2022年05月02日

第128話初めての新世界2P1

 翌朝〜
 クルセイリース大聖王国の調査団は帝国ホテルロビーに集まっていた。

「おはようございます」

 日本国外務省の朝田が本日の予定を説明する。

「本日は自衛隊を見学して頂く予定だったのですが、急ではありますが、先に会談をしたいと思います」

 急な会談など国と国の関係ではあり得ないことだが、今回は使節団ではなく調査団であり、日本を知ってもらいたいために案内するという流れであるため、多少の無理は効く。

「日本の西にある島国、ガハラ神国の方が、どうしてもクルセイリース大聖王国の方々とお話がしたいとのことです。
 急であるため断ることも出来ますが、いかがいたしましょうか?会談の場を設けてもよろしいでしょうか?」

 日本国はクルセイリース大聖王国の調査団については、特に他国に公表や伝達をしていた訳では無かった。
 しかし、隣国『ガハラ神国』から

『神示が下ったので会わせてほしい』

 と、調査団受け入れを言い当てられ、帝国ホテルへの宿泊までも言い当てられた。
 ガハラ神国は不思議な力を操る民で、昔の日本神話の中にあるかのような国だ。

 日本国政府としても、強く断る理由が無く、クルセイリース側が良いのであれば良いとの見解だった。

「ガハラ神国??」

 神国という名は大層な名前だなと思いながらも、日本国がわざわざ紹介するような国。
 情報を持ち帰る事を目的とする調査団に断る理由が無く、会談は実施されることになった。 

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:19| Comment(11) | 小説