2017年07月12日

第67話 大戦前夜 P1

神聖ミリシアル帝国 帝都ルーンポリス

 世界の富が集まる神聖ミリシアル帝国……その中でも最も栄し首都ルーンポリスの中心部に、皇帝の住まう皇城があった。

 帝国の対魔帝対策省古代兵器分析戦術運用部の部長、ヒルカネ・パルぺは皇帝陛下からの直々の呼び出しがあり、皇城を訪れていた。
 陛下からの直々の呼び出しとあって、緊張しながら部屋の前に立つ。
 ドアが開き、皇帝陛下の従者の指示に従って部屋に入った。

 部屋の中にはテーブルと椅子が設置してあり、テーブルの上には帝国の名産品の紅茶が置かれ、微かな湯気を上げていた。
 その先には世界の王たる皇帝ミリシアルが座っていた。

「座るがよい、茶でも飲みながら話そう。」

 彼は陛下に言われるまま、椅子に腰かけた。

「緊張しているのか?まあ茶でも飲め、うまいぞ。」

 世界の中心に住まう帝の前で緊張せぬはずがない。
 1省庁の1部長を皇帝陛下が呼びつける事態、異例中の異例なのだ。
 彼は1口お茶を口に含む。緊張で味など感じなかった。

「陛下、このたびはどういったご用件でしょうか?」

 対魔帝対策省古代兵器分析戦術運用部……帝国の各地で発掘される古の魔法帝国の超兵器……この超兵器を分析し、自国の国力増強に使用するのはもちろんの事、時々未だ使用可能な状態で発掘される兵器の補修、分析、そして運用までもを担当している部署。
 来るべき古の魔法帝国との戦いの際には最も必要とされる部門の長が呼ばれたという事は……。

「余が君を呼びつける理由、想像がついているのであろう?」

「魔帝復活の兆候を掴んだのでしょうか?」

「いや、グラ・バルカス帝国の件だ。」

 ヒルカネ・パルぺはたかが1文明圏外国家のために、神聖ミリシアル帝国の超兵器運用部門の長である自分が呼ばれる意味が良く理解出来なかった。

「港町カルトアルパスを急襲した野蛮な民の国ですか、アグラ国防長官が3艦隊を派遣し、さらに世界連合がレイフォル沖合に展開する艦隊を殲滅するために向かっていると伺っています。」

 沈黙……。
 皇帝陛下がゆっくりと話はじめる。

「余は念には念を重ねる主義でな、本大戦に古代兵器の投入をしようと思っている……このグラ・バルカス帝国艦隊を殲滅するために、空中戦艦パル・キマイラを、そうだな……2隻ほど派遣せよ。」

「なっ!!!!」

 古の魔法帝国の発掘兵器、『空中戦艦パル・キマイラ』、国内で7隻が発掘され、運用可能な数はたったの5隻しか無い古代兵器、このうち2隻もの超戦力の投入、しかもそれが対文明圏外国家であることに、彼は耳を疑った。

「失礼ながら陛下、パル・キマイラはまだ良く構造が理解できない部分があります。万が一にでも撃沈されたら代わりはありません。新たに作る事が出来ないのです。どうかご再考を!!」

「作れない事も、代わりが効かない事も解っておる。私は嫌な予感がするのだ。」

「と、いいますと?」

「国防長官アグラは3艦隊もあれば十分に撃滅できるとの試算を出した。
 しかし……我が帝国は来るべき全種族の……種としての存亡をかけた戦いを少しでも有利に進めるために、発掘された遺跡群から古の魔法帝国の力を推測し、世界史上最大の帝国を仮想敵国として発展してきたため、他国と大きな力の差がついている。」 

 ヒルカネは皇帝陛下の言葉をかみしめるように頷く。
 彼は続ける。

「差が付きすぎて、他国に対して性能面において勝ちすぎているのだ。」

「しかし、それは良い事ではないのですか?」

「国家としては極めて良い事、最高と言っても良く、解析も技術も軍も、良くやってくれていると思う。 
 しかし……連戦連勝は、仮に気を付けていても目をくらます場合がある。
 国防長官アグラは優秀だ。決してグラ・バルカス帝国を侮ってはいないだろう。だが、心の奥底に油断があるように感じるのだ。
 科学文明国家……侮ってはいけない敵だ。」

 ヒルカネは皇帝の言葉をかみしめる。

「かしこまりました。仰せのままに……古代兵器、空中戦艦パル・キマイラを2隻、グラ・バルカス帝国討伐に派遣いたします。」

「頼んだぞ、軍部の方には話をしておこう。万が一、1隻でも落とされるような事があれば、すぐに撤退せよ。」

「古代兵器が落とされるような事は考えられませんが、承知いたしました。」

 出撃日の許可をもらい、多少のやり取りの後、ヒルカネは部屋を退室した。

「……これで負ける事はあるまいが……傲慢なる異界の帝国は殲滅せねばな……。」

 皇帝ミリシアルは窓の外を眺める。
 繁栄を極めし帝都を眺めながらそうつぶやいた。

 神聖ミリシアル帝国は、第2文明圏旧レイフォル沖合に展開するグラ・バルカス帝国海軍を滅するため、世界史上最強の国家、古の魔法帝国(ラヴァーナル帝国)の発掘兵器、『空中戦艦パル・キマイラ』2隻を同海域へ派遣する事を決定した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:06| Comment(13) | 小説
この記事へのコメント
空中戦艦か、これなら魚雷の心配はないな。アイガイオンを思い出しつつ。
Posted by at 2017年07月12日 20:41
皇帝有能
Posted by at 2017年07月12日 20:47
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Posted by 陸の自◯隊のおじさん at 2017年07月12日 21:11
更新ありがとうございます!

空中戦艦……
ツェッペリン飛行船に毛の生えた代物じゃないだろうな
もしくはラピュタの飛行船
Posted by at 2017年07月12日 21:47
Posted by at 2017年07月12日 20:41

アイガイオンは空中空母であって、空中戦艦ではないですよ

確かに長距離攻撃弾頭ミサイル「ニンバス」を撃てますが、もし連想するなら近接防御型の「ギュゲス」では?
Posted by at 2017年07月12日 21:49
Xの「グレイプニル」なら…流石に光学迷彩は無いかな
Posted by at 2017年07月12日 22:14
文中の「変わりがない」は交代・交換するものが無いという意味で使用されているので
「代わりがない」もしくは「換わりがない」の方がいいような気もします
自分もどちらが正しいかまでは分かりませんので
もし編集担当さんに相談できるのならば伺ってみてはいかがでしょう?
Posted by at 2017年07月12日 22:49
更新やったぜ。
空中戦艦とか夢が広がりますね。
Posted by at 2017年07月12日 23:30
更新有り難い。
空中戦艦…ロマンの塊ですな♪
Posted by 名無し at 2017年07月13日 02:38
1隻どころか2隻とも落とされてその分GAもそれなりの損害を受けて痛み分けになりそう・・・てレベルじゃないかこれだと
Posted by at 2017年07月13日 13:31
空中戦艦は魚雷は効かないけど急降下爆撃にはとんでもなく弱いんだけどね。

中途半端な高度だと急降下爆撃機は速度を落とさずに爆撃ができちゃう。
Posted by at 2017年07月14日 00:13
これ実は魔帝にとっては戦艦なんて代物じゃなく、現用兵器に喩えるなら、AC-130や攻撃ヘリ、A-10カテゴリの兵器なんじゃ?

要するに、ショボい対空能力しか持っていない地上の相手を一方的に蹂躙する為の代物で、運用としちゃ何機も横に並べてスチームローラーをやる為の機体みたいな?
Posted by at 2017年07月15日 23:08
 空中戦艦……ふしぎの海のナディアに出てきたアトランティスのデウスエクスマキナを思い出す。
Posted by at 2017年07月17日 03:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: