2019年12月31日

第97話 日・グ大海戦P2


「あ……あれはっ!!」

 アウロネスの前には、今までとは違う……数十発の誘導弾が視界に飛び込む。
 1発1発が巡洋艦を撃沈しうる威力を有する敵の攻撃。
 それが見える範囲だけでも数十発飛来する。
 防ぎようが無い。
 絶望が全身を支配した。

「おのれっ!!おのれっ!!おのれぇぇぇっぇ!!!!」

 怒り、恐怖、絶望。
 言い様の無い感情がアウロネスを包む。
 帝国は未だ敵の痕跡さえも掴めていない。
 射程距離、いや、探知すらさせぬ位置から一方的かつ正確、そして規格外の破壊力を有する連続した敵の攻撃。

 破壊は艦隊に到達した。

「巡洋艦スターズ、モールス、カイオウ着弾!!」

 次々と帝国艦隊が……艦の大きさを遙かに超える爆炎に包まれる。

「輪形外郭部、第3駆逐艦隊連続着弾!!8隻全艦轟沈!!」

「第3駆逐艦隊全滅!!被弾した巡洋艦スターズ、モールス、カイオウの3隻についても轟沈!!」

 アウロネスは震え、ながら海上を睨み付ける。

「こんなことが信じられるかっ!!俺は悪い夢でも見ているのかっ!!我らは最強のグラ・バルカス帝国海軍ぞ!!」
 
 絶望的な報告、頭に入ってこない。
 敵の対艦誘導弾は目視できる範囲でさらにその数を増やしていく。

「バカなっ!!バカなっ!!バカなぁぁぁぁ!!」

 増え続けるダース単位の被害。
 もはやまともな指揮を出来る状況では無くなった。

「はっ!!」

 海上から上に上がった誘導弾の一つがこちらを向く。
 1発のミサイルが艦橋を指向した。

「おのれぇぇぇがぁぁぁぁぁつ!!!」

 航空自衛隊F−2戦闘機10機から放たれた多数の93式空対艦誘導弾(ASM−2)
 40発、そのうちの1発は海面スレスレを時速1150km以上で飛行し、敵艦を捕らえた後、一度上昇。
 赤外線イメージ誘導は的確に艦を捕らえ、ミサイルは斜め上から艦に突入した。
 グラ・バルカス帝国先遣艦隊の第2艦隊旗艦クウェーサの艦橋に突き刺さった対艦誘導弾、はその威力を開放し、艦橋中にいたものは即死。
 猛烈な爆発で上部構造物を吹き飛ばす。

 グラ・バルカス帝国第2艦隊司令アウロネスは光と共にこの世を去った。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 16:09| Comment(6) | 小説
この記事へのコメント
(-人-)ありがてえ、ありがてえ、これで年が越せる・・・
Posted by at 2019年12月31日 16:12
「旗艦クウェーサの艦橋に突き刺さった対艦誘導弾、はその威力を開放し、艦橋中にいたものは即死」→「旗艦クウェーサの艦橋に突き刺さった対艦誘導弾は、その威力を開放し、艦橋中にいた者は即死」では?
Posted by at 2019年12月31日 17:37
作中の時刻について少し気になった点
魚雷を受けたのは夕日が沈む時で、その後でアウロネス司令は誘導弾を目視しているので、まだ空は明るいようです。
一方、「覇王の行進3 P5」では、F−2戦闘機10機の攻撃時刻は日没後の夜となっています。
Posted by at 2019年12月31日 21:57
さらに200kmくらい東西に離れている印象の描写に見えるってことですか。
Posted by at 2020年01月01日 20:54
>>海上から上に上がった誘導弾の一つがこちらを向く。
>>40発、そのうちの1発は海面スレスレを時速1150km以上で飛行し、敵艦を捕らえた後、一度上昇。

全体のことを表現するなら
「そのうちの1発は」→「その1発1発は」又は「それらは」

特定の1発を強調するのなら
「敵艦」→「敵旗艦」

…というのはどうでしょうか
Posted by at 2020年01月11日 07:34
アウロネスは震え、ながら海上を睨み付ける。

→アウロネスは震えながら海上を睨み付ける。
Posted by at 2020年02月07日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: