2020年08月23日

第106話軍神とよばれし者2P3


◆◆◆
 
 神聖ミリシアル帝国 空中戦艦パル・キマイラ

 空中戦艦は八八艦隊へ向けて攻撃を開始し、メテオス独自の安全圏から撃つ戦法により、着実に命中弾を増やしていた。
 また、同時に日本国護衛艦隊と、グラ・バルカス帝国戦艦グレードアトラスターの戦いも監視していた。

「戦艦グレードアトラスター、再び6発の主砲を発射、弾道計算……3発が着弾の可能性有り」

 艦橋に無機質な報告が流れる。

「日本軍、3発の誘導魔光弾様のものを放出……命中、命中、命中……迎撃しました」

 艦橋上に映し出されたディスプレイには、日本国が放った艦対空誘導弾が、帝国の砲弾を空中で迎撃し、砲弾が爆発する姿が映し出されていた。
 艦長メテオスは仮面の下で目をカッと見開く。

「何と言うことだ……彼らは敵が発射直後の弾道を直ちに計算し、脅威度の高いものを選別して対空誘導魔光弾様のものを放出、空中で迎撃しているというのかね??」

「信じられない……」

 対空誘導魔光弾……古の魔法帝国、ラヴァーナル帝国の伝承には記されているものの、未だ神聖ミリシアル帝国では解析に至っていない。
 自国が古の魔法帝国の発掘戦艦を使用してもとうてい追いつけぬ技術が目の前で実戦として使用されている。

 もはや日本国の力を疑う余地は無く、列強第1位たる神聖ミリシアル帝国、その中でもスーパーエリートたる古代兵器運用課、その中でも艦長たる地位についたメテオスのプライドは激しく打ちのめされるのだった。
 
◆◆◆

 日本国 海上自衛隊第4護衛隊群 イージス艦 ちょうかい

 敵の攻撃は、主砲のみならず副砲も加わり、激しさを増す。
 しかし彼らは正確な迎撃で、脅威度の高い砲弾のみを迎撃し続ける。
 やがて「ちょうかい」の主砲、127mm単装速射砲の射程内に敵が入った。

「敵、最大射程に入りました」

「主砲、撃ちぃ方はじめ!!」

「主砲、撃ちぃ方はじめ!!」

 砲手が復唱し、発射トリガーを引く。

 オート・メラーラ製54口径127mm単装速射砲は、毎分45発の弾数を最大射程で発射し始めた。
 砲安定システムにより、砲身を安定させ、FCS射撃管制システムにより敵との相対速度を計算、敵の未来位置に向けて射撃を行う。

 ちょうかいの後ろを航行していた護衛艦すずつき、護衛艦しまかぜ も砲撃に加わった。 また、左舷から侵攻してきていた第4護衛隊のうち、護衛艦さざなみ も攻撃に加わる。 ただし、護衛艦いなづま、さみだれ、きりさめについては未だ最大射程に達しておらず、攻撃は見送られた。

 ダンダンダンダン……ダダダダン、ダダダダダン、ダンダンダンダン!!!!

 海上に軽快な砲撃音が響き渡る。
 計4隻の護衛艦から放たれる砲弾の嵐。
 各砲が毎分40発以上の連射速度を誇り、護衛艦しまかぜ にあっては2門の主砲が
装備されている。
 毎分200発以上、毎秒おおよそ3.5発もの砲弾、大砲の弾幕ともいえる攻撃がグレードアトラスター周辺に降り注いだ。

 戦艦周辺には、轟音と共に猛烈な着弾の炎が出現、至近弾は海の水を巻き上げる。
 水への着弾音、そして金属同士がぶつかる不快な音が鳴り響く。

「命中!!命中!!命中!!」
 
「沈め!!沈め沈め沈め沈めぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」

 出現する炎と爆炎で敵戦艦は包み込まれ、どの程度ダメージを与えたのか全く解らない。 通常は一定時間以上撃つと効果確認をしたくなるところだが、護衛隊群は攻撃の手を緩めなかった。
 
「撃て撃て撃て撃てぇぇぇぇぇ!!!!!」

 127mm砲、数字を口で言えば小口径砲のようにも聞こえる。
 しかし、その一撃……威力を目の当たりにすれば、決して砕けぬ物は無いと思い込んでしまうほどの猛烈な一撃。
 それらが一分で200発以上も打ち込まれる。
 最大射程であるため、精密な攻撃は出来ない。
 至近弾や外れ弾も多くあるが、明らかに命中弾も多い。
 しかし……。

 爆炎の中で敵の主砲及び副砲が旋回、猛烈な発射炎が出現した。

「敵艦発砲!!弾数12!!」

 すぐに迎撃ミサイルが発射され、再び空中で7発もの砲弾が爆発する。
 距離が近くなってきたため、46cm砲等は斜角が低く、迎撃が明らかに難しくなってきていた。

「敵、健在!!!」

「くそっ!!!硬い……硬すぎる!!!なんて硬さだっ!!」

 爆炎の中、敵戦艦は健在で、爆炎の中からも撃ってくる。
 司令坂野はその正確な砲撃に舌を巻く。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:34| Comment(33) | 小説

第106話軍神と呼ばれし者2P2


◆◆◆

 海上自衛隊 第4護衛隊群 イージスシステム艦 ちょうかい

「敵、第2射を発射、弾数6、内1発が至近弾になる可能性有り!!」

「なんだって?二射目で合わせて来たというのか!?」

 このまま進むと至近弾を食らう可能性がある。
 第2次世界大戦の測量方式だと、2射目でいきなり至近弾など考えにくかった。
 まさかFCS(射撃管制システム)でも付いているのかという疑問が頭に沸く。
 艦長千月は敵の技量の高さに舌を巻いた。
 至近弾、直撃弾ではないとはいえ、46cmほどの巨弾が相手だと非防御区画に相当なダメージを与える可能性があった。
 避けるという手もある。
 しかし……。

「迎撃するぞ、SAM(艦対空誘導弾)発射!!」
 
 すでに火器管制レーダーによって、砲弾を追尾している。
 Mk41垂直発射システムのふたが開き、猛烈な煙と共に、空に向かって光の矢が放たれる。
 イージス艦 ちょうかい は艦対空誘導弾を発射する。

◆◆◆

 グラ・バルカス帝国 超戦艦 グレードアトラスター

「敵、爆発!?」

 目標として射撃していた敵が一瞬煙に包まれる。

「着弾??いや、誘爆か??まだ砲弾は飛翔中のはず……む!!?」

 敵から空に向かって光の矢が放たれる。
 着弾では無く、ロケットの発射煙のようだった。

「ロケットカッ!!???攻撃が来るぞっ!!対空戦闘部隊、気を引き締めろ!!」

 あの超威力のロケットがまだ残っていたようだ。
 ラクスタルの額に冷や汗が伝る。

 次の瞬間、上空に閃光が走った。
 
 ガァァァッ…ゴォォォォォォォォ

 艦対空誘導弾は飛翔中の46cm砲弾に正確に着弾、砲弾の信管が作動し、空に猛烈な火球を出現させた。

 爆発の轟音は、付近の海域に響き渡った。

 数十秒後、5発の主砲弾が海に落ち、大きな水柱を上げる。

「バカなっ!!何故だ。何故5発しか着弾しないっ!!!」

 メイル砲術長は額に脂汗をびっしりとかきながら驚愕の声を発する。
 上空で一つの爆発が起きたとき、うすうすは感づいていた。

 まさか……まさか……
 
「上空で……砲弾を迎撃したと言うのかっ!!!」

 あり得ない事、いや、あってはならない事。
 目視出来ないほどの速度で飛翔する砲弾が迎撃される。
 装甲で耐えるのでも無く、高速で避けるのでも無く弾が迎撃される事実。
 これはこちらの手が封じられるのと同義であると同時に、航空戦力については絶望的だと思い知らされる。

 すべての戦略が根底から覆されるという衝撃。
 戦場で……命をかけた現場でそれが判明する。
 敵はあり得ないほど長射程の槍を持つと同時に、考えられないほど正確に迎撃する盾すらも持っている。

 どうすれば良い……。
 メイル砲術長にかつてない恐怖がこみ上げた。

「メイル砲術長、うろたえるな。今敵は1発しか迎撃出来なかった。
 砲弾が全て迎撃出来る訳では無いという証拠だ!!」

 話は続く。

「敵が主砲を撃ってこない所をみると、射程距離に入っていないのだろう。
 敵の砲は我が砲の副砲よりも口径は小さい。
 敵の射程距離に入る頃には我が砲の副砲も使用可能となるだろう。
 力で押し通す!!」

 日本国は自艦にダメージを与える可能性のある砲弾だけを迎撃していたが、そこまでの精密射撃が可能であるという事まで、帝国軍人はそこまで考えが至らない。

 さらに距離は詰まり、再度主砲は発射された。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:33| Comment(18) | 小説

第106話軍神と呼ばれし者2P1

ナハナート王国 西側海域 日本国海上自衛隊第4護衛隊群 
 イージスシステム護衛艦 ちょうかい

 海を裂き、鋼鉄の艦隊が進む。
 まるでポリゴンで作られたかのような……直線の組み合わせで作られた形、他の魔法文明からすると強力な艦隊に見え、逆にグラ・バルカス帝国艦艇を見慣れた者からすると、力強さは感じぬだろう。

 第4護衛隊群はイージス艦ちょうかいを先頭に、一列となる単縦陣で突っ込んでいく。

「前方敵、単艦で突っ込んできます!!」

 艦長千月は超巨大戦艦を睨み付ける。
 拝命以来、まさか自分が大和型戦艦と砲撃戦を繰り広げるなど思ってもいなかった。
 伝説とまで言われた不沈戦艦に類似した戦艦、砲撃だけでどこまでやれるのか?
 なるべく砲撃で決めたい。敵の砲撃の嵐が吹き荒れる短魚雷の射程まで近づきたくない。
 第2次世界大戦中の大艦巨砲主義の極み、地球史でいうところの究極とも言える砲撃に特化した戦艦、「大和型戦艦」 に酷似した化け物にどれほど砲撃が通用するのか。
 千月の額に汗が流れる。
 
「砲撃戦用意!!!目標、敵巨大戦艦!!」

「砲撃戦よーい!!射程まであと14分!!」

 敵の射程距離内を13kmも進まなければならない。
 千月の額に汗がにじみ出る。

◆◆◆

 グラ・バルカス帝国 最大最強戦艦 グレードアトラスター

 全長263m、幅38.9m、満載排水量72809トンにも及ぶ巨艦が海を裂いて突き進む。
 最高速度は日本の大和型戦艦よりも速く、巨艦としては異例の30ノット(時速約55km)もの速度が出る。
 主兵装である45口径46cm3連装砲3基、1基は対艦誘導弾で壊れてしまったが、2基は健在であり、その巨砲は帝国の技術力の高さが伺えた。

 司令カイザルは艦長ラクスタルに話しかけた。

「艦長、日本国の技術力は想定以上だ……自信はあるか?」

「今まで日本は射程の外から、何処から撃ったかも解らぬ状況で撃ってきました。
 しかし、今彼らは視認できる距離にいる。
 このグレードアトラスターの砲撃距離に間もなく敵は入る。
 艦隊決戦で負ける艦ではございません……そうだな?メイル砲術長」

「はい……攻撃範囲内で我が艦が負けることは考えられません。世界最大最強の砲撃をもって、敵を粉砕してくれましょうぞ!!!」

 歴戦の連勝、空中戦艦すらも撃沈した偉業が、絶対的自信を生み出す。

 髪が少し禿げ上がり、白髭を生やした初老の男、砲術長メイルが絶対の自信をもって答えた。


 彼らは艦隊決戦が行えることを神に感謝した。

 前世界において、艦隊決戦が行われる機会は減ってきていた。
 空母こそが艦隊の主力であり、大艦巨砲主義は過去の遺物であるとの指摘もあった。
 しかし、国ごと異世界へ転移したことにより、戦艦は見直される。

 近接信管を用いた対空砲を突破出来る航空戦力は無く、破壊神の如き戦艦の主砲は1撃で敵艦を砕いた。
 その圧倒的とも言える強さは敵の反撃の意思を挫き、絶対に勝てない象徴として、グラ・バルカス帝国に対する恐怖の対象として、戦艦の存在価値が見直される。
 帝国海軍内では再び大艦巨砲主義が浸透しつつあった。

 日本国との今回の海戦、衝撃が駆け抜ける。

 日本国は空母をあっさりと砕き、戦艦を見えぬ位置から攻撃してきた。
 どちらの主義であっても勝てない相手。しかし戦艦は少なくとも空母よりは頑丈であり、敵の強力な一撃に耐えることが出来る事も証明された。

 見つけることの出来ない敵、一方的にやられる悔しさに握りしめた拳からは血が滴った。
 悔しさに悔しさを重ねたが、ようやく敵が目の前に現れる……待ちに待ったこの時、我が牙が届く位置まで来た。
 後部主砲も使用するため、徐々に艦は回頭し、敵と確度がつく。

 艦長ラクスタルの目が光る。

「主砲用意!!」

 全長2m、砲弾重量1460kgにも及ぶ巨弾が装填される。
 敵との距離を測定し、必要な事項が高速で計算された。
 毎秒10度の角度で主砲の仰角がつき、仰角45度となった。
 
 敵との距離は約40km

「発射準備完了!!」

「てーーっ!!!」

 自艦よりも巨大な発射炎が出現する。
 その威力、衝撃波は海上にも伝わり、海が震えた。
 時速2808kmで打ち出された巨弾3発は放物線を描き飛翔する。

 1.5トンに近い重さの弾は富士山よりも遙かに高い高度、海抜高度11900mにも達した。

「敵艦隊、二手に分かれます!!!」

 まだ距離があるため、発射から到達まで50秒以上を要する。
 着弾前に単縦陣で近づいてきていた敵は左右に分かれる。

「おおぉぉぉ!!」

「艦隊が割れたぞっ!!」

 まるで単身で突き進む巨大戦艦から逃げるかのように二手に分かれた敵。
 突き進むグレードアトラスター。

「弱い方が逃げるのだ!!」

 初めて敵を怯ませたかのようにも見え、艦橋はざわめく。 
 
 海に巨大な水柱が3本出現した。

 直ちに着弾地点が観測され、必要な修正が成される。
 計算しながら次弾が装填された。

「後部主砲も使用して射撃を行う」

 ゆっくりと主砲が回転し、敵を捕らえた。

「てーーっ!!!」

 再び破壊が海上に出現した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:32| Comment(22) | 小説