2022年06月27日

第134話文明の衝突2P6


「艦隊損耗率30%を突破しました」

 絶望的な報告。
 苦汁という名の汁が口から垂れそうだ。
 これ以上の進軍は勇気では無く、無謀。
 
「……反転180度、出力全開!!
 高度を下げつつ全速で戦域を離脱せよ」

 命令は的確に伝達される。

 艦隊は一斉に回頭し、反転離脱する。

 クルセイリース大聖王国の飛空戦艦60数隻は、戦線を離脱、タルクリスの総合基地、セキトメイに向けて帰艦していくのだった。

 海上自衛隊第4護衛隊群8隻は、クルセイリース大聖王国飛空艦隊100隻と交戦、艦対空誘導弾により、敵艦隊の30%以上を消失させる事に成功した。


ーーーー

 漫画の新しい話がアップされています。
 皆さん是非見てみて下さい
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:45| Comment(4674) | 小説

第134話文明の衝突2P5


 しかし、敵は彼にゆっくりと考える暇を与えてはくれなかった。

『レーダーに感有り、さ……さ……32発飛んできます!!!』

 絶望が艦橋全体を支配した。
 飛空戦艦を1発で沈められる性能を持つ超強力な攻撃が32発も飛んでくる。
 このままではたったの1撃で、100隻もの大艦隊の内、実に3分の1が消失してしまう。
「エネルギー充填値を上げて閃光魔法の射程を延伸しろ!!!」

「しかしっ!!魔石がもちません!!」

「構わん!!!このままでは全滅するぞ!!無理をしてでも魔法の射程を延伸して生存可能性を上げる必要があるのだっ!!!」

「了解!!クルスかリバーエネルギー充填……70%……90%……110%……120%!!魔石耐久限界突破!!!」

 艦首に設置してある魔石から魔力が漏れ出す。

「陣形再構築、レーダーリンク正常値、魔方陣形成完了、長距離艦隊級極大閃光魔法発射準備整いました!!」

「敵の攻撃が射程に入り次第放射せよ!!!」

「射程まであと2秒……クルスカリバー放射!!」

「いっけぇぇぇぇぇっ!!!!」

 14本もの先ほどよりも太い閃光が空を駆ける。
 瞬間的に方向を変え、放たれるレーザービームの様な光。
 クルセイリース大聖王国の本気だった。
 しかし……。

「当たりません、効果無し、効果なし!!!敵が速すぎます!位置情報からの術式構築が追いつきません!!
 防衛ライン突破されました!!」
 
 敵の放った32発もの絶望は、飛空艦隊に容赦なく迫る。

「や……止めろ……やめろぉぉぉぉっ!!!」

 迎撃の手筈は取ったが、3重もの極大魔法は今回も全く効果を発揮しなかった。
 無情にもミサイルの雨は飛空艦隊に到達した。

 空に無数の爆発が出現し、時折誘爆して大きな火球を作り出す。

「スラリマー、ドクレース、ゲート、アコヤ爆沈!!
 ズライス、アズロ、マカライト出力減衰、落ちます。
 アパタイト、チュリン被弾!!」

 魔信は混乱を極め、被害報告は追いつかなくなる。
 魔信を入れる間も無く爆沈した艦もおり、被害把握も出来なくなる。

 ダルイア艦橋は混乱を極めた。


 爆沈し、四散した艦の残骸が燃えて落つ。
 晴れ渡った空に炎の雨が降り注ぐ。
 それはまるで終末を予感させるような光景だった。

「うおぉぉぉぉっ!!!うおぉぉぉぉぉぉおおおぉっ!!!」

 ターコルイズは叫ぶ。
 飛空艦ブライスとマカライトの艦長は幹部候補学校の同期だった。
 気の良い奴らで、クルセイリース大聖王国の軍体系について夜遅くまで語り合った。
 酔っ払って道で寝込み、上司に大目玉を喰らう事もあった。

 彼らの艦は特に優秀で、厳しい訓練を……血の滲むような訓練を突破してきた猛者共だった。
 練度も申し分無い。
 しかし、その全てが圧倒的軍事技術の差によって崩れ去る。

「うおぉぉぉぉぉっ!!」

 ターコルイズの目からは涙が伝う。
 許せなかった。
 敵国が、そして敵の力を見抜けなかった自分が。
 しかし時既に遅く、何も出来ぬまま多くの兵が命を散らす。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:43| Comment(14) | 小説

第134話文明の衝突2P4


「艦隊級極大閃光魔法発射陣形!!レーダー出力全開、魔法射撃管制を行い、電磁レーダーとリンクさせろ!!!」

「はっ!!!」

 艦隊は敵の攻撃が飛んできた方向に艦首を向ける。

「陣形完了、魔力を艦首へ移行」

 六芒星を描くように陣形を取り、各艦の艦首に設置された大型魔石が魔力を帯びて光輝き始める。

「長距離艦隊級極大閃光魔法、クルスカリバー起動!」

 6隻で一つの大きな六芒星が形成される。
 艦隊行動で行われるため、実に15個もの魔方陣が出現、巨大六芒星が空に浮かび上がった。

 飛空艦は空で陣形を整えるため、海で行われたイルネティア王国のそれよりも遙かに早く魔方陣が形成される。

「敵の発射位置は特定出来たか?」

「未だ判明しておりません」

 日本国護衛艦隊は、クルセイリース艦隊の探知距離外にいたため、彼らは護衛艦の位置が特定出来ずにいた。

 旗艦ダルイア艦長タンソーは、ターコルイズに話しかけた。

「司令、いきなり艦隊級極大閃光魔法を使用するので?」

「ああ、敵の攻撃が速すぎる。
 長距離防空魔法結界の中でも最強の方法をもってしなければ危険だ」

 対パーパルディア皇国戦では奥の手を見せるまでも無かったが、日本国による対空兵器の攻撃を見た彼は、その危険性を察知し、最大最強の防空システムを起動する。

『敵の攻撃を探知!!弾数3、距離89……70……すぐに艦隊級極大閃光魔法、クルスカリバーの射程に入ります。
 レーダーリンク正常値、エネルギー充填100%!!
 距離50、射程に入りました!!』

「クルスカリバー放てっ!!!」

 艦隊陣形により空中に出現した青白い光の六芒星、星の周囲は古代文字で描かれた魔法陣が形成される。
 星の中心部からまるで可視化したレーザービームのようなものが射出された。

 15もの光の線が空を駆ける。

 魔力の位相変異により、瞬時に射出角度を変える事の出来るそれは旗艦ダルイアのレーダーとリンクしてミサイルの方向を向く。

 光の一斉射撃は見る者達を魅了した。

 しかし……。

『敵攻撃が速すぎます、命中しません!ああっ、第1次防衛ライン突破!!』

「拡散フレアを使えっ!!!」

『魔力転換……エネルギー転換完了、中距離艦隊級極大火炎魔法拡散フレア放射!!!』

 青白かった魔方陣は赤い輝きへと変化し、魔方陣の術式が変化する。

 巨大な炎が扇状、放射状に放出された。
 大量の竜騎士の侵攻があった場合の切り札、空間制圧射撃に近い拡散フレア。
 15もの数、空に巨大な火炎放射器が出現する。

 レーダーを見ていた監視員は凍り付いた。

『効果なし!!効果なし!!!当たっているものもあるはずなのに……そんな……』

 拡散フレアはあくまで木造船や、対竜騎士用の魔法であった。
 すでに超高温であるミサイルの衝撃波境界層で無力化される。

『第2次防衛ライン突破されました!!』

「ぐうっ」

 ターコルイズの顔は苦渋に満ちた。

「近接最終防御システム起動!!リュウセイを使えっ!!」

『最終防御システム、極大連光弾魔法リュウセイ放射!!」

 クルセイリース大聖王国飛空艦隊の最終防御システム、リュウセイは、魔方陣中央部から1秒間に100発もの光弾を放つ。
 いかなる空の敵も、この3重の防御システムをによって粉砕出来るはずだった。

 ブアァァァァッ!!!!

 連射速度が速すぎて、空気が特殊な音を出す。
 マッハ1ほどの速さの光弾はとんでもない量空に出現する。
 
 適度な速度の光弾が、空にばらまかれる様子はまるで古きシューティングゲームのようだった。

『さ……最終防衛ラインが突破された!!!』

「ばかなっ!!信じられん!!!」

「各艦魔導出力最大展開!!!対物理攻撃用装甲強化!!!」

 絶望的な状況の中、ターコルイズが吠えた。

「くるぞぉぉぉおぉぉぉぉぉっ!!!」

 ガァァァァァァン!!!!!

 空に光りが3つ出現した。

「ルイビ、タール、アイオラ被弾!!!」

 致命的なダメージを受けたルイビは火を吐きながら高度を下げる。
 一方旧式艦のタールとアイオラは空中で大きく爆発した。

『タール、アイオラ爆沈!!!』

 ターコルイズは混乱する。
 3重もの圧倒的なる対空防御陣を貫ける者など、見たことも聞いたことも無い。
 最強の防御結界がこうも易々と突破される事など、現実に起こって良いはずが無い。

 戦力を根本的に覆す圧倒的なる敵の強さに、打つ手がなくなってしまう。

 完全に想定外だった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:42| Comment(21) | 小説