2020年01月30日

第98話 日・グ大海戦2 P4


『エアウルフから艦隊司令、艦隊東方30km、海面スレスレに飛翔物体多数。
 これより迎撃する!!』

 東方の低空を警戒していたエアウルフ部隊、目の良い隊員が奇跡的に対艦誘導弾を上空から目視した。
 超高速で4本ほどが、海面を這うように飛行している。
 エアウルフ隊の数15機。

「速いな……しかし間に合う!!!」

 自機を遙かに上回る速度でロケットのような飛翔体が艦隊へ向かう。
 彼らは急降下を開始した。
 スロットルを全開にして、急降下を開始する。
 機内ではエンジン音と風切り音が織りなす不快な合成音が鳴り響いた。
 照準器をのぞき込み、彼の人生で最大の集中力を発揮した。

「飛翔体は速い!!チャンスは一撃のみだ!!必ず落とせぇぇぇぇぇぇ!!」

 ダダダダッ!!ダダダダダダッ!!!!
 アンタレス型艦上戦闘機15機から、連続して機関砲が射出された。
 15機もの戦闘機から超高速で連続して打ち出される砲弾。時折混じる曳光弾が空を染め、幻想的な風景を織りなす。
 初速750m/s(時速2700km)で繰り出される高速弾。
 毎分520発の連射性能を誇るグラ・バルカス帝国製の20mm機関砲が吼えた。

 おおよそ12秒、たったの12秒で携行弾数100発、2門で200発を撃ち尽くす。
 各機200発、15機で3000発もの砲が、飛翔体に向かって打ち出された。
 
 機関砲弾は、連続して海面に着弾し、爆発を起こした。
 海水は、上空へ投げ出され、多くの水しぶきが上がる。

◆◆◆

 旗艦バルサー艦橋
 
 前方約30kmで、直掩についていたエアウルフ隊が猛烈な機銃の嵐を撃つ。
 艦橋からもはっきりと見える光の嵐。

「どうだっ!!やったかっ!!!」

 突然の誘導弾の攻撃。
 すべての想定を上回って来る敵の攻撃に、参謀デルンジャは恐怖を覚える。

「友軍戦闘機から報告!!命中弾なし!!」

 背筋に悪寒が走った。
 前方の駆逐艦から猛烈な対空砲火が水平射撃に近い状態で放たれる。
 各艦はすぐに対空砲を放ち初めた。

「敵ロケット上昇!!!」

 各艦の攻撃は上に向き、空に向かって光の雨が行く。
 
「何故当たらないっ!!!!」

 誰かが叫んだ。
 上空へ上がったロケット弾のうちの1発は、放物線を描くような機動を取り、獲物を狙うかのごとく巡洋艦ベルナンテに向きを変えた。

「巡洋艦ベルナンテ、チャフ及びフレア(欺瞞装置)射出っ!!!」

 巡洋艦から大きな光の弾が多数出現する。
 艦からなるべく引き離すかのように、猛烈な数の熱源体が射出された。
 合わせて、アルミ金属片を含んだ霧が艦を覆う。
 艦の周りは熱源体の発する光がアルミ片に反射され、光のオーラを纏う。

「どうだっ!!これが先進技術実験室の出した答えだっ!!」

 熱源誘導に対してはフレアを。
 電波誘導に対してはチャフを。
 どちらも効果があるはず……先進技術実験室第1級技師カンダルは、絶対の自信をもって、巡洋艦ベルナンテを見るのだった。


 海上自衛隊BP−3Cから放たれた93式空対艦誘導弾(ASM−2)、終末誘導に採用されている赤外線イメージ誘導は、チャフやフレアに欺瞞されること無く、正確に巡洋艦ベルナンテに時速1150kmで着弾した。

 初歩的誘導システムであれば、帝国の欺瞞装置は効果を発揮することが出来たかもしれない。
 赤外線イメージ誘導……日本国の技術は、グラ・バルカス帝国の想像を遥かに超えたものだった。

 猛烈な炎球が海上に出現し、暗くなりかけた海を……天を照らす。
 炎球は艦隊を包み込むほど強大であり、僅かに遅れて耳を覆うほどの爆発音が響き渡った。

「ああっ!!」

「巡洋艦ベルナンテ、駆逐艦バリスター、戦艦ピート及びリカータ被弾!!」

 無機質な報告が艦橋に響く。
 チャフやフレア(欺瞞装置)に騙される事無く、敵弾は正確に着弾した。
 
「な……何故だっ!!何故当たる。まさか、魔法で誘導しているのか?」

 魔法をいう分野は未開拓だ。カンダルは日本国の誘導弾が魔法で誘導している可能性に至り、力が抜けて呆然と立ち尽くした。
 視界の先には燃えさかる巡洋艦があった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 20:46| Comment(27) | 小説
この記事へのコメント
魔法って便利だなww
有能なら、日本側はチャフフレア対策されてる可能性?ってか
宝大陸など含めても
チャフフレアに関して紹介はされてるだろww
アメリカとかフレア回避を芸術的に演出してる映像や画像多いのに
Posted by at 2020年01月30日 20:48
レシプロ機、しかも目視照準で
亜音速の誘導弾に接近して迎撃って”奇跡”でもなければ
射程内に入る事も、まして照準する事も無理だと思うが...
Posted by at 2020年01月30日 21:13
先進技術実験室よ
貴様には、一級フラグ建築死の称号をやろう
Posted by at 2020年01月30日 21:16
「正確に巡洋艦ベルナンテに時速1150kmで着弾した」

「着弾した」より「命中した」の方が良いと思います。
Posted by at 2020年01月30日 21:21
>>炎球は艦隊を包み込むほど強大であり

艦隊 → 艦全体 または 艦体  でしょうか
Posted by at 2020年01月30日 21:23
「炎球は艦隊を包み込むほど強大であり」 → 「炎球は艦全体を包み込むほど巨大であり」 だと思います。
Posted by at 2020年01月30日 21:53
まあ、こうなりますよね。
先進技術実験室の名誉のために言えば、誘導兵器も持たない帝国基準で考えた場合、ちゃんと10年先、20年先を行っているはずなんです。
…半世紀相当と言う時の暴虐を埋められないだけで。
Posted by at 2020年01月30日 22:08
艦隊と艦体の誤字は書籍版にもあったよなぁ・・・
Posted by at 2020年01月30日 22:14
ドイツは逆探知で探知できない波長のレーダーに気がつかず、装置から漏れる電波の対策して時間を浪費したそうだけど、グ帝も間違えるかもしれないな
Posted by at 2020年01月30日 23:24
ただ半世紀前に行ってるだけじゃなくて冷戦という世界中が兵器の実験場みたいな時代を何十年も続けての半世紀だからな
Posted by at 2020年01月31日 00:45
>>カンダルは日本国の誘導弾が魔法で誘導している可能性に至り、

おお、なるほど。ではこれ以降、グ帝は『魔法誘導とその妨害』について研究を始める事に!?
となると、科学技術の方は引き続き真空管、グ帝技術によるトランジスター発明のルートは遠のいた、という事に・・・
Posted by at 2020年01月31日 00:46
「高度に発達した科学技術は魔法と区別がつかない」by ポール・アンダーソン?ということで、正しい反応ですね。誘導弾による攻撃は確実性を上げるため通常2発で1目標を同時に攻撃するのが定石ですが、今回はターゲットの数が多いので無駄弾は撃てない。どうするんでしょうね。真打は89式長魚雷の有線誘導による艦底爆破になるか。一発必中一撃必殺だし。
Posted by ノモンハン桜 at 2020年01月31日 05:08
艦隊の総艦艇数以上の誘導弾が発射されているようなので、各艦1発以上割り振っておけば、初撃に耐えられた艦があっても、その他被害艦の生存者収容やらいろいろしなければならないことが噴出して戦闘行動なんて出来ないわな
Posted by at 2020年01月31日 10:34
ASM-2って、P-3Cじゃ撃てないよね
F-1,F-2,F-4じゃないとたぶん無理
BP-3Cとやらはそのへんかいぞうしているのかねえ・・・
Posted by at 2020年01月31日 12:48
魔法をいう分野

魔法という分野 ですね
Posted by at 2020年01月31日 13:05
>>誘導弾が魔法で誘導している可能性

誘導している → 誘導されている

Posted by at 2020年01月31日 16:11
>「高度に発達した科学技術は魔法と区別がつかない」by ポール・アンダーソン?

 クラークの三法則だと思う。
 アーサー・C・クラークが定義した以下の三つの法則。

1
高名で年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。
2
可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。

3
十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。

第3法則を知り、神の目線で見ている読者からすれば、的外れに見えるかもしれないけれど、現場の視点、かつ、限定された状況から見ればそうとしか思えないと思う、ついでに言うと、その手の研究は当然なされているだろうし、今後はその手の兵器も銭湯も出てくるんじゃ無いかな。
 そう言う意味では、魔法と科学のハイブリッドを考えた、カンダルは今後の展開を予測する事が出来る天才なのか(-_-;)
Posted by kurou at 2020年01月31日 22:01
「エアウルフから艦隊司令〜 」 → 「エアウルフから艦隊司令部(本来は符丁を使用)〜 」

あと以前の話でここで蒸し返すのは変だがついでなので

「〇〇艦隊司令」 → 「〇〇艦隊司令官」
※グ帝も海軍(旧軍)同様の親補職ならば

「司令」の官職は艦隊の隷下の「戦隊司令」
Posted by at 2020年02月02日 16:25
P-3Cだとハープーン4発だった気が……
P-1だとASM-2かハープーンを8発と対潜爆弾4発が標準だけど爆弾庫のハードポイントを改装すれば12〜16発いけるかな?
Posted by at 2020年02月02日 17:26
「エアウルフから艦隊司令、・・・・・」の交信の場面は「エアウルフから艦隊司令部、・・・・・」と指揮官ではなく指揮所を呼び出すものでは(また指揮所も本来は符丁を使用するのでは)

あとついでに艦隊の指揮官の役職は「艦隊司令」ではなく「艦隊司令官」で「司令」を使うのはその下にぶら下がっている戦隊(航空戦隊、水雷戦隊等)の指揮官を示すのでは
Posted by at 2020年02月02日 18:28
すみません
以前書いていたのが消えていたので同じようなのをまた書いたら出てきました
Posted by at 2020年02月02日 18:30
>Posted by at 2020年02月02日 17:26
爆弾庫内のハードポイントは対艦ミサイルの重量には耐えられないんじゃ?
それを改装しようと思ったら、機体構造そのものから変更しなければならないおそれがある。
Posted by at 2020年02月02日 20:36
零戦相当の機体だと構造的に急激なタイブを行うと主翼破損からの空中分解になる。分解しない程度のダイブでも操縦管が重くなり引き起こせずにそのまま海面に激突するのでベテランのパイロットは行わない。米軍側から記録された映像で特攻機が海面に一直線に突っ込んでいるのは、この特性を促成教育受けた予科練が理解できていなかったのが原因。機首起しができないので機体をコントロールできない。
Posted by M6A1 at 2020年02月03日 03:35
「上空へ上がったロケット弾のうちの1発は、放物線を描くような機動を取り」

機動→軌道

かも?
Posted by at 2020年02月07日 03:22
時折混じる曳光弾が空を染め、幻想的な風景を〜

→作者様は[幻想的な風景]が好きですな
Posted by さわわ at 2020年02月10日 11:49
玄奘的な光景
Posted by at 2020年02月10日 22:35
第2先遣隊もBP−3Cで平らげたと思っていたが【P5】で「第1先遣隊にミサイルミサイル250発以上の飛来」の答え合わせが来て、いったいだれが第2先遣隊を絶滅させたのか?
F2の40発(〜140発)
潜水艦は「おうりゅう」だけでなく5〜11隻の潜水艦隊だったのでしょうか? きっと次の作戦で答え合わせが来るのでしょう。
Posted by at 2020年02月13日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: