2022年04月28日

第127話初めての新世界P5

ミラは窓の外を見た。
 高層階から見下ろす景色は本当に美しい。
 快適な部屋、所々に見られる圧倒的な技術力に身震いする。

「国が……暴走しなければ良いが……」

 最近の軍王ミネートはおかしい。
 昔はもっと部下の言うことを聞く男だという噂があったが、今はあまり人の話を聞かずに突っ走る感がある。

「何が彼を変えたのか……」

 山積する問題に頭を抱えながら、ミラはフカフカのベッドで眠りについた。


ーーーーーーーーーーーーーー

5月も大体週一更新行けそうな予感です。
 
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:18| Comment(1431) | 小説

第127話初めての新世界P4

◆◆◆

夜 帝国ホテル 小会議室

 調査団6名は小会議室を貸し切り、今日の出来事と明日の予定について会話する。

「よし、大丈夫。付近に人の気配はありません」

 クルセイリース大聖王国側の会話は日本国に聞かれてはまずいと判断したミラは周囲を確認した。
 生活調査員(仮)ニースが話し始める。

「正直、この街を見たとき、日本国がとんでもない国力と技術力を有する国である事が理解出来ました」

 ニースの話しにシエドロンがうなずく。

「移動手段1つにしても、極めて効率的で速い。
 今回乗ってきた飛行機、あれは我が飛空艦隊では全く捕らえる事が出来ない」

「つっ!!!」

 飛空艦隊は、クルセイリース大聖王国の軍事的優位を支えてきた部隊。
 そこに籍を置く歴戦の将、シエドロンの言は重い。

「アバドン殿、いたずらに日本国を刺激する事の無いようにお願いしますぞ」

「わ……解っている!!
 技術力が高い事は解った。
 しかし、軍は人間が運用するものだ。
 我が精鋭魔戦騎士団も、歴戦の猛者が多い。
 騎士団のみならず、魔法兵団も、最近は今までの数段上の武力を得た。
 私は魔戦騎士団長の立場として、日本国の武力見ずに、軽々しく負けるかも……などという言を吐くことは出来ない!
 もちろん国力が大きいことは東京の街を見れば理解出来る。
 決して舐めてかかることはない」

 ミラはテタルの方向を向いた。

「テタルさんは日本をどう見ますか?」

 魔法技師テタルに意見を求める。

「日本国は……完全に我が国とは異なる技術体系で国が成り立っています。
 街を高速で走る車、そして電車と呼ばれる大規模高速移動手段……。
 そのどれもが、全く魔力を検知出来ません。
 魔力を効率的に使いすぎて、外に漏れる魔力が無いため検知できないという可能性も考えましたが、そんな事はあの古の魔法帝国でさえ無理でしょう。
 技術体系が全く異なるので、強さの上限が見えません」

 各々が日本国について考察し、意見を交わす。

「明日からこの国をしっかりと見ていきましょう」

 ミラの言に皆同意した。
 会合が終わり、各々が部屋に戻る。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:16| Comment(13) | 小説

第127話初めての新世界P3


◆◆◆

 彼等は機体へと向かう。
 途中、犬が人になったような種族が働いているのを見かけ、目を丸くする。

 やがてBー787に乗り、座席シートベルトも言われるままに装着した。
 機体は滑走路へ到達し、離陸を開始した。

 ゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーー 

 低く重い音と共に、シートに体が押しつけられる。
 今まで経験したことが無い加速だった。
 
「は……速い!!」

 やがて機は飛空艦を遙かに超える速度となって、地上を離れた。
 機は信じられない速さと上昇力で空に昇る。

「!!!」

 シエドロンはあまりの衝撃に絶句した。
 機体は上昇を続ける。

「そんな……こんな事がありえる訳が無い!!」

 飛空艦の実用上昇限度を遙かに超え、B-787は遙かなる高みへと昇る。
 雲が……高き空にあるはずの雲が、まるで地面に貼り付いているかのように見えた。
 やがて飛行機は成層圏に達して水平飛行に移る。

 ポン

 機内に音が鳴り、シートベルトの付けるよう指示するランプが消える。

「皆様、シートベルトを外してもらって結構です」

 朝田が伝える。

「あ……朝田殿、この機はどのくらいの高度を時速何キロメートルで飛んでいるのでしょうか?」

 いつまでも驚いてばかりはいられない。
 適正な「調査」を行わないと、とんでもないことになる。
 
 飛空艦隊長シエドロンから慢心は消えた。

「そうですね、確か巡航高度は13000mで、速度はマッハ0.85なので概ね時速1000kmくらいだと思います」

「じ……じ……時速1000kmを超えるというのですかっ!!」

「はい、ヘリコプターでは時間がかかりすぎるので、乗り換えて頂きました。
 あと2時間半から3時間で、東京に到着する予定です」

「そ……そうですか」

(まずい、マズイマズイマズイマズイ!!
 これは民用機、これほどの高度と速度を出されたら、我が飛空艦隊が束になってもこの機を捕らえることが出来ぬ)

「ぐ……軍用機はもっと性能が?」

 帰ってくる答えは想定できる。
 しかし、聞かずにはいられなかった。

「ええ、軍用機には民間機よりも遙かに速く飛ぶ機体は当然あります。
 自衛隊の見学も、今回の案内には含まれております」

 シエドロンは背筋に悪寒が走る。
 やがて機は日本国の首都、東京上空に到達した。

 微かに暗くなり始めた空、東京の町は徐々に明かりが灯る。

「すごい……キレイ」

 ニースは飛行機の窓から町を見渡す。
 密集した超高層ビル群、それぞれに灯りがつけられ、宝石をちりばめたかのような輝きを放つ。

 これほどの大規模建造物群を作り出す日本国。
 国力に圧倒される。

 しかし、空から見る風景はあまりにも美しく、ニースは純粋に感動を覚えるのだった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:14| Comment(12) | 小説