2020年02月20日

第99話 超空の要塞P2



「敵の攻撃は防げないという事が解った。弾切れの可能性は無いのか?」

「考えにくいだろう」

「我が方は大艦隊だが、敵が弾を1000発用意できないとは思えない。相手の位置が全く解らないのであれば戦いようも無いぞ。
 このままでは、この帝国連合艦隊が!!栄えあるグラ・バルカス帝国海軍が手も足も出ずに……全滅する可能性すらある!!」

「敵基地の位置すら解らないのか?」

「それについてですが!!」

 さきほどの報告者が発言する。
 話の途中で幹部から割り込まれたため、発言の機をうかがっていたのだった。

「本国から入電がありました。
 敵はロデニウス大陸のロウリア王国基地、クイラ王国基地及び、島国ナハナート王国基地から飛び立ち、攻撃してきたと現地諜報員から報告があったと……」

「と、言うことは……」

 カイザルの目が光る。
 
「軍本部に連絡、リーム王国駐留艦隊は即時日本国へ向かい出撃。リーム王国内の陸軍航空隊については、王国内空港から離陸し、日本本土へ攻撃隊を差し向けよ。
 王国の艦隊も戦力にはならんだろうが、使え。
 数があることに意味がある。
 それと、本国軍へ、超重爆撃連隊の派遣を要請、同時攻撃を行うよう伝達せよ。
 我が艦隊にあっては、このままナハナート王国を目指し、日本軍基地を攻撃する!!」

「しかし、チエイズとグルートでの補給無しでは日本本土まで航続距離が届きませぬ!!」

「解っている。リーム王国から帝国海軍が出撃し、陸軍航空隊も出撃し、さらに超重爆連隊も来たとなれば、奴らは本土防衛を優先せざるをえない。
 他にも攻撃があってはならないため、弾薬に限りがあるなら本土防衛にまわすだろう。
 チエイズとグルートで我が軍が補給してから行くと、日本軍にも補給の時間を与えてしまう。
 敵は我らを研究している。当然奴らも我が方が補給を行った後に来ると想定して作戦を組んでいる事だろう。
 ならば、奴らに補給の時間を与えず。先行してリーム王国からの出撃をさせることによって奴らの戦力集中を阻害し、大艦隊をもってナハナート前線基地をたたく。
 これが成功せぬなら、今の技術格差では何をやっても成功せぬだろう。
 ナハナート王国攻撃後は一度チエイズとグルートで補給を行い、今後の作戦を考える事とする」

「本土やリームからの攻撃こそが囮……と申されるか」

「超重爆連隊ならば、もしかすると日本の攻撃が届かない可能性があるかもしれない……。それに、日本国がリーム本土を攻撃するのかも興味がある。
 今後の運営に関して参考になるだろう」

「自国の本土へ攻撃隊を送り込んできた国を攻撃せぬ訳がございません」

「普通は……な。情報局の断片情報だが、あの国は特殊だ。
 今まで我が方が……日本国に対して驚異評価を低く見積もっていたのも、あの国独自の外交方法があったからだ……まあ良い。
 少なくとも奴らに大きなダメージすら与えずにやられるようなことはせぬ!!」

 グラ・バルカス帝国海軍連合艦隊司令長官、猛将カイザルは燃料補給無しでナハナート王国に向かい、突き進む事を決意するのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:03| Comment(23) | 小説
この記事へのコメント
>日本国に対して驚異評価を低く見積もっていた
「脅威」では?
Posted by at 2020年02月20日 22:11
大和そっくりの戦艦が「ナハ」ナートに突っ込む、か…
Posted by at 2020年02月20日 22:52
『燃料補給無しでナハナート王国に向かい、突き進む事を決意』
これって、戦艦が洋上で立ち往生する自体の前触れ?
太平洋戦争でも小沢長官が燃料が足りぬといって、随伴駆逐艦が空母瑞鶴に給油させられるという日本海軍史上唯一の珍事が発生したとか・・・
Posted by at 2020年02月20日 23:40
王国の艦隊も戦力にはならんだろうが、使え。
<日本に向けて軍艦を向けさせなければ、『日本が自国を侵略しようとした国を、支援した国にどれほど攻撃するか』の試金石になるが、『直接日本に攻撃の意思を見せた』らその使い道は出来ないんじゃない?
Posted by at 2020年02月21日 05:32
超重爆撃機…B-29か富嶽かな?
連山なんて変化球もあるか?
Posted by at 2020年02月21日 16:03
技術レベルがアンタレスと同程度の爆撃機なら、攻撃を阻止できないことはあってもアンタレスが全くとどかないことは考えにくいはず

何だろう例外的な機体なのかもしれないが…
Posted by at 2020年02月22日 04:32
名前は違うだろうけど航続距離や超重爆撃機というから富嶽だろうなあ。
カタログスペックしかないけど、よく考えるとかなり劣化したパルキマイラと言えなくも無い能力なんだよな。
Posted by at 2020年02月22日 18:43
猛将カイザルとなっているが名将になれるかな?
ナハナート王国攻撃後に撤退という流れであるが損害の許容がどれくらい「見極め」ているか
もっも幕僚や隷下の戦隊司令 艦長がメンツにこだわったら損害は大きくなるが
後の評価になるが名将の条件としては「逃げ足の速さ」が一番の条件だけど
Posted by at 2020年02月23日 07:50
燃料は補給できるけど弾薬は限りあるんじゃ。

無駄に寄り道して本土を空爆する弾薬を残せるのかな?
命中率が悪いんだから。
Posted by at 2020年02月23日 16:19
なーにメンツや命令違反なんて気にする必要はない
カイザル含めここで全員死ぬんだから
Posted by at 2020年02月23日 23:42
連山でも一応高度1万はいけるのか
Posted by at 2020年02月24日 14:25
日本のエンジンでターボの実験が成功したのは金星のみだな、空気取り入れ口から水メタノールの入れるかなり無理がある冷却仕様の試験機で高高度性能の向上を確認してる

ただ誉は蒸発しづらい日本のガソリンだと高度上がると混合気不均衡で馬力上げられないから十分に過給すると壊れる

疾風の酸素噴射の試験機で混合気不均衡を克服したから実戦で使える冷却器を開発できたら連山も可能性は有る
Posted by at 2020年02月25日 01:47
グ帝の空母が間合いの詰め方下手で飛行場に先制攻撃出来なかったのは飛行場の位置を知らなかったからと思ったけど、現地諜報員がいるなら飛行場を知っていたと考えた方が自然だな

知っているのに何で飛行場に攻撃隊を出す気配が無かったのか不思議だ
Posted by at 2020年02月25日 01:48
離発着見てた諜報員いたなら戦闘機の速さに知ってたと思うけどな。
諜報員が無能なのか
どこかで情報信じないで連絡とめた戦犯がいるのか
Posted by at 2020年02月25日 09:37
現地諜報員「ワイバーンよりもかなり大幅に速かった!」


…間違ってはいないw
Posted by at 2020年02月25日 15:02
いつも面白く読んでおります。
大変楽しいです。
Posted by 末人 at 2020年02月26日 17:36
カイザルと上層部に情報がやっと届いたくらいなんだから
どっかの中間職が諜報員の得た情報を
余りにも技術差がありすぎて嘘とか欺瞞とでも思ったんだろ
人は自分の経験してきた事の中でしか判断できないからな

どこぞのフルボッコされた皇国と一緒で
技術・戦力差を気づいた頃にはもう滅亡寸前
Posted by at 2020年02月27日 15:14
無補給。
第二先遣艦隊生き残り9隻。
なるほど

Posted by at 2020年02月28日 20:23
>少なくとも奴らに大きなダメージすら与えずにやられるようなことはせぬ!!
大きなダメージは与えてるんだよな、日本人の血税に。
Posted by at 2020年03月03日 21:49
「少なくとも奴らに大きなダメージすら与えずにやられるようなことはせぬ」?
無駄だと思うけどなあ。
ナハナート基地が壊滅したところで、日本にとってはかすり傷にしかならないんだし。
Posted by at 2020年03月09日 08:09
貴重な自動車輸送船を沈めらてるからねぇ
グ帝の艦艇400隻程度では割にあわない
Posted by at 2020年03月18日 23:26
陸軍航空隊は陸軍の、ひいては陛下の隊である!
海軍が命令するとは何事か!統帥権干犯である!
Posted by at 2020年03月22日 22:13
Posted by at 2020年03月03日 21:49

昔読んだ軍事雑誌でF2を
「国民一人頭百円でああいうモノが買えた」
と、総括してる記事があってな…

その理屈で行くと、血税っつっても結構リーズナブルに安全が買えたって勘定になりそう。
Posted by ハインフェッツ at 2020年03月30日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: