2019年07月19日

第94話 神撃の大帝国P3(ボツ)

※ この話はボツ作品です。反省のためにデータを残しておりますが、根本的に書き直すので、無視して先にお進みください

◆◆◆ 

 同日夕刻 アルタラス王国

 若き女王ルミエスは、空を眺めていた。
 本日の昼頃には、自衛隊の戦闘機F−2やF−15J改が次々と空港に着陸した。
 久々に見る航空機、着陸のために速度を落としていたが、それでもワイバーンに比べると圧倒的な速度で、何度見ても驚かされる。
 早急に自衛隊の展開を承認して公務を終わらせる。

 美しく透き通る空は夕日によって赤く輝き、鳥たちがのんびりと舞っている。
 戦火が近いことなど微塵も感じさせなかった。

「女王陛下、そろそろ見えてくる頃でございます」

 ルミエスは東の空を見る。

「来た!!」

 徐々に聞こえる重低音。
 僅かな空気の振動と共に、多数の点が空に現れる。
 多数の点はやがて飛行機の形を成す。

 かつて、パーパルディア皇国によって国家存亡の危機まで追い詰められ、奇跡ともいえる巡り合わせによってアルタラス王国は救われた。
 
 反撃の……圧倒的な力の象徴として、いつか見た光景。
 日本国、海上自衛隊BP−3Cの大編隊が見えてくる。

 グラ・バルカス帝国による全世界への宣戦布告、かの国が本気になれば、アルタラス王国などすぐに飲み込まれてしまうだろう。
 東方国家群にとって、救いの一撃となるかもしれない。

 自らの国を救いし象徴の再来、その雄々しき姿、ルミエスの心は震えるのであった。

◆◆◆

 翌日ー午前4時50分

 アルタラス王国 航空自衛隊レーダー管制室

 航空自衛隊緊急派遣部隊長の佐古は管制室にいた。早期に発見、迎撃出来なければ本国まで危険が及ぶ可能性がある。
 些細な変化さえ見逃さないよう、指示を出す。
 レーダー監視員は最新の注意を払って画面を見つめた。
 画面の先、約1000km西側には1機の航空機、自衛隊の持つ早期警戒機E−767の光点が浮かんでいた。
 不意に、無線が入電する。

『航空機6機発見、距離現在地より西北西約830km、速度245ノット、座標……』

「き……来た!!」

 速力からして、ワイバーンの可能性は無い。
 航空機6機というのが、少なすぎる気もするが、敵航空機がそこに存在するならば敵の大艦隊もそこに存在する可能性があった。

「早期警戒機は引き続き監視に努めよ。
 待機中の偵察機(RF4−EJ)に離陸を指示、周辺海域の捜索にあたれ!!」

 佐古は矢継ぎ早に指示を出す。
 すでに待機していた偵察機、RF4−EJは、すぐに滑走路に出る。
 早朝ではあったが、アフターバーナーに点火、2本の炎を後方から出し、轟音と共に離陸、周辺海域へ向かうのだった。
 
 2時間後ーー

『敵艦隊発見!!総数223、空母10,戦艦4、巡洋艦32、補給艦……』

 管制室がざわめく。
 ついに偵察機が敵艦隊を発見した。消失した敵艦隊からすると、一部の艦隊だろうが、大規模な艦隊に変わりは無い。
 すぐに映像が送られてくる。

「ん?見えにくいな」

 低く垂れ込めた雲、艦隊周辺には霧が出ているようで、艦影のぼやけた影の写真のみ。
 空母、巡洋艦、駆逐艦等、大まかな分類は可能だが、詳細な艦の名前までは判断出来なかった。
 もっと近づくと対空砲火の射程に入る可能性もあり、近づくことも出来ない。
 もう一枚送られてきた写真、こちらの方は、艦上戦闘機が上空で舞う姿ははっきりと写っていた。
  
「ついに来たか!!グラ・バルカス帝国艦隊に間違いないな。
 F−2並びにBP3−C哨戒爆撃機は直ちに出撃、対艦誘導弾の大規模飽和攻撃を行い、艦隊を殲滅する!!
 F−15JはBP−3Cの護衛にあたれ!!!」

『了解!!』

 すでに準備は整っている。
 対艦誘導弾を1回の出撃で4発撃つことが可能なBP−3C及びF−2戦闘機。

 1回の出撃で300発もの対艦誘導弾を放つ事が出来る。
 兵器量産の成せる技ではあるが、地球史においても、これほどまでの大規模対艦攻撃は歴史上行われた事が無いだろう。
 
 護衛隊群はまだずっと後方の海域、まだ沖縄周辺だろう。

「航空攻撃だけで敵艦隊を片付けてやる!!」

 佐古は意気込む。
 航空自衛隊のF−2戦闘機15機及び海上自衛隊BP3−C哨戒爆撃機60機は、朝焼けの中、西の空へ離陸していった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:11| Comment(9) | 小説
この記事へのコメント
更新きた!ありがとうございます!
Posted by 第三のキタキタ詐欺師 at 2019年07月19日 18:14
最新ありがとうございます!
何で詐欺野郎が早いんだよ!
Posted by at 2019年07月19日 18:15
佐古!フラグっぽいこと言うんじゃない!
Posted by at 2019年07月19日 18:37
数が少なくないですか?
囮の可能性?
Posted by at 2019年07月19日 18:42
E-767のAN/APY-2レーダーでも830kmは限界ギリギリの探知距離に思える

かなり運が良いな
Posted by at 2019年07月19日 19:26
E-767には護衛をつけていないようです
Posted by at 2019年07月19日 20:27
何でグ帝も日本もちゃんと偵察もせず、敵の規模すら不明なのに全力出撃するんだろう?太平洋戦争時だって偵察機は敵の規模位は調べてたのに。
Posted by at 2019年07月20日 03:09
ドキドキするねえ
Posted by at 2019年07月20日 09:02
830キロってことは、惑星曲率でレーダー波が届かないというより、大気によるレーダー波の減衰で探知できないってことか……。
Posted by at 2019年07月20日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: