2019年11月17日

第96話 覇王の行進3 P2


◆◆◆

 たった1発食らえばほぼ死ぬ……帝国の強靱な防空網は役に立たない。
 兵達は事実を理解し、恐怖は伝搬していく。

「生き残った兵の救出に、駆逐艦2隻をまわせ!他の艦は敵の位置を早急に割り出せ!!」

「了解!!」

 生き残りの兵を救う。アウロネスは、的確に指示を飛ばした。

「副長、艦隊の数を考えると、それほどのダメージを受けたわけでは無い。
 敵の発射位置さえ特定出来れば、撃沈出来るはず……だな?」

「もちろんでございます。帝国をコケにした敵を殲滅してやりましょうぞ!!」

「報告!!」

 通信士が声を上げる。
 艦橋に緊張が走った。

「15時の方向から1発!攻撃来ます!!!」

「ぬぅ!!迎撃だ!!迎撃しろ!!」

 対空砲が雨のように打ち上げられる。しかし、全く当たらず、さらに1隻が沈む。
 一定の時間をおいてさらに1発、1発が到達し、艦が沈んでいった。
 艦隊は恐怖におののく。

◆◆◆

 潜水艦おうりゅう

 水深500m、グラ・バルカス帝国では決して届かぬ深海で、音も無く海上自衛隊の最新鋭潜水艦は進んでいた。

「艦長、味方の攻撃は相当に応えているようです」

 他に同海域にあった潜水艦隊は、徐々に敵艦隊に攻撃を加えていた。
 一定時間をおいて確実に着弾させる攻撃は、敵の精神を削り、敵艦隊は乱れる。
 
「意外と早く射程距離に入ることが出来ましたな」

 敵の進路上におうりゅうはいたため、相対速度があり、予定よりも早く敵艦隊に近づく事が出来た。
 
「目標、射程距離に入りました」

 静かな艦内に静かな報告が響く。

「よし、敵大型空母を攻撃する。89式魚雷攻撃用意!!、2発使用する」

「魚雷発射管注水開始」

 魚雷発射管に注水が開始される。
 僅かに響く注水音。

「注水完了、89式魚雷発射準備完了」

「発射!!」

 艦に僅かに響き渡る音、少し遅れて2発目が発射された。

「続けて攻撃するぞ。目標敵戦艦、89式魚雷続けて2発、準備出来次第発射せよ!!」

「了解!!」
 
 潜水艦おうりゅうからは、計4発の魚雷が発射される。
 深海の化け物は、グラ・バルカス帝国に悟られること無く攻撃を開始、さらなる獲物を求めて動き出す。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:48| Comment(15) | 小説
この記事へのコメント
待ってた長魚雷!
Posted by at 2019年11月17日 22:54
深度500で魚雷発射可能かどうかについていろいろご意見が出るかもしれませんが、データが防衛機密なので実のところは読者の私たちにはわからないのです
Posted by at 2019年11月18日 10:18
一定の時間間隔で防ぎようのない苦痛を与えていく、というのは拷問の定番らしい
Posted by at 2019年11月18日 10:20
15時の方向って、一周まわって3時?
Posted by at 2019年11月18日 11:30
待ってました、魚雷戦!
恐らくですが、軍艦の船底をぶち破る形で魚雷が突き刺さってから、爆発させるのでは?
音響誘導魚雷なら、スクリューか舵を破壊できそうですが・・・
Posted by ンデレヴィーヤ at 2019年11月18日 20:23
ジッサイ15時方向は間違いでは。
空軍は1〜12
海軍は1〜360 のはず
グ帝はどうなっているか知りませんが。
Posted by at 2019年11月18日 20:59
とりあえず日本の89式は大深度での運用能力はあるんだよな。
他の魚雷は過剰能力だと廃止しちゃった中で。

あと現代魚雷は航跡がほぼないんで、グ帝側からすると、パッシブソナーで魚雷が向かっているのはわかっても、ホーミングしてくるは、航跡なしで割とどうしようもないね。
Posted by at 2019年11月18日 23:10
>>敵の進路上におうりゅうはいたため、

この部分、

「おうりゅうは敵の進路上にいたため、」

の方が読みやすい
Posted by at 2019年11月19日 15:31
>>「魚雷発射管注水開始」

>>魚雷発射管に注水が開始される。
>>僅かに響く注水音。

WW2世代の潜水艦ならわかりますが、現用潜水艦で「発射管注水」なんてするんですか?
圧搾空気で打ち出す方式では?
Posted by at 2019年11月19日 15:41
雷撃態勢に入った「おうりゅう」ですが、

>>「魚雷発射管注水開始」
>>魚雷発射管に注水が開始される。
>>僅かに響く注水音。

WW2世代の潜水艦ならまだしも、現用潜水艦で「発射管注水」なんてするんですか?
魚雷は圧搾空気で打ち出す方式が一般的では?
Posted by at 2019年11月19日 15:43
長魚雷って泡で船を浮かして竜骨叩き割るんじゃなかったっけ。
もちろん浸水もするだろうけど攻撃の本質は船体の破壊だと思う。
Posted by at 2019年11月19日 18:21
Posted by at 2019年11月19日 15:43

かなり昔にグリーンアローの本で読んだ話なんであやふやだが、WWUの潜水艦は普通に圧縮空気方式だったのではないかな?

で、騒音を抑える為というんで水圧で押し出す方式や、魚雷自体が自らの推力で発射管から出る方式に改められつつあるというのが数十年前のトレンドだったかと思うんだが。
Posted by ハインフェッツ at 2019年11月19日 23:00
「味方の攻撃は」は「こっちの攻撃は」の方がすんなり読めるように思います。
Posted by at 2019年11月20日 18:13
Posted by ハインフェッツ at 2019年11月19日 23:00
騒音問題以外にも、水深が深いと水圧が大きくなり、打ち出すのに必要な圧縮空気の量が増えるからという面もある。
(WW2までは100mぐらいだが、現代は300から600mぐらいまで潜る)
Posted by at 2019年11月21日 19:29
魚雷発射の号令は発射や撃てではなくファイアーです。
Posted by at 2020年01月21日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: