2021年07月07日

第115話反撃の異世界軍4P5

◆◆◆

 イルネティア王国東側 水中 

 静かなる海、光さえも届かぬ漆黒の深き海中で、息を潜める黒い船体があった。
 日本国海上自衛隊第1潜水艦群第5潜水隊 そうりゅう は、海を無音で航行していた。
 先ほどから海中に探信音が響いている。
 海上自衛隊の誇る そうりゅう は船体すべてが水中吸音材・反射材で覆われ、探信音が来たとしても、入射音を音源と異なる方向に反射させる装備も持つ。
 入射側への反射が少ないため、グラ・バルカス帝国は付近に潜水艦が潜んでいる事を全く捕らえられないでいた。

 さらに巡航時もグラ・バルカス帝国の潜水艦と比べて航行時の雑音が極めて低く抑えられている。

「敵は気付いていないようだな」

「はい、全く気付く気配がありません」

「確認だが他の第5潜水隊はどうしている?」

「うんりゅうは、レイフォル西側海域で、グラ・バルカス帝国の潜水艦隊を壊滅させ、補給のためにムー大陸北側へ向かっています。
 はくりゅう、せきりゅうはレイフォリア西側海域で待機しております」

「了解だ。さてと……数を減らすとするか。攻撃用意」

 そうりゅう艦首上部にある6門もの魚雷発射管に89式魚雷が装填される。
 第1目標は敵空母。

 そうりゅう艦長 恒星 次男 は、部下に聞こえぬようつぶやく。

「すまんな、悪く思うなよ」

 それは、これから死ぬ者達へ向けられた言葉だった。
 僅かな黙祷の後、目をカッと見開いた。

「攻撃開始!!!」 

 微かな発射音と共に、海中に誘導魚雷が放出される。
 雷速40ノットで射程50kmとも言われる89式魚雷6発は、グラ・バルカス艦隊空母を撃滅するため、海中を疾走していった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:24| Comment(4623) | 小説

第115話反撃の異世界軍4P4

◆◆◆
 
 グラ・バルカス帝国領 イルネティア地区周辺海域

 同海域には、グラ・バルカス帝国中央第2艦隊所属の空母機動部隊20隻が展開していた。
 空母機動部隊と言えば聞こえは良いが、先に行われた日本国潜水艦の夜間雷撃により、艦の多くを失い、急遽規模の増強を行ったため、戦艦3隻と最新鋭駆逐艦2隻を除いて実質的に旧式艦の寄せ集めである。

 先の日本国によるものと思われる雷撃は、発射位置が全く特定出来なかったため、兵達は連日、死の恐怖に襲われ続け、発狂する者も少なくなかった。
 命令だからこの海域にいるが、日本国潜水艦が今も潜んでいるかもしれないと思うと兵達は全く気が休まらない。

 中央第2艦隊 旗艦 オリオン級戦艦コルネフォロス
 艦隊司令アケイルは、艦長イライガと周りを見渡せる艦橋で雑談をしていた。
 
「やはり先の雷撃は痛かった。兵達は日本の潜水艦は500m以上潜れるだの、海中速力が20ノットを超えるだの、海中では無音航行出来るだの、誘導魚雷を使ってくるだの、水中から空中飛翔型の誘導爆弾を撃てるだの、風評が広がっています」

「その風評通りだと、とんでもない化け物だな。馬鹿げた性能だ。
 しかし、先の夜間攻撃で捕捉できなかった事は事実。
 そのような風評が兵達に広がるのも無理はない」

 艦隊司令アケイルは、兵達の間で語られるお化けのような性能を持つ日本国潜水艦の噂を馬鹿げていると一蹴しながらも、過去の戦果からそのような噂が出てしまう事については一定の理解を示す。

「ただ、今回は最新鋭の潜水艦キラーを2隻取り寄せた。
 もう見えぬ位置からやられることはないだろう。
 最新鋭艦は探信音(水中に音波を発生)を放ち、その反射波から潜水艦の位置を特定する。
 レーダーに似ておる。
 いかなる物質でも音波の反射は防げん。
 そして、潜水艦の攻撃に限定されたと言うことは、日本国はここまで艦隊を派遣する能力は無いのだろう。
 兵達にしっかりと教養して安心させてやれ」

「確かに、最新鋭駆逐艦は探信音を放つことで、海中の近づく者を探知いたします。
 元々探信音の技術はあったのですが、従来のものよりも遙かに遠くまで探知可能となりました。
 もう潜水艦の不意打ちに怯える事もないでしょう」

「すぐにこういった艦を派遣してくるとは……我が国ながら、やはり帝国は凄まじい国だと思うよ」

「まったくでございます。これで日本国の潜水艦の脅威は去る事でしょう」

「はっはっは!!これで攻撃できまい。日本国めざまぁ見ろだ!!」

『あーっはっはっは!!』

「お話中失礼します」

 若手幹部が話しに割って入る。
 彼は続ける。

「総合基地ラルス・フィルマイナが大規模攻撃を受け、レイフォリア周辺の制空権が失われました。
 レイフォル沖合で警戒任務にあたれと司令がまいりました」

「ほう?解った。では、レイフォルへ向かうとしよう」

 グラ・バルカス帝国 中央第2艦隊 空母機動部隊20隻はレイフォルへ向かい始める。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:22| Comment(24) | 小説

第115話反撃の異世界軍4P3

◆◆◆

 グラ・バルカス帝国レイフォル地区 レイフォリア 統合基地ラルス・フィルマイナ

 陸軍司令ファンターレと将校ランボールは、日本国による空襲の被害把握のために走り回る。
 攻撃から日数が経過するにつれて、被害状況が徐々に明らかになって来た。
 積み上がる被害規模に血の気が引く。

 陸軍将校ランボールは、ファンターレに報告する。

「日本国は、統合基地ラルス・フィルマイナへの攻撃と時を同じくして、レイフォルに点在する陸軍の拠点、駐屯地及びすべての航空基地を攻撃し、ほとんどの航空機及び機械戦力が地上撃破されました。
 さらに、すべての空港は爆弾によるクレーターが多く見られ、使用不能です。
 作戦機の地上撃破数は1000を超え、未だ多くの報告が入り、被害はさらに上回ると想定します。
 基地の弾薬庫も95%以上が破壊され、主要な橋も破壊されたため、前線への補給が困難な状況です。

 軍事工場や、建設機械にも攻撃が加えられています。
 もはやレイフォル地区の工場のみで、自力で復興することは不可能です」

 ファンターレは全身からベタベタの汗がにじみ出るのを感じた。

「人的被害よりも、物的被害の方が大きすぎる。本国に連絡を……」

「すでに要請済みです。
 ただ本国も混乱しており、返信には時間がかかります」

「海軍は……海軍はどうなっている?西側に70隻以上の艦艇があったはずだ」

「レイフォル西側海域の海軍機動部隊は、誘導爆弾の大規模攻撃によって壊滅いたしました」
 
「そ……そんな……大艦隊だぞ!!グラ・バルカス帝国の70隻もの大艦隊が壊滅したというのかっ!!!では、では……」

「我が方は現在、ムー大陸での制空権を失っています。展開する陸軍機械兵力は実質的に機能していません。
 重兵装も多くを失いました。
 このような状況下であれば、日本軍はもちろんの事、ムー国陸軍レベルでも非常にまずい事になります」

「ああ……あ…お……う……」

 まずい。最悪大規模侵攻があった場合、上空支援も無く連続して敗走する可能性が出てきた。
 レイフォルが陥落などと言うことになれば、ムー大陸というこの世界制覇のための橋頭堡が失われる事になる。
 皇帝陛下の命に自分の代で逆らうこととなってしまう。

 ファンターレはショックのあまり、声が詰まる。

「海軍に問い合わせたところ、レイフォル西側の島国、イルネティア王国周辺海域に空母機動部隊20隻が展開しています。
 本国中央第2艦隊所属になりますので、本国に問いわせたところ、この中央第2艦隊を一時派遣し、警戒している間に次の手を準備するとの事です」

「次の手だと?具体的な連絡は?」

「具体的な部分はありません。内容についてはそのような回答でした」

 ラスル・フィルマイナでは未だ焼け焦げたにおいが辺りに漂う。

 どうしようもないこの状況下で、ファンターレとランボールは必死に事態打開のために頭をフル回転させるのであった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:20| Comment(13) | 小説

第115話反撃の異世界軍4P2

◆◆◆

 ムー大陸北側 神聖ミリシアル帝国 混成魔導艦隊デス・バール
 旗艦 オリハルコン級戦艦コスモ

 先進的かつ圧倒的な機能美が海上を優雅に走る。
 ミスリル級魔導戦艦よりも一回り大きいその艦の周りは張り巡らされた魔力によって微かに光輝いていた。
 戦艦コスモの艦橋において、艦隊司令タキオンは海を見る。
 横には艦長イレイザ、そして飛行隊長ビルクが立つ。

「間もなく日本国護衛艦と合流します」

「ほう……あれが……なかなかの艦隊だな」

「ムー国北側の港に一時停泊していたようですね。
 命令後すぐに合流できるとは思いませんでした」

「あれが噂の日本国護衛艦隊か……あの大きさで噂通りの強さを発揮するとは、とても信じられん。
 我が方も負けてはおれぬな」

 艦隊司令タキオンの言葉に、艦長イレイザが反応した。

「日本の艦隊が噂通りの強さであれば、他の艦艇ではついて行けぬ戦いとなりましょう。
 ただし、この魔帝の技術を多く使用したオリハルコン級魔導戦艦コスモだけは、彼等の艦よりも遙か上の性能を持つ。
 我が艦は今までの戦艦とは強さの次元が違います」

 艦長イレイザは艦隊司令タキオンに言い放つ。
 絶対の自信から来る言動だった。

「しかし10隻か、日本軍の艦艇保有量からすると、多いな」

「それほど彼等も本作戦に力を入れているのでしょう」

 艦隊司令タキオンは、日本国がレイフォル沖合までの護衛として10隻もの艦隊を送り込んできた事に驚く。
 
 神聖ミリシアル帝国艦隊をレイフォル沖合まで無事に送り届けるため、ムー国北側に展開していた日本国海上自衛隊第1護衛隊群
 ○ 第1護衛隊 いずも、まや、むらさめ、いかづち
 ○ 第5護衛隊 こんごう、あけぼの、ありあけ、あきづき
 及び
   掃海母艦うらが、補給艦ましゅう

 の計10隻は神聖ミリシアル帝国と合流した。
 レーダーであらかじめムー海域に神聖ミリシアル帝国艦隊を確認していたため予想はしていたが、要請後すぐにムー大陸北での合流となったため、政府の想定よりは遙かに早く、日本側も準備を急ぐ事となった。

 ムー大陸北側海域で合流した神聖ミリシアル帝国海軍 混成魔導艦隊デス・バールと、日本国海上自衛隊 第1護衛隊群他2隻の艦隊は、レイフォリア沖合に向かい、西に進む。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:19| Comment(9) | 小説

第115話 反撃の異世界軍4

神聖ミリシアル帝国 帝都ルーンポリス 皇城アルビオン

 国防長官アグラは皇帝ミリシアルに説明を始めた。

「先ほどの件を詳しく申し上げます。
 第2文明圏連合軍はヒノマワリ王国を奪還、レイフォル国内のグラ・バルカス帝国軍事基地及び駐屯地、工場に空爆を実施し、大半の航空戦力を地上で撃破しました。
 また、レイフォル西側海域において、グラ・バルカス帝国の空母機動部隊を撃滅しました。
 ここにおいて、実質的にムー大陸上空の制空権の確保したと、日本国から連絡がありました」

 神聖ミリシアル帝国同じ事を成そうとした場合、国力を最大限に投入し、多くの犠牲を出さなければ不可能な大戦果だった。
 皇帝ミリシアルはゆっくりと問う。

「明らかに第2文明圏の力を超えておるな、被害は?」

「現時点では明らかになっておりません」

「日本国が主体となったのだな」
「間違いなく。相変わらず彼等は戦果の主張はしませんが……」

 皇帝ミリシアルは笑う。

「フ……相変わらず強い。して、日本国は何と?」

「はっ、『作戦は次の段階に移行した。我が国にレイフォル周辺海域の封鎖をお願いしたい』と、丁寧な文で打診してきました」

 レイフォルの制空権は実質的に確保出来たのだろう。
 しかし制空権だけでは陸軍は降伏しない。彼等をあからさまに弱らせるには、補給を絶つ。つまり、空爆によって軍事施設を徹底的に破壊し、グラ・バルカス帝国本国からの補給路を完全に絶つ。
 そのためには、海上封鎖は有効な手段であった。

「しかし、まだイルネティア周辺にも敵海軍はおろう。
 そこは我が国に任せたいと言うことか?」

 神聖ミリシアル帝国に頼りたい部分も多くあるのかと考えた皇帝ミリシアルは、強力な艦隊派遣を想定する。

「レイフォル沖合での制空権の確保は日本国において実施すると……。
 艦隊についても上空支援を行い、実質的に敵を無力化する事は可能だそうです
 我が神聖ミリシアル帝国には海上封鎖のみをお願いしたいとの事であり、事務レベルで確認したところ、どうも我が国の負担を減らそうと動いたようです」

「フフフ、軍事において気を遣われるとはな、我が国も軽く見られたものよ」

「艦隊派遣の連絡があった際、日本国へは出撃準備中と伝えております」

「もちろん他の手は打ってあるんだろうな?」

「はっ!!我が神聖ミリシアル帝国も迅速に対応できるという事を世界に見せつける必要があります。
 当初は日本国の強さを疑っていたため、前回は全滅を前提として、雑兵の寄せ集めを検討しておりましたが、現実に日本国の強さが判明し、帝国に対する優位性も現実的になって参りました。
 わが軍も、グラ・バルカス帝国に対して優位に戦いを進める事が出来る最高練度の混成艦隊を、すでにムー大陸北付近で待機させております!!
 日本から要請が在り次第、すぐに動けます」
 
 アグラは続ける。

「規模については、陸戦のため長期間の運用を想定し、艦の交代も必要であるため、大規模艦隊の派遣は現実的ではありません。
 さらにイルネティア島周辺にグラ・バルカス帝国空母機動部隊がまだ健在であるため、我が方も航空戦力が必要となります。
 日本に任せっきり……と言う訳にはいきません。
 よって、魔導戦艦3、重巡洋装甲艦4、魔砲船6、小型艦5、空母2、補給艦3の計23隻をもって、ムー大陸レイフォル国首都、レイフォリア沖合に展開いたします」

「そうか、解った。
 ……今回の派遣はグラ・バルカス帝国にとって大打撃となる重要な派遣だ。
 後の歴史書にも記される事は間違いない。
 艦隊の名は付けておろうな?」

「はっ!!艦隊の名は 混成魔導艦隊デス・バール にございます。
 艦隊デス・バールはムー大陸北において、日本国の護衛艦及び掃海艦と合流し、レイフォリアに向かう事となります。
 国の威信がかかっておりますが故、今回の派遣艦隊の旗艦には、先日実戦配備された最新鋭戦艦を旗艦とします」

「ほう?あの魔帝の技術を多用した戦艦か、これは頼もしい」

「はっ!!「オリハルコン級魔導戦艦コスモ」を旗艦といたしますので、仮にグラ・バルカス帝国空母機動部隊が来たとしても必ず撃退いたします!!
 戦艦コスモは今までの我が国の艦艇とは次元の異なる強さを発揮します。
 来たるべき古の魔法帝国戦に対しても十分通用すると確信しております。
 今回の戦いで出番があれば良いのですが」

 国防長官アグラ、軍務大臣シュミールパオは今度こそ帝国の威信を示せると、絶対の自信を見せた。

 オリハルコン級魔導戦艦コスモ
 その船体はミスリル級戦艦よりも2周り大きい。

 対魔性装甲材をふんだんに使用し、重要区画にはさらに強力なオリハルコン合金を使用、重要区画装甲はグラ・バルカス帝国最大最強の戦艦・グレードアトラスター級の主砲、46cm物理砲弾の直撃に耐えるほどの装甲を持つ。
 魔導機関の出力強化により、装甲強化シークセンスもミスリル級の約18秒から7秒に大幅短縮されていた。

 主砲(魔導砲)の威力も上がっているが、特筆すべきは対艦及び対空兵装である。
 神聖ミリシアル帝国は、魔帝式誘導魔光弾の研究及び、日本国の技術や運用をヒントに誘導魔光弾の類似製品を作り出せるレベルに達していた。

 ただし、現在の帝国技術水準だとコストがかかりすぎるため、いかに神聖ミリシアル帝国とはいえ、量産には手間取っていた。

 誘導魔光弾はエネルギー弾ではなく、物理的なコアが必要で有り、同コアに飛翔魔力と爆裂魔法をためる必要がある。
 コアにはこの世界では珍しいレアメタルを使用しているため、どうしても金がかかる。
 戦艦コスモには、ウルティマT型艦対艦誘導魔光弾、そしてクウ・ウルティマT型艦対空誘導魔光弾が登載される。
 
 帝国は新鋭艦を自信をもって送り出すのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:18| Comment(25) | 小説