2023年01月09日

第138話古の超兵器3P6


 大きな空間の中心部では、聖王直轄飛空艦隊司令長官アエロリット、そして空中戦艦、聖帝ガウザー艦長ガンドライトが浮かび上がった立体映像を眺めていた。

「フフフ……まさか聖王様が我らの出撃を許可して下さるとは……敵が可哀想だねぇ」

「はい、全くでございます。しかし、何故この程度の敵に我らに下命されたのか、部下達は疑問に思っているようです」

「聖王家の決断だ。我々はただ従うのみ。
ただ、軍王ミネートが入れ知恵したのではないかとも言われている。
 彼の行動には注意が必要だねぇ。
 ガンドライト艦長、聖王家命では全戦力をもって叩き潰せとある。
 あれを使用するとするか。
 まだ倉庫に在庫は相当あったよね?」

「対艦誘導魔光弾……魔法帝国製の超兵器ですね。
解りました。我らの全力をもって、ワカスーカルト及びその沖合に展開している異国艦隊は殲滅しましょう」

「そうだねぇ、彼らには悪いが一瞬で消えてもらおう。
 それが、聖王家の力を軍に知らしめることともなるだろう」

「はっ!!」

 古の空中戦艦と、飛空艦はワカスーカルトへ向かうのだった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:34| Comment(6055) | 小説

第138話古の超兵器3P5


◆◆◆ 

 ワカスーカルト北東約400km先 上空

 この世界においても、そして地球世界においても見慣れない物体が空を行く。
 空を飛ぶとは思えない程に大きな物体、リング状の中に3本の線が通ったかのような形状。
 日本人が見たならば、三菱のロゴにリングが付いている、もしくはメルセデスベンツのロゴが空を飛んでいるとも形容するだろう。
 
 かつて、隔絶した魔力と技術により、全ての種を恐怖によって支配した古の大帝国。
 時折発掘される凄まじき技術は国を歓喜させ、その技術に人々は畏怖を持つ。

 古の魔法帝国、ラヴァーナル帝国の発掘戦艦、聖帝ガウザー(空中戦艦パル・キマイラ)は高度300mを時速200kmで南西へ向かっていた。
 超兵器の周辺には、船にプロペラが付いたかのような、飛空艦が約50隻、取り囲むように空を飛ぶ。


 クルセイリース大聖王国 聖王直轄飛空艦隊 
 旗艦 聖帝ガウザー 中央司令室

 クルセイリース大聖王国の空中戦艦、聖帝ガウザーは聖王直轄という事もあり、極秘中の極秘扱いであった。
 乗務員達は決して身分がバレることの無いよう、幹部以外はコード番号で呼ばれ、白い異形の面を被る。
 また、聖王直轄としての格式を損なわぬよう、まるで礼服のような煌びやかな服を着て勤務する。
 艦長は赤い服、白い面、そしてとんがり帽子を被っていた。
 
 異形の面は、クルセイリースで考えられたものではなく、古の魔法帝国の伝承で司令官は赤い服に白い面、とんがり帽子を被っていたという記載がと映像があり、自分たちもその力に近づきたいという意味もある。

 神聖ミリシアル帝国の乗務員も近い格好をしていた。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:33| Comment(23) | 小説

第138話古の超兵器3P4


◆◆◆

 クルセイリース大聖王国 ワカスーカルト

「エル・ガンエン様!!!」

 息を切らしながら部下が部屋に走り込んでくる。

「どうした!!これ以上まだ何かあるというのかっ!!」

 陸上からの包囲攻撃、山に配置された砲撃陣地は一瞬で日本国により無力化された。
 高低差を利用した山から、長射程魔導砲による砲撃は、一定の効果をあげるはずだったのだが、結果は全く効果が無し。
 エル・ガンエンは衝撃を受けたが、まだ竜騎士団による攻撃及び、飛空艦隊による強襲が控えており、それでも駄目な場合は切り札、古代兵器キル・ラヴァーナルがあるため、敵の強さには衝撃を受けながらも、少し心の余裕は持っていた。

「報告は2点あります。1点目、王都防衛竜騎士団120騎は敵10騎と会敵し、戦闘状態となり、魔信が途絶えました。
 全滅した模様です」

「は??はぁっ!?
 その戦力比で負ける事など、あってはならないだろ!!戦果は?」

「明確な戦果は不明です」

「1騎も撃墜報告が無いと言うのか?」

「……はい」

「……」

 エル・ガンエンは思考が追いつかない。
 部下は構わず続ける。

「2点目、軍王令通信を受信
 ワカスーカルト防衛隊はその持てる力全てをもって、新世界国艦隊の殲滅に当たれ
 聖王命が下った。
 キル・ラヴァーナルを起動セヨ
 聖王直轄飛空艦隊全隊が異国艦殲滅のため、ワカスーカルトへ向かう」

「え??」

 エル・ガンエンの背中に衝撃が走る。

「な……な……何だと?軍王令通信は間違いないな!!??」

「はっ!!間違い有りません」

「聖王直轄飛空艦隊がすべて来る?全て来るだと!?信じられん。それほどの敵なのか……?聖王家は、異国艦隊にそこまで脅威を感じているというのか。
 情報は細目漏らさず報告せよ」

「エル・ガンエン様、聖王直轄飛空艦隊とは?」

「ああ、そうか。お前は知らんだろうな。
 これは一定以上の幹部にしか存在を知らされていない極秘の軍隊。
 聖王家は、万が一軍が謀反を起こしたとしても、それを全て押さえるほどの力を有している。
 つまり、すべての国内の飛空艦隊を使用しても、聖王直轄飛空艦隊を相手にすると必ず破れる」

 現実場慣れしたエル・ガンエンの言葉に部下は異論を挟んだ。

「しかし、それは不可能では無いでしょうか?
 軍の装備というのは最新式のものが来ます。
 最新式の装備、しかも数がそろっている軍隊に、いくら優秀な人材がいたとしても、勝てるとは思えませぬ。
 もしも勝つほどの数をそろえると、それは民衆の知るところとなり、極秘とはとても言えません」

「そうだ。
 聖王室が、絶大な力を持って長年続いている事には意味がある。
 持っているんだよ。高度に偽装され、外からは見えない位置に。
 古の超兵器……「聖帝ガウザー」古の魔法帝国の名では、空中戦艦パル・キマイラという。
 お前も御伽話で聞いたことはあるだろう?」

「なっ!!!まさか、あの……あの古の魔法帝国の空中戦艦が??我が国でも発掘されていたのですか!!!」

「いや、これは東方世界の国を統治した900年前に出てきたものだ。
 国の拡大期、わが国に莫大な富をもたらした歴史上唯一の聖帝の名がつけられた。
 魔力を凄まじく食うから、これを注入するだけで途方も無い時間を要するらしいがな。
 いずれにせよ、聖王直轄飛空艦隊がすべて出てくるなら、旗艦は間違いなく、古代兵器、聖帝ガウザー(空中戦艦パル・キマイラ)だ。
 虎の子の1艦を出してくるとは……王家が本気になったという事……軍王様もびっくりなされただろうな」

「で……では、ラヴァーナル帝国と、黒月族の神話旧兵器が計2つも投入される訳でしょうか?」

「軍王令通信が聞き間違いの類いでないなら……そういう事だな。
 これほどの軍事力で勝てない理由は無い。
 それだけ、新世界艦隊に脅威を感じているという事か、もしくは国内向けのアピールなのかは解らないが……まあ良い。
 軍王様の命令だ。我はこれよりキル・ラヴァーナルへ向かう。
 ワカスーカルト防衛飛空艦隊は全艦出撃、聖王直轄飛空艦隊の到着に呼応して全隊で同時攻撃を行え。
 後を頼んだ」

「はっ!!」

 エル・ガンエンは、神話級古代兵器、キル・ラヴァーナルを起動するため、黒月族遺産発掘所へと向かうのであった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:32| Comment(12) | 小説

第138話古の超兵器3P3


◆◆◆

 パーパルディア皇国対圏外文明国防衛艦隊 120門級戦列艦ジャスティス

「バイア司令長官、良かったので?」

 ガーラスはバイアに問う。
 バイアは苦虫をかみつぶしたような顔で沈黙した。

「……仕方なかろう、日本からの要請だ」

 敵の竜騎士団との戦い、ムー国のマリンを仮想的として想定して作られたワイバーンオーバーロードの力、やはり凄まじかった。
 当初の想定以上の速さで敵を撃退し、全滅させ、残った敵1騎は恐れおののいているのが解るかのような機動で撤退していった。
 新生パーパルディア皇国として久々の完全勝利であり、戦勝に沸いた。
 その頃、日本国から無線が入る。

 東方向から飛空艦と思われる艦隊が約50隻向かってきており、内1隻は異常に大きいとの内容であった。
 ○ 日本国艦隊が対応する
 ○ 同士討ちを避けるために引いてほしい

 旨の内容だった。
 要は、邪魔だからどけという事を遠回りに言われたに等しい。
 心情的には言い返してやりたいが、我が国の軍を完膚なきまでに叩き潰し、神聖ミリシアル帝国でさえも手を焼いた異界の大帝国、グラ・バルカス帝国の大侵攻をも撃退した彼らの「力」は本物であり、現在敵対的立場に無い彼らから要請が来たならば、それは受けなければならない。

 それに、1隻だけ非常に大きいという情報も気になる。
 
 ジャスティスはすぐに魔信で竜騎士団に撤退するよう伝えた。

「我らはどうしましょうか?」

「敵の陸からの砲撃は無くなった。
 艦載式魔導砲の射程ギリギリまで沖に出る。
 魔導砲の照準を街に向けよ、ただし砲撃は日本国が敵の空飛ぶ船団を撃退した後だ。 
 邪魔になったと国際問題にされてはたまらんからな」

「了解」

 パーパルディア皇国は艦直上の直掩騎のみ残し、空の軍を引く。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:31| Comment(1) | 小説

第138話古の超兵器3P2


◆◆◆

 混迷を極めた魔信は静粛を取り戻していた。

 クルセイリース大聖王国 王都防衛竜騎士団120騎は、第3文明圏列強パーパルディア皇国ワイバーンオーバーロード竜騎士団10騎と交戦し、騎士団長セイルートを残して全滅した。

「あ……あ……あああっ!!!ああああああっ!!!!」

 騎士団長セイルートは、離れて飛んでおり、戦場を見渡せる位置にいたため、撃墜を免れていた。
 眼前に広がる光景は、多くの友軍が火だるまとなって雲の海に落ちる様であり、敵はすべて健在。
 我が軍よりも、圧倒的な速度、大きさ、攻撃力を持つ竜であり、明らかに種類が異なる竜だった。
 栄えある聖王都防衛竜騎士団が全滅した。
 夢であってほしいが、紛れもない現実……。

「ううう……うわぁぁぁぁぁつ!!!」

 怖い、怖い。部下達は死んだ。
 あれほどの操竜技術を持っていた部下はすべて撃墜された。
 異界の列強国とはさも恐ろしいものであったというのか。 
 とにかく生き残りたい。
 我が方にはまだ飛空戦艦の艦隊がある。
 常々竜をバカにしていたのだから、奴らに戦わせるべきである。

 命を守るため、ひたすら自分に言い訳をする。
 最後の1兵となったセイルートは、もはや敵への恐怖しか無く、戦場から逃げ出す。

 一方、パーパルディア皇国の竜騎士団も、反転、撤退した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:30| Comment(9) | 小説

第138話古の超兵器3P1

クルセイリース大聖王国 聖都防衛竜騎士団 

「ん?何だ?あれは」

 前方に10もの黒い点が現れる。
 よく見ると、微かに上下に動いていた。

「羽ばたき?……まさか竜か!」

 やっと巡ってきた竜同士の対戦、セイルートは喜びに震える。
 空の主力の座を飛空艦に奪われ、ワイバーンは2級戦力だと国民には思われていた。
 苦汁に満ちた日々、やっと報われる時が来た。
 その相手は飛空艦ではなくワイバーンであり、友軍の方が遙かに数が多い。
 
「ふ……フフフ……フハハハハッ!!神は我らを見放さなかった!!!」

 眼光鋭く敵を睨み付け、邪悪な笑みで微笑んだ。

『前方の敵を蹴散らせぇ!!!』

 彼は大声で司令する。

『了解!!』

 歓喜に震えた兵達は、士気が高く、大声で返信した。

 クルセイリースの守護者達は、前方に展開する侵略者を滅するために力強く羽ばたくのだった。

◆◆◆

「ん?何故……」

 クルセイリース大聖王国竜騎士団の小隊長、エジルキは違和感を覚えた。
 敵よりも上をとるために上昇していたが、彼らは関係なく突っ込んでくるようにも見える。 戦術思想の違いかもしれないが、上を取った方が「圧倒的有利である」とたたき込まれていた彼にとって、それはひどく不可解に見えた。

「ふん、まあ良い。新世界の竜を、たったの十数騎葬っても自慢にもならぬが……物量で一気にカタをつけてやる!!」

 竜対竜の戦いでは、集団戦術が取れる方が圧倒的有利であり、彼も勝利を疑わなかった。

 間もなく空戦に至るだろう。
 たたきつけられる合成風、轟音に近い風切り音。
 近づく決戦、緊張がピークに達した時……エジルキの左前を飛んでいた部下の騎が突然炎に包まれた。

「ギャァァァァァッ!!!」

 高熱の粘性を持った火炎に焼かれ、離れていても聞こえるほどの断末魔が響いた。

『モウブ騎被弾!!』

 魔信で誰かが叫ぶ。

 モウブ騎は、竜共々猛烈な炎に焼かれ、断末魔をあげながら落ちる。

「モウブ!!モーウブ!!!ちくしょう!!」

 炎は上から飛んで来た。
 彼は上を見る。

「くっ!!!」

 太陽に隠れ、まぶしくて良く見えない。
 本能的に左へ旋回した。

 ゴウッ!!!

 大きな火球が上から下へ通り抜けた。
 火球は焼けるような熱を感じるほど近くを通り過ぎた。
 まっすぐに飛んでいたら丸焼けになっていただろう。

 エルジキは前進から汗が噴き出した。

 次の瞬間、5騎が爆発し、炎に包まれて落下し始めた。

「敵襲!!!」

 上から下へ大きなワイバーンが5騎通り抜ける。
 それは今まで見たことも無い大きさで、見た事も無いほど速い。

 下へ向かったそれは、すぐに猛烈な旋回能力で旋回し、ワイバーンの射程圏から抜け、上昇を開始した。
 敵ワイバーンの翼端では、気圧差により翼下から上へ回り込む空気によって白い雲を引く。
「別動隊がいたのかっ!!!」

 前方から来た敵も火炎弾を打ち込んで来る。
 その射程は我が方よりも長い。
 すぐに乱戦となった。

「くっ!!負けるものかっ!!」

 大きな敵に対して闘志を燃やす。
 エルジキは敵に火炎弾を当てるため、すでに射程圏外に出てしまった敵を向く。

「なっ!!!」

 追いつけない。
 相棒のワイバーンは必死で羽ばたいているが、全く追いつけない。
 
『ギャァァァァァッ!!!』

『は……速い!!なんて速さだっ!!』

『あれは化け物だっ!!あんなのに勝てる訳が無い!!』

 魔信は混信し、混沌を極める。

 友軍ばかりが、また落ちる。
 こちらの方が数が多いはずなのに、圧倒的戦力比であるはずなのに、落ちていくのは友軍騎ばかりだった。
 焼かれた竜の落下により、炎の雨が降る。

「そんなっ!!これほど……これほどまでに差があるというのかっ!!!」

 自分に狙いを付けられている事に気づく。
 右へ、左へ旋回して必死で避ける。
 エルジキは、間違いなく国一番の竜騎士である。
 自分の操竜技術を超える者はいないと自負してきた。
 そんな自分が異国の竜に対して遅れをとっている。
 もはや友軍の心配をしている場合では無かった。

 圧倒的に速く、大きく、そして旋回能力も高く、導力火炎弾の威力も高い。
 そんな敵が自分を狙ってくる。

「くそっ!!おのれ、おのれおのれおのれぇぇぇぇっ!!!」

 3発の火炎弾を避けた刹那、4発目が彼の騎に着弾した。

「ぐおぉぉぉぉぉっ!!!」

 敵の強さを悟った時、敵導力火炎弾の火球が被弾し、彼の意識は虚空に消えた。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:28| Comment(10) | 小説