2020年02月11日

5巻特典ファルタス提督P2


■ マギカライヒ共同体 陸上自衛隊 ムー国派遣調査団 仮設テント

 グラ・バルカス帝国の脅威がムー国にも広がり、再三にわたる軍事支援の要請が日本国政府に対してなされていた。
 日本国政府は、本隊派遣は別として、そもそも空自や陸自がムー国へ迅速に展開可能なのか調査するため、調査団を派遣している。
 同調査団に任命されていた百田太郎は、本省から届いた辞令書に目を剥いた。

「こ……これは……」

 トーパ王国へ、有害鳥獣駆除の国際貢献として派遣された件を思い出す。
 作戦名、『オペーレーション・モモタロウ』。
 先遣小隊として派遣されたはずが、すでに民間人が食害されている状況で、本隊の到着を待っていては民間人に甚大な被害が出ると判断、本隊の到着前に魔王軍≠ニ呼称する生物群と戦った。
 個体名・魔王はとても強く、91式携帯地対空誘導弾を防ぎ、12・7o機銃をものともせず、装甲車の放つ35o機関砲を生身で防いだ。
 派遣小隊が持っていた最強の攻撃力である戦車砲、120o滑腔砲でようやく撃破に至った。
 単一の生命体としては、信じられない存在である。
 あんな害獣とは二度と戦いたくないというのが正直なところだ。

 しかし、目の前にある1枚の紙は、無慈悲である。

『マギカライヒ共同体からも、有害鳥獣駆除を目的とした自衛隊派遣依頼が来ている。
 獣の脅威度を計るため、事前調査を実施せよ。』

 前回は日本国から比較的近く、魔王軍という勢力で出現したために、調査であっても小隊を派遣できた。
 しかし、今回の害獣は単体であり、脅威度がわからないにもかかわらず、戦車を遥か遠く離れた日本国からはるばるここまで持ってくるわけにはいかない。
 上の言い分は理解できるが、今回も仮に差し迫った脅威があり、戦いに突入することになった場合、前回のノスグーラのような存在であったらと思うと、百田は気が気ではなかった。
 第二文明圏の国家が、わざわざ日本国に要請してくるほどの獣だ。隊員の命を危険にさらしてしまう可能性が高い。
 事前調査団への重武装を強く進言した結果、左記の通り調査団の派遣が決定した。

○ 軽装甲機動車3台
○ 高機動車5台 (内1台は93式近距離地対空誘導弾装備)
         (内1台 中距離多目的誘導弾装備)
○ 各種歩兵兵装搭載
○ 要請により、AH−1S 3機が出動できるよう待機

 百田としては不満な内容であったが、ないよりはマシである。
 これらの車両は空輸にて、マギカライヒ共同体首都近郊のバルーン平野へ輸送されることとなった。

■ 数日後 バルーン平野

 平野に展開する多数の兵士たち、馬に牽引された魔導砲、そして騎士たちが整然と並び、後ろには航空戦力であるワイバーン25体が控えている。
 部隊をまとめるマギカライヒ共同体首都防衛部陸上隊将官ルイジルが後方の仮設司令部で待機しており、傍らに立つファルタス提督に作戦書をチェックしつつ話しかける。

「まもなく日本軍が到着しますので、合流後、現況を併せてご説明いたします」

「わかりました。それにしても……」

 ファルタスはバルーン平野に隣接する森のほうを見る。
 突如として建ったという石の塔は、木の根や土が絡みついて禍々しく、とてつもない魔力を帯びていた。
 ファルタスは嫌な予感がして身震いする。
 しばらくして、何かを連続して叩くような音が飛来し、ルイジルたちが見たこともない形の飛行物体が現れた。

「なんと……面妖な……」

 細長い箱の上の前後で、ぐるぐると何かが回転する、数機の飛行物体だった。
 近づくにつれて大きくなる音に、思わず耳を塞ぐ。やがてそれはゆっくりと着陸し、中から機械式の車を降ろした。中には吊り下げてある車もあるようだ。
 車輌は全部で8台。配置につく頃、日本軍の展開を指示していたまだら模様の服の男が、ルイジルの前に立ち、ビシッと敬礼する。
 マギカライヒ共同体では、指揮官は比較的きらびやかな服を着る文化があるので、ルイジルから見ると日本軍はひどく野蛮に見えた。

「日本国陸上自衛隊、国際派遣部隊先遣隊長、百田太郎と申します」

「マギカライヒ共同体のルイジルといいます。この度は学院連合(政府)の要請を受けていただき、感謝します」

「我々は脅威度を測定するための先遣隊です。概要をお聞かせ願います」

 百田は、すでに軍が展開している光景を目にし、嫌な予感がしていた。

「はい、実は……」

 ルイジルはファルタスに語った説明を百田にもする。

「なるほど、ここがその最前線というわけですね」

「ただ、その魔物は突然足を止めました。敵の出方を見ていたのですが、一夜にして、突然……あの塔が現れたのです」

 土が付着した、禍々しい石の塔を指さすルイジル。
 塔の下には何か大きな柱状のものが突き出て、地面を押し上げたようにも見える。

「では、あの塔については何もわかっていないということでしょうか?」

「はい。化け物があの場所で進軍を停止したということ、そしてあの場所にも魔帝の遺跡が存在する可能性が指摘されていた程度です」

「そうですか……」

 百田もファルタスも、嫌な予感がますます強くなる。

「自衛隊の皆様の本隊を待ってから、という意見もあったのですが、首都までたった50qという場所にできた、意味不明な塔を放っておくわけにはいきません。我々はマギカライヒ共同体首都防衛部の威信をかけて、これより塔に総攻撃をかけるつもりです。その戦いを見て、脅威度を判断して頂きたい。もしも……万が一のことがあれば、多くの部隊派遣をお願いします」

 ルイジルの目は決意に満ちていた。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:12| Comment(1) | 小説
この記事へのコメント
>前回のノスグーラのような存在であったらと思うと、
ノスグーラではなく魔王ですよねってもう遅いか(笑)
Posted by 通りすがり at 2020年02月12日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: