2019年05月19日

第92話 帝国激震3P2


◆◆◆

 新大阪駅から乗ったのぞみ号と呼ばれる鉄道は、机に置いたコーヒーがこぼれないほどに揺れず、非常に快適であった。
 初めて見る地上で見る時速270kmという速度に驚愕し、所々使われている素材、電光掲示板等、帝国の技術を明らかに上回る技術が認められ、カバルは多少の焦りを感じる。
 思い出せば、大阪においても厚さを感じさせないほどのテレビ、痛みの少ないアスファルト舗装、薄い信号機など、所々帝国を上回っている。
 一方、帝国が上回っているといえば、建物の高さのみ。

 建築技術は帝国の方が上回っている。基幹技術は上という考え、それが、目の前の建物を見て吹き飛ぶ。

 
 日本国 首都東京 墨田区 東京スカイツリー

「こ……これは……これは……」

 東京スカイツリーを地上から見上げるグラ・カバル。
 その光景に足が震える。
 近くにある高層ビル、それでも十分に高い建物と言える。

 しかし、それを遙かに貫き、天に向かって生える無機質な構造物。
 あまりの大きさに、自分の遠近感が麻痺したとさえ思えてくる。
 高さ634mにも及ぶ建物。
 帝国において、634mの物といえば、もはや山しか無い。
 
「そんなバカな!!これが人工構造物だというのかっ!!!!」

 多少建設工学をかじった事のあるカバルは、その建物の高さ、それをなす材料の質、そして作ってしまう経済力に恐怖を覚えた。
 上の展望室へ向かう。
 エレベーターの速度、そして液晶画面の演出、すべてが未来の出来事のように思え、空中回廊から見渡すコンクリートに埋め尽くされた都市、時折目立つ高層ビルは、国力の高さを感じざるを得なかった。

 淡々と案内を続ける案内人、カバルは後ろを付いて回る。
(日本の都市は、自分たちの作り出した都市のレベルを遙かに超越している。)
 そんな考えが、カバルを支配していた。
 軍事技術でも遙か先を行っていた場合、帝国はとんでもないことになる。
 グラ・カバルはもっと日本を知ろうと決意する。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 14:54| Comment(16) | 小説
この記事へのコメント
新幹線の出てる梅田の辺りの高層ビル群を見て、「高さだけなら負けない」って思えるなら、十分凄い技術ですよね。
Posted by at 2019年05月19日 21:54
難波に行ってるなら、西日本で一番高い300mのビルも
見たと思うけどね。
Posted by at 2019年05月19日 22:18
あべのハルカスは日本一ですよ。
西日本一じゃなく。
Posted by at 2019年05月19日 23:19
Posted by at 2019年05月19日 23:19
未だ、ね。
作中でも数年以内に皇居の御前に日本一高い超高層ビルが出来る。
Posted by at 2019年05月19日 23:40
客席に「机」があるらしい描写なので、殿下はグランクラスの個室に乗ってたのかと思ったけど、よく考えたら東海道新幹線にグランクラスはないので、通常のグリーン車に座ってたということかしら。
Posted by at 2019年05月19日 23:43
恐らくグ帝国と日本の文明レベルの差を考えビルや構造物の高さもだが…一面硝子貼りに近いビル壁面の方が驚くに値するかと。
昔の硝子は現代の硝子の大きさのモノは作れたとしても高層建築には無理、強度は約70年前位のビルと比較しても一目瞭然なのだから。
Posted by at 2019年05月20日 01:15
梅田界隈のビル見て基幹技術で勝ったって…二次大戦期の日英レベル、と言うより米国レベル想定かな? だとすれば前面に出て来る戦艦がグレートアトラクター一隻なのがどう考えてもおかしい。他の同級艦が1ダースは出てこないとな。
Posted by at 2019年05月20日 05:00
カバル殿下も仰っている通り、
軍事技術と建築技術が同レベルとは限らないので、
グ帝の建築技術が二次大戦米国レベルであっても
軍事技術まで当時の米国並とは限らんでしょう
Posted by at 2019年05月20日 08:19
>Posted by at 2019年05月20日 01:15
皇太子、建築齧ったことあるみたいだけど…
構造とかそっちだろ、その辺の建具の細かい話は知らんのじゃないか…
現代の設計屋さんでも高層専門とか出ないと知らんだろ。
一般家屋だと泥対策の方の強度だし…
Posted by at 2019年05月20日 14:36
スカイツリーは手で拡大出来る望遠のタッチパネルが未来的で、そっちにも驚くと思うんだけど。ヤゴウも誰も気にしてないんだよな。
Posted by at 2019年05月21日 04:18
地震で高層ビルがゆらゆらしているのを見たら「なぜ崩れないんだ!」と叫んで気絶したりして
Posted by at 2019年05月21日 17:47
Posted by at 2019年05月20日 05:00
前半と後半のつながりがおかしい
Posted by at 2019年05月21日 17:49
単にビルの高さなら、マンハッタンだと一次大戦前に240m越え三十年代初頭には300m越えだからなぁ、そんなに驚かないだろね、スカイツリーは構造が違うからどうなんだろ
Posted by at 2019年05月22日 09:30
都市レベルが欧米並みなら、戦前に地下鉄網は開通してそう
Posted by at 2019年05月23日 01:25
「思い出せば、大阪においても厚さを感じさせないほどのテレビ、痛みの少ないアスファルト舗装、薄い信号機など、所々帝国を上回っている。」

痛み→傷み

の間違いかと。


「しかし、それを遙かに貫き、天に向かって生える無機質な構造物。」

貫き→上回る

私の感覚はこうですが・・・




「エレベーターの速度、そして液晶画面の演出、すべてが未来の出来事のように思え、空中回廊から見渡すコンクリートに埋め尽くされた都市、時折目立つ高層ビルは、国力の高さを感じざるを得なかった。」

ビルは→ビルには
又は
ビルは→ビルに
でも。




Posted by めだま at 2019年05月26日 00:43
因みに梅田など大阪市内の殆どのエリアは、伊丹空港の飛行コースに当たるため高さ制限があったりします。
Posted by at 2019年06月01日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: