2019年07月19日

第94話 神撃の大帝国P1(ボツ)

※ この話はボツ作品です。反省のためにデータを残しておりますが、根本的に書き直すので、無視して先にお進みください

異世界の国々に認識されている世界において、東に位置するフィルアデス大陸。
 その西側に、リーム王国の飛び地が存在する。
 セニアと呼ばれるこの地は、かつてはパーパルディア皇国の土地であった。

 土地に栄養は無く、元々ほとんど人が住んでいないような土地であり、皇国にとって重視されるような場所では無かった。

 パーパルディア皇国混乱の最中、リーム王国が上陸して領有を宣言、おおよそ海岸線にい20km、内陸に10km入った程度の皇国にとっては小さな土地、当時皇国は日本国によってその戦力を大きく削られており、重要性も低い皇国の領地奪還は見送られる事となる。
 やがて、リームは港を整備する。
『内陸部の本国から遠く離れたこの地に港を作って何になる』
 そういった意見も国内では見られたが、日本国から購入したタンカーによって第3文明圏と第2文明圏を直接結ぶことが出来るようになった。
 また、帆船を利用した場合の中央世界の窓口としてはちょうど良い場所にあるため、当初の想像以上に栄えし港となり、外貨資金源ともなっている。
 
 
 第3文明圏文明国 リーム王国飛び地 セニアの港

 港湾を管理している貴族ドルブはグラ・バルカス帝国の多数の軍艦を見て驚きを隠せなかった。
 我が国やパーパルディア皇国とは違った鋼鉄で囲まれた船体、元列強パーパルディア皇国の魔導砲を遙かに上回る射程と威力を持つ帝国の砲、そしてあれが海上で30ノット以上の猛烈な速力で移動が可能という。

 そんな化け物、帝国は駆逐艦と呼ぶらしいが、そのような艦が33隻、補給艦10隻、そして理解が出来ない不思議な形の艦が12隻、列強の持つ竜母のような、軽空母と呼ばれる艦種が1隻、計56隻が停泊し、補給を受けていた。
 沖合には碇を下ろした他の艦種も見受けられる。

 帝国の使者から、たったこれだけの艦艇で全盛期のパーパルディア皇国主力艦隊を葬る事が出来るほどの戦力と聞き、さらに驚く。

「すごい……なんて戦力だ……グラ・バルカス帝国はすごいな……」

 ドルブは、始めて見るグラ・バルカス帝国の戦力に、ある種の感動を覚えた。
 きっと彼らは我が国をさらなる繁栄に導いてくれるだろう。

 グラ・バルカス帝国艦隊は、翌日の夜未明、いずれかの場所へ向けて出港していった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:09| Comment(13) | 小説
この記事へのコメント
待ってました!
更新ありがとうございま〜す
Posted by at 2019年07月19日 18:17
祝更新!じっくりと読まなくては
Posted by at 2019年07月19日 18:35
火事場泥棒とか・・・リームのモデルは完全に某国だなぁ
Posted by at 2019年07月19日 18:43
>>日本国から購入したタンカーによって第3文明圏と第2文明圏を直接結ぶことが出来るようになった。

タンカー(貨物船)の荷をここで降ろして、あとは陸路で内陸のリームへ運ぶ、という意味だとすると、

日本国から購入したタンカーと陸路の輸送によって第3文明圏と第2文明圏を直接結ぶことが出来るようになった。

というような表現になるのでしょうか
Posted by at 2019年07月19日 20:06
翌日の夜未明 → 翌日の未明 でいいかと
Posted by at 2019年07月19日 20:09
きたぁ〜(^O^)vありがとう
Posted by at 2019年07月19日 20:23
一気に読まずに一日一話にしよう。
Posted by at 2019年07月19日 20:25
更新やったぁぁぁ!
じっくり読みます!!
Posted by at 2019年07月20日 01:57
栄養とは現象のことなので、土地は痩せておりなどの表現の方が良い様に思います。


海岸線にい20→海岸線に20。
Posted by at 2019年07月20日 06:34
夜未明→未明だけで良いと思います
Posted by at 2019年07月20日 09:18
時間空きすぎてストーリー忘れてる笑
Posted by みま at 2019年07月20日 17:58
理解できない形状の船は潜水艦ですな
Posted by at 2019年07月21日 18:57
>『内陸部の本国から遠く離れたこの地に港を作って何になる』

リーム本国は大陸東の海に面してましたよね
「内陸部の本国」だと海が無いように聞こえます
「本国の内陸部からも〜」として、陸路でも海路でも遠いって意味ならわかりますが
Posted by at 2019年07月22日 03:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: