2022年04月03日

第123話終末のレイフォリア2P5

◆◆◆

 ムー国日本大使館

「朝田さん、異動内示が出ました。
 良かったですね、シルカーク王国へ赴任となっていますよ」

 対グラ・バルカス帝国の外交は山場を超えたと判断された。
 激務が続き、休みの無かった朝田は、ずっと異動願いを出していたが、やっと暇な部署への異動が認められたようだ。
 外務省本庁としての計らいでもあった。

 彼はロデニウス大陸の南東に位置する島国、シルカーク王国への赴任が決まる。

 ここには文明圏間の紛争も無く、グラ・バルカス帝国勢力圏からもほど遠い。

「ほ……本当に?やった!!やっと休めるのか」

 朝田は安堵する。

 外務省 朝田 泰司 は、シルカーク王国へと向かうのだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 次話は3日以内に投稿します。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:22| Comment(1014) | 小説

第123話終末のレイフォリア2P4

◆◆◆

グラ・バルカス帝国  帝都ラグナ 帝王府

 帝王府において、帝前会議が行われる。
 
 帝王グラ・ルークスを初めとして
 帝王府長官カーツ
 帝王府副長官オルダイカ
 外務省事務次官パルゲール
 軍本部長サンド・パスタル
 軍の顧問として、帝国三将が一人、帝都防衛隊長ジークス
 他、国の中枢達が顔を揃える。

 帝王府長官が司会進行を努める。

「それでは帝前会議を始めます。
 サンド・パスタル、今の惨状をどう考えるのかっ!!報告しろっ!!」

 軍全体を管轄する本部長として、胃に穴が開きそうだった。
 握りしめた拳が小刻みに震えている事を自覚する。

「異世界軍事態の評価は、依然と変わりません。
 すべては日本国が原因です。
 彼等さえいなければ、帝国は世界を支配出来ていたでしょう」

「貴様、国家の命運を左右するこの場で〜たら、〜れば、を話すというのかっ!!!」

 帝王府長官カーツは怒りが収まらない。

「前回の海戦もそうですが、これほどまでにっ!!!これほどまでに日本国と差があるというのは、本当に想定外なのです。
 日本国の書物を参考に、再想定した戦争では、どうあがいても日本国の武器を我が方が封じる事は出来ません!!
 戦闘機は何百回出撃しても、敵戦闘機を1機も……1機たりとも落とせない。
 戦艦を何隻建造しても、敵のミサイルと呼ばれる誘導弾の攻撃は防げない。
 さらに、電子的欺瞞装置は全く効果が無い事が判明しました。
 潜水艦でさえ、敵には筒抜けです。
 本土防衛に徹しつつ、日本国を刺激せずに和平を結ぶしかありません!!!」

「サンド・パスタル!!軍の統括がなんたる言いぐさか!!!貴様は帝国の誇りを失っているのかっ!!
 そのような気概で勝てると思っているのかぁっ!!」

 カーツは怒鳴る。

「カーツ殿っ!!!」

 大声をあげるサンド・パスタル

「気概で勝てるならいくらでも勝てるわっ!!!
 その現実を直視しない精神論こそが、我が国がここまで追い込まれるようになった原因ぞっ!!
 冷静な分析を行った結果、どうあがいても勝てないのだ!!
 この世界の異世界軍ならば勝てよう、しかし、日本国ただ1国に勝てないのだっ。
 私だって悔しい!!皇帝陛下にこのような報告をするなど、身を切られる思いだっ!!!
 しかし、このまま現実を直視せずに我らが突き進むと無駄に兵が失われ、帝国臣民を地獄にたたき落とす事になるのだぞおっ!!!!
 負けない事ならば出来る!!!
 軍を増強しつつ、外務には和平の道も探るべきだと考える」

「なんたる腑抜けよ。恥ずかしくないのか?」

「恥で勝てたらいくらでも恥をかく。
 このままだと亡国の道をたどるからこそ、本当の真実を皇帝陛下にお伝えしなければならないのだっ!!!」

 ムー大陸からたたき出され、さらに海軍の多くを失って劣勢となったグラ・バルカス帝国。会議は紛糾する。

 帝王グラ・ルークスが手を上げると場が静まる。

「カーツよ、サンド・パルタルは優秀な男だ。
 この男がここまで言うのだ。日本国は真に強いという事……。
 軍を強化しつつ、和平の道も探るのだ。
 パルゲールよ、外務をたのんだぞ」

「ははっ!!!」

 軍が大負けした後の和平。
負けを宣言したも同然な事象であり、今までの帝国運営からは考えられない方針転換。
帝王府に衝撃が走る。
 グラ・バルカス帝国は、軍事力を強化しつつ、和平の道も模索する事となった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:20| Comment(20) | 小説

第123話終末のレイフォリア2P3

◆◆◆

 日本国 首相官邸

「では……しばらく時間がかかるというのか」

 総理は、防衛省及び外務省幹部達に、今後の流れの説明を受けていた。
 神聖ミリシアル帝国が、急遽方針を転換し、グラ・バルカス帝国の本土攻撃に時期的な懸念を伝えてきたため、日本国としては予定が狂う形となっていた。

「はい、次はイルネティア王国、そしてグラ・バルカス帝国の本土攻撃が視野に入ってきます。
 陸軍を投入するとなると、海を隔てているため、攻める側は守る側の5倍の兵力が必要となりますので、量の多い彼等すべてを制圧するのは現実的に難しいでしょう。
 となると、落としどころが必要となってきます。
 定期的に本土空爆を実施し、軍事工場は破壊しようと考えていますが、空中給油機を使ってもかなり難しい距離ですので、火力が限られ、限定的な効果しか発揮出来ません。
 神聖ミリシアル帝国やムーにかかっていますが、彼等も大量の船と兵力を失っており、魔導戦艦は増産体制に入っていますが、実戦配備されるまで準備期間を要します。
 外交を続けつつ、準備するしかありません」

「しかし、当初の予定だと、大艦隊で敵の首都沖合に現れて砲撃の威嚇をするとなっていたではないか。
 何故突然の方針転換を伝えてくるのだ?」

「本土防衛がおろそかになる……との懸念もあるようです」

「そんな事は事前に解っていた事ではないか」

「神聖ミリシアル帝国周辺海域には、まだグラ・バルカス帝国の残存潜水艦が時折出没し、商船破壊を行っています。
 彼等の潜水艦の航続距離から考えて、未だ中央世界周辺の何処かに我らが把握していない基地があるとしか思えません。
 となると、その基地をすべて明らかにしないことには、本土防衛をおろそかにしてまでも戦力の投入は難しいというのが彼等の考え方です。
 さらに、敵本土へ侵攻するとなると、彼等の抵抗もさらに激しくなることが予想されます。
 おそらく多くの艦艇を失うことになるかと。
 その点も含めて防衛力を確保したい……との事です」

 追撃するなら今というこの時に、反撃の主たる戦力となる神聖ミリシアル帝国が、戦力を揃える時間がほしいと言い始めた。
 他国のことなので仕方ない事ではあるのだが、心情的には総理は納得のいくものでは無かった。

「国民が納得しそうにないな……で、どの程度時間が必要なのだ?」

「2年です。我が国も、決戦に向けて兵器の増産体制に入ります」

 体勢の立て直しには時間がかかることが予想され、首相は頭を痛めるのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:19| Comment(13) | 小説