考え、日本の信用を落とす。日本側に付いたのに国が滅ぼされたという実績を作りに……一矢報いに来るのだと思います。
 侵攻ルートが判然としなかったため、弾薬の備蓄も分散しています。
 本土から遠く、敵が無補給で侵攻し、侵攻後に補給を行っても帰れる距離。
 かつ日本側に付き、あっさりと滅ぼせそうな国。
 敵の目標は……」

 手で世界地図をなぞっていく。

「ここ!!ナハナート王国の可能性が高いと考えます」


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:06| Comment(21) | 小説

第103話 リーム王国の落日P3


◆◆◆

 グラ・バルカス帝国リーム王国前線基地 地下防空壕

「お……おのれ……おのれ……これほどまでとはっ!!」

 地上では爆炎が吹き荒れている。
 いつこの場所が消滅するかも解らない。
 死の恐怖と隣り合わせで幹部ムルノウは怒り燃え、そして恐怖に震えていた。
 傍らに立つ部下が話しかけてくる。

「帝国がこれほどの反撃を受けるとは……日本国への打撃作戦は……」

「ああ、失敗とみて良いだろう。我が方の攻撃は圧倒的だった。
 規模においては大部隊であり、これを迎撃せずに大規模な基地攻撃を加えることは考えにくい。
 小規模ならあり得るがな。
 いずれにせよ、我が方は司令機能を完全に消失してしまった。
 攻撃が終わり、我が方の攻撃の戦果が確認出来たらすぐに脱出するぞ」

「はっ!!」

「帝国に……この情報を持ち帰らなければ……」
 
 ムルノウは、命を失わずに帰国する算段を考えるのであった。
 
◆◆◆

 パーパルディア皇国 皇都エストシラント

「お……お……おのれぇぇぇぇぇっ!!!」

 カイオス……かつてパーパルディア皇国の第3外務局局長として勤務し、現在は国家元首となった男である。
 普段は感情的になることの無い彼が、珍しく怒りに燃えていた。

 きっかけはリーム王国の竜騎士団がデュロを奇襲し、他国の商船と自国民に被害が出たことにある。
 
「かつての力は失ったとはいえ、我らはパーパルディア皇国ぞ!!我が国土を……街を……しかもたかがリーム王国如きが攻撃してくるとはっ!!」

 元々パーパルディア皇国の工業都市であったデュロは、パーパルディア皇国戦後、一時的にドーリア共同体という都市国家の一部となった。
 しかし、デュロレベルの工業都市では、日本の工業レベルに太刀打ち出来るわけではなく、独立したものの、物が全く売れずに失業者が続出する。
 軍事物資を求めて来る国家はあるものの、日本の圧力により軍事物資の輸出は見送られた。
 顧客はパーパルディア皇国がほとんどであり、関税がかかるため独立にはデメリットの方が多く、また市民は皇国人として生きていたため、パーパルディアへの回帰運動が起こり、民意によってパーパルディア皇国に再び吸収されていたのだった。

 カイオスは怒りが収まらない。
 日本国から攻撃が予想されるとの情報はあった。
 しかし、竜騎士団を集結させる前に攻撃が行われてしまったため、大多数は撃墜したがすべて防ぎきれるものではなく、被害も出たのだった。
 初老の秘書がカイオスに話しかける。

「グラ・バルカス帝国の基地があるので増長したのでしょう」

「リームの寄生虫どもめぇ!!聖地攻撃からあの国はいつか刃を向けてくると思っていた ワイバーンロード竜騎士団はリームを攻撃、艦隊もリーム王国首都へ派遣せよ!!奴らの首都を殲滅してやる!!!」

「日本国は大丈夫でしょうか?彼らが我が軍事行動をどう捉えるのか」

「日本なら大丈夫だ。我が国は国土に攻撃を受けた。
 自衛権を発動し、敵の軍事力を攻撃するだけだからな。
 自衛権発動に文句を言う国では無いし、むしろ裏では歓迎するかもな」

「では、首都殲滅は出来ないのでは?」

「軍事力には何が必要だ?」

「人員に装備、兵站でございます」

「それを支えているのは経済力だ。その源を根絶しようというのだ」

「暴論でございますが……私はカイオス様を支持いたします」 

 パーパルディア皇国は、リーム王国へ軍事力を差し向ける事を決定した。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:04| Comment(15) | 小説

第103話 リーム王国の落日P2


「なぁっ!!なぁっ!!……リバル!!いったいどうなっている!!!どうなっているのだっ!!!」

 バンクスは叫ぶ。
 戦勝を確信した先ほどまでの高揚感は見る影も無く、燃える基地を眺める。
 今まで恐怖してきた圧倒的な軍勢が一瞬で反撃能力を失う。 

「おいリバルっ!!」

「バカな……バカな……バカな……」

「おい、なんとか言えぇぇぇ!!」

「そんな……そんなバカな……」

 強軍の瞬間的崩壊。王の言葉が入ってこない。

「まさか……まさか……日本国にとっては我が国も、パーパルディア皇国も、そしてグラ・バルカス帝国でさえも等しく弱敵だというのか?
 弾薬の威力にさほど差が無く、物量は帝国の方が圧倒的に上だというのに……何故だっ!!何故なんだ!!」

「リバルっ!!どうしてくれるっ!!日本が……日本が帝国を退ければ、日本、神聖ミリシアル帝国、そしてパーパルディア皇国までもが攻撃をしかけてくるんだぞっ!!!
 いったいどうすれば……いったいどうすれば良いのだぁぁぁぁっ!!!」
  
 視界の中で、竜騎士団が出撃する。
 もはや次元そのものが違う相手に対しての出撃……王もリバルも全く期待していなかったが、そもそも敵が何処にいるのかさえも捕らえられずに、王都上空を羽ばたく。 

「あ…あ……あれはっ!!!」

 上空に多数の白い線が出現し、ゆっくりと向かってくる。
 その数はあまりにも多く、そして広く展開しており、空を覆い尽くすかのように見えた。
 ブゥゥゥゥゥゥゥン…………。

 微かに聞こえる猛獣が唸るかのような音、そしてゆっくりと向かってくる絶望が恐怖を加速させる。

「まさか……パーパルディアの皇都エストシラント陸軍基地を殲滅したと言われる日本の爆撃機かっ!!」

 ブゥゥゥゥゥン………

 青い空に白く、ゆっくりと伸びてくる多数の線。
 自国よりも圧倒的に軍事力が高かったパーパルディア皇国のエリート集団。皇都の防衛を司る基地を殲滅したとされる絶望が、今まさに自分に向かってくる。
 
 国王バンクスは恐怖する。
 
 初撃で基地機能を損失したグラ・バルカス帝国に反撃する余裕は無く、為す術も無く接近を許してしまう。

 海上自衛隊の対潜哨戒機P‐3Cを爆弾投下可能型に改造したBP‐3C。
 
 爆撃連隊がリーム王BP3ーC爆撃連隊は、リーム王国王都「ヒルキガ」上空に到達し、爆弾の雨を降らす。

 ヒュゥゥゥゥ……ヒュゥゥゥゥゥ………

 爆弾に取り付けられた笛の音が恐怖を加速させる。
 1発1発が猛烈な爆発力を誇る対地爆弾が、連続して投射され、消火作業が続けられていたグラ・バルカス帝国の基地に爆風が吹き荒れる。

 ドガァァァァッ!!

「ああっ!!!ああっ!!!」

 リーム王国王城にも爆弾は降り注ぎ、高くそびえ立つ塔が崩壊する。
 王城に連続して着弾する大規模爆弾は、城を砕きながら燃やした。
 グラ・バルカス帝国が司令用の電波を王城に取り付けられたアンテナから発していたため、リーム王城も「敵基地」として日本国の攻撃目標に加えられていた。

「あああああっ!!」

 長く続いてきた王政、古城リーム王城が崩れ落ちる。
 内部はきらびやかに装飾され、歴代の王が国を統治し、歴史ある建物が一方的攻撃にさらされ、あっさりと崩壊する。
 中には家族が……仕えてきた臣下たちが……大切な物が多く存在する。

 グラ・バルカス帝国の電波が発せられていなかったら攻撃目標から逸れていただろう。
 しかし、日本国に刃を向け、日本国民の命を簡単に奪おうとする相手に対して容赦は無かった。

 猛烈な煙、連続する爆発、失意と絶望の中王は叫ぶ。

「うおぉぉぉぉぉ!!!あがっ!!!」

 リーム国王 バンクス、そして王下直轄大将軍リバルは絶望の中、崩落してきた灼熱の岩石の下敷きとなり、戦死した。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:03| Comment(83) | 小説

第103話 リーム王国の落日P1

リーム王国の落日

 リーム王国 王都 ヒルキガ

 王都ヒルキガの王城から、国王バンクスと王下直轄大将軍リバルがグラ・バルカス帝国基地を眺めていた。
 
「なんだか慌ただしいのう」

 先ほどから基地内を人が走り回っている。
 
「追加攻撃の準備でしょうね。あれほどの大軍勢の攻撃を食らったら、いかな大国でもひとたまりもないでしょうが、相手はあの日本国。
 もしかすると攻撃目標破壊には至らなかったのかもしれません」

 リバルは航空管制塔近くにあるレーダーサイトを指さす。

「国王陛下あそこで回転しているのは、グラ・バルカス帝国の超技術。遙か先、目視出来ない領域の空まで監視出来る機械にございます。
 あれが敵の接近をすぐに探知、そして迎撃が可能になるとの事」

 国王は驚きの声を上げる。

「まさか……それは古の魔法帝国の……あの……御伽噺に出てきたあれか?」

「そのとおり、魔導電式変換波動反射探知レーダー(魔導電磁レーダ)に近いものでございます」

 絶句……。御伽噺にすら聞いた伝説の帝国製兵器と同様のものが目の前にある。
 グラ・バルカス帝国の国力の強さを感じざるを得ない。
 リバルは続ける。

「万が一敵が防空網を突破したとしても、基地に配置された高射砲と呼ばれる兵器。
 まるで神聖ミリシアル帝国の対空魔光砲のような兵器でございますが、高空まで届くそうにございます」

「さすがは世界を支配すると豪語するだけの事はある。
 技術、物量……我が国はグラ・バルカス帝国側について本当に良かった」

「はい、これで陛下の王政継続も安泰ですね」

「そうだの、日本には悪いが消し飛んでもらって、我が国の糧になってもらおうハッハッハ」

 リーム国王バンクスは、グラ・バルカス帝国基地のレーダーサイトを視て絶対の自信を持つ。
 これほどの強軍を打ち破る者達がいようか?いや、決していないだろう。
 我らは間違ってはいなかった。

 勝利を確信させるだけの力強さを帝国軍持っていた。

「はーっハッハッハ……は??」

 突如としてバンクスがの目線の先、レーダーサイトが猛烈な爆発と共に四散する。
 
 ゴォォォォォォゥン

 爆発から少し遅れ、体を押すほどの……震えるほどの轟音がバンクスを押す。
 爆発の威力は凄まじい。

 爆煙が徐々に晴れ、鋼鉄で作られたレーダーサイトのあった位置が姿を現した。    
 鉄くずの残骸。

「いったなにガァァァァッ!!!」

 ガァン!!ダダダダダダッ!!

 続けて高射砲陣地、そして航空管制室が一瞬で爆発に包まれ、さらに基地に備蓄してある燃料タンク、離陸しようとしていた航空機、駐機してある航空機が攻撃を受ける。
 
 燃料タンクや引火した航空機は猛烈な黒煙に包まれ、王国の空を黒く染めた。

 ウウウゥゥゥゥゥーーー

 非常時になるはずの警報が攻撃から遅れて鳴り響く。大打撃を受けた後に警報が鳴る光景は、
ひどく間抜けに見えた。
 一瞬だった。一瞬で同時多発的に猛烈な爆発が起き、グラ・バルカス帝国のリーム王国前線基地はその機能を喪失した。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:02| Comment(18) | 小説