2020年01月30日

第98話 日・グ大海戦2 P1


 ロデニウス大陸南方海域上空
 グラ・バルカス帝国 第2先遣艦隊所属 海軍航空隊迎撃機

 太陽が沈み、徐々に空は光を失っていく。
 海軍航空隊第5飛行小隊所属のクラ・ダークヤミーは微かな不安を覚えていた。
 帝国の誇るアンタレス型艦上戦闘機の絶対たる性能に不安は無い。
 しかし……

「帰還は夜になるのではないか?」

 夜間の発着は危険すぎる。
 空母がしっかりと明かりをつけてくれれば良いが、戦闘中の場合、自らを目立たせるような危険な事をする訳が無い。
 ライトで空母を照らすことも禁じられるだろう。
 誰もが気づいているはず……しかし、誰も文句を言わない。
 
「さっさと片付け、海が漆黒の闇に包まれる前に帰ろう」

 独り言が漏れ出た。
 付近を見渡すと、最強たる帝国海軍航空隊のアンタレス型艦上戦闘機の大編隊が飛行する。その数92機。
 敵の攻撃機はおそらく50から80の間。
 出撃前の作戦会議で、敵の技術は我が国よりも進んでいるかもしれないという内容の教示を受けた。

「フン、どうせ大したこと無いだろう」

 彼は転移直後を思い出す。
 最初の作戦会議では、敵は竜を操り、全く未知数であり、さらに生物のため急旋回が可能である可能性も指摘され、十分注意するように指示を受けた。
 レイフォルとの戦いになった時、敵の竜は今までよりも大幅に速度、旋回性能が上がっているとの情報があるため、十分に注意するよう指示を受けた。
 ムーとの衝突では、列強上位国家との戦いであり、事前情報と異なる性能を発揮する可能性があるため注意するよう説明を受け、神聖ミリシアル帝国との衝突では、列強最上位国家であり、敵戦闘機はプロペラを使用していない。
 我が方の戦闘機を陵駕する可能性すらあるとの説明を受けた。
 しかし、そのどれもがこのアンタレス型艦上戦闘機の敵ではなく、唯一注意しなければならないのは神聖ミリシアル帝国の「天の浮船」と呼ばれるプロペラの無い、魔法を使った航空機のみだった。
 その「天の浮船」でさえも、性能面からはアンタレス型艦上戦闘機に遠く及ばなかった。
 百戦錬磨の彼らは、今までの経験則から必勝を確信する。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:32| Comment(15) | 小説
この記事へのコメント
更新お疲れ様です。
Posted by at 2020年01月30日 20:36
更新ありがとうございます
Posted by at 2020年01月30日 20:36
けど100機近く発艦を許すだけの時間を与えちゃダメな気もする・・
Posted by at 2020年01月30日 20:36
更新ありがとうございます!
魔帝戦までは日本のワンサイドゲームになることを期待してます!
Posted by at 2020年01月30日 20:38
>>夜間の発着は危険すぎる
帰りのときを心配しているので
「発着」→「着艦」
でもよいかと思います
Posted by at 2020年01月30日 20:50
この所属、第1艦隊ないし第1先遣艦隊が正しいのでは?
第2のほうが全滅していたはず。
Posted by at 2020年01月30日 21:48
更新ありがとうございます。
Posted by at 2020年01月30日 22:10
まだ無線は使えていそうかな

レーダーを使った航空管制あれば暗くても戦えそうと思っているのかもしれないな
Posted by at 2020年01月30日 23:00
発艦数が多すぎです
ミッドウェー海戦で(24機)の発艦所要時間は4分ですが、24機以上になるとエレベーターを使って甲板に並べ直さないといけないので並べ直す時間が1時間かかりますので、100機だと4時間かかります。
WW2の米軍の油圧カタパルト方式だと更に時間がかかります。
Posted by at 2020年01月30日 23:12
100機だと3時間の間違い
Posted by at 2020年01月30日 23:13
確かに多いけど空母は数隻あるんだぜ
Posted by at 2020年01月30日 23:13
なるほど
25機程度急速発艦できる空母が4隻以上はあるということですね
Posted by at 2020年01月30日 23:52
遠征艦隊総数約1200隻中、空母は約100隻
各分艦隊に同じ比率で空母が配備されていると仮定すると
第一先遣艦隊は200隻以上なので、推定される空母の数は・・・
Posted by at 2020年01月31日 08:18
クラ・ダークヤミーの名付けの安直さよw
Posted by at 2020年01月31日 08:55
百戦錬磨、か……
自分らより数段劣る機体を相手に百戦したところでなあ……
前世界からとことん同格の敵がいなかったことが、グ帝の一番の悲劇だなあ
Posted by at 2020年02月02日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: