2019年06月08日

第93話 暗躍するリームP2


「我が国は世界に対し、日本国に武力で敵対しないと宣言する……貴国は、我が国の港にたまたま敵国の艦船があったからと先制攻撃を行うような野蛮な国ではないだろうと信じる。 大切な事なので繰り返そう。
 我が国は武力的に日本国と敵対する意思は無い。
 我が国に被害が出るような事は決して許すことは出来ない。
 仮に、我が国に駐留したグラ・バルカス帝国が、勝手に貴国を攻撃しても、我が国ではなくグラ・バルカス帝国がやったこと。
 決して我が国への攻撃は許さない。」

「なんという詭弁、我が国では我が国を攻撃しようとする軍事力への攻撃は法律で許されているとお伝えする」

「それは攻撃しようとする国が当事者である場合ではないのかね?
 貴国は敵対意思が無い他国を攻撃して良い法律は無かったと思うがね?」

「貴国の態度は良く解った。今回の我が国の意見は追って連絡する!!話にならん」

 城川は、会議を打ち切り、退出するのだった。
 
 会議室に残されたリーム王国陣営。
 一人の若手が心配そうにフェルダスに話しかけた。

「課長、大丈夫でしょうか?リームの港を攻撃されたら甚大な被害が出ます。現時点リームの軍事力は日本国に遠く及びません」

「フン、奴らは自らの法で自分達を縛っている。あれほどの力を持ちながら、バカな奴らだ。
 先制攻撃など決して出来ぬ。
 そして、グラ・バルカス帝国が本気で日本を攻撃したとき、奴らの反撃能力は潰される。 帝国の軍事艦艇総数は不明だが、判明しているだけでも日本の艦艇数を遙かに上回る。 圧倒的な生産能力は日本国の遙か上を行く。
 そして、艦の速度は同等、砲撃力は帝国の方が上。
 海戦での結果は火を見るよりも明らか……結果、我が国は安泰だ」

 彼は続ける。

「フン、日本国の力など無くとも、グラ・バルカス帝国の力で我が国は十分発展する。
 早期に技術移転を受け、グラ・バルカス帝国に取り入り、フィルアデス大陸を制圧し、植民地の民を使い、圧倒的生産力をもって……日本国、お前たちも我々にひれ伏す事となるだろう。 リームは今より遙かに発展するのだ!!!
 ふ……フハハハハハハ!!!」

 リーム王国と日本国の交渉は決裂した。
 日本国政府は、彼らの行動に頭を悩ませるのだった。

 後日、グラ・バルカス帝国は大量の船をリームへ寄贈、リーム王国船舶の名の下、グラ・バルカス帝国とリーム王国を往復し、港湾施設や本国の空港を再整備するのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 16:19| Comment(19) | 小説
この記事へのコメント
グ帝戦後は恨みを持ったパー皇に宣戦布告され、日本に泣き寝入り。港は日本に割譲を条件にされ、リーム本国もパー皇にいくらか取られて手打ちと見た!
Posted by at 2019年06月08日 17:26
「フン」は2回もいらない様な…w
フェルダスさんとやらの癖かしら?
Posted by at 2019年06月08日 18:50
>貴国は、我が国の港にたまたま敵国の艦船があったからと先制攻撃を行うような野蛮な国ではないだろうと信じる。

この後で詭弁言ってるから、ミサイルとJDAMでグ帝艦艇だけを攻撃したあとで「グ帝だけを狙った攻撃であって、帰国の港を狙ったものではない」と言えばチャラだな。
誘爆した弾薬で被害が出た? 火災が燃え移って被害が出た? それはグ帝がやったことだから我が国の責任じゃないですよ。

って言いたいけどさすがに無理があるな。
Posted by at 2019年06月08日 20:21
>06月08日 20:21
港で沈んだ艦艇の除去ってどれ程の労力が必要だろうか?

リームにそれを行う力がないなら、当の港は後に人工漁礁で有名になるかもしれない
(人工漁礁の定義からは外れているみたいだけど)
Posted by at 2019年06月08日 21:04
面倒だからもっとおいたをさせた後に核攻撃?
Posted by at 2019年06月08日 21:29
なかなか良いヘイトを溜めてくれるじゃないw
戦後処理が楽しみです〜
Posted by at 2019年06月08日 22:09
グ帝の船をいい感じの場所で沈めて港の入り口を埋めるのかな
Posted by at 2019年06月08日 23:36
なぜ憲法が改正されないと思ったのか・・・
それ以前にロウリアが武装勢力として攻撃されたのを忘れてるのか?
Posted by at 2019年06月08日 23:45
>グラ・バルカス帝国が本気で日本を攻撃したとき、奴らの反撃能力は潰される
そううまくいくと良いですねぇ…
Posted by at 2019年06月08日 23:45
>我が国は世界に対し、日本国に武力で敵対しないと宣言する
日本相手に経済戦争…
Posted by at 2019年06月08日 23:47
このリーム王国の理論ですが、グラ・バルガス帝国が既に日本に宣戦布告しており、かつ現実に護衛艦隊と交戦もしている段階(戦争下にある)では、中立国義務違反に辺り攻撃されても地球の国際法上では問題とはならないのではないでしょうか?
つまり、日本においても攻撃することに法制上の瑕疵はないですよね?
ねぜこんなに自信満々なのだろう?
Posted by カズマ at 2019年06月09日 01:07
>>後日、グラ・バルカス帝国は………再整備するのだった。
かなり長期間を要するようなイメージなので、戦闘が始まるまでに、作中で時間が経過しすぎてしまうような気がします。
後日 → すでに
再整備するのだった。→ 再整備を始めていた。
と過去形にするのはどうでしょうか。


Posted by at 2019年06月09日 04:33
Posted by at 2019年06月08日 21:04
真珠湾攻撃を参考にしてみたらどうだ?一隻だいたい一年で引き揚げているぞ。米国が・・・
Posted by at 2019年06月09日 13:14
日本国の先制攻撃フラグが立った

パーパルディア皇国がどんな根拠で裁かれたか調べていたら
戦時国際法の存在に気がつけたかもしれないのに残念な子

今の所、戦時国際法(中立国の義務違反)は

・グ帝への施設提供

だけかな?
話の流れ次第では

・非戦闘員の保護義務違反(在留邦人を人質)

やっちまったなぁ〜
Posted by at 2019年06月09日 16:07
早期に技術移転を受け

って言ってる

そんな約束されてましたっけ?
Posted by at 2019年06月09日 16:09
いつも楽しく読ませて頂いております。
リーム王国のフェルダスさんはよく日本のことを調べているようなのですが、それ故に疑問があるのですが。

「自らの法で自分達を縛っている」とはおかしな発言ですね。
既に憲法すら捻じ曲げて他国へ先制攻撃をしていると思うのですが。日本国により隠蔽されているのか。調査不足なのか。(邦人殺害は戦争行為ではないと思われますし、それ以前にも攻撃してます。)

それに日本が出現してから法を変更しているのであれば、法に縛られているどころか状況で法を簡単に変える危ない国家だと判断するのが正しいのでは。
Posted by at 2019年06月10日 19:34
在留邦人に危害を加えていないものの資産接収の時点で同じだからな
戦後処理はグ帝に組した敗戦国としてのみ扱われる
それ以上でも以下でもない
Posted by at 2019年06月13日 11:15
いやいや生産力は脅威だがグ帝の場合先に人材が枯渇するぞいリームさんや
既存の艦隊規模から考えて精々70〜80万しか海軍いないのにあの艦隊は概算20万以上の人材つぎ込んでる
潰れたら再建は無理よん
Posted by at 2019年06月21日 00:19
戦後は取引制限どころか、停止もあり得るな。
こんな国に技術を渡したら何処に流されるかわかったもんじゃない
Posted by at 2019年06月24日 06:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: