2020年04月27日

第100話超空の要塞2P4


◆◆◆

 マイラスと基地司令は管制室に移動していた。

「ECM作動!!」

 日本から見ると初歩的なECM(電波妨害)が作動する。
 大きなアンテナが、敵の進路方向に向く。

「出てきましたぞ!!」

 一方、滑走路には局地戦闘機、試作型震電改が姿を現す。

 今までのムーの常識を覆す特殊なフォルム。
 本来逆向きに進んでいるのでは無いかとすら思わせる。

 根本的に異なるエンジン音。キーンといった甲高いサウンドが、飛行場周辺を覆った。

「管制塔よりX1,離陸を許可する」

 ゴォォォォォォ!!!
 震電改の後方からは、アフターバーナーが火を噴いた。
 圧倒的な推力重量比を生かして一気に加速し、離陸する。
 一定速度を着けた後、ムー国の今までの戦闘機では決して行うことが出来ない急角度で上昇し、空へと消えた。

「高度9000……10000……11000」

 レーダーを覗く女性職員が、無機質に試作機の状況を読み上げる。

「すごい!!なんて上昇力だ!!!」

 まるで日本国の戦闘機のように、今までのムーの機体とは異次元の上昇を続ける。
 マイラスは、自国がこれほどの高性能機を、試作機とはいえ持つに至った……感動がこみ上げる。

『こちらX1、敵機を目視で捕らえた。攻撃を開始する』

 試作型震電改は、グラ・バルカス帝国超重爆撃機グティーマウンに攻撃を開始するのだった。

◆◆◆

 超重爆撃機グティーマウン18番機

「まだ無線不調は直らないのか?」

「はい、先ほどから基地との通信は途絶しています。治る気配はありません」

 敵の刃が届かぬ超高空とはいえ、敵領土上空での無線の不調は気持ちの良いものではない。
 嫌な予感がする。

「念のため、敵の攻撃には注意せよ」

「はっ!!」


 下部機銃座に座るデンタルクは、ムーの領土が広がる下を注視する。
 良く晴れた日、地上付近に雲が張り付き、対流圏よりも遙か上空、成層圏と呼ばれる領域を航行出来るに至った帝国に誇りを感じる。

「ん!?」

 下から点のようなものが一瞬見える。

「まさか?この領域に航空機?」

 デンタルクの疑問は、一瞬で確信に変わる。
 遙か後方に点のように見えた航空機は一瞬で距離を詰め、見慣れぬ航空機が姿を現す。

「て……敵襲!!!」

 デンタルクは機銃を把持し、照準を合わせようとする。

「なにっ!は……速……」

 照準器の先で、敵機が射撃を開始した。
 急激に近づいてきた敵機は、下方から上方へ抜け、さらに高空へと駆け上がる。
 バリバリといった機関砲が着弾する音が聞こえた後、何かが発火する音、そして焼けるような熱が伝わってくる。
 翼では、5発回っていたエンジンのうち、1機から火が出た後にプロペラが止まった。
 急激に薄くなる空気……。

 上部機銃員は必死で応戦しているようだ。機関砲の発射音が連続する。

 デンタルクは薄れ行く意識の中、酸素マスクに手を伸ばし、装着した。

「はあっはあっはあっ……ばかなっ!!機関砲にこんなに威力があるはずがっ……」

 超重爆撃機グティーマウンは防弾仕様である。
 通常の戦闘機が装備している12.7mm機関銃はもちろんのこと、部分的には20m
m機関砲だってそう簡単には通さない。
 しかし、敵の攻撃はあっさりと我が機に穴を開け、与圧システムが作動しなくなってきた。
 高度が落ち始めているのだろうか、微かに体が軽い。

 ビーッビーッビーッ

 機内に緊急時のブザーが鳴り響く。

『来たぞ!!あいつだっ!!ちきしょう……なんて速さだっ!!』

 デンタルクの耳に、嫌な声が聞こえてくる。
 再びバリバリという音が聞こえ、爆発音と共に翼が燃え始めた。

「操作不能!!!操作不能!!」

 重力がめまぐるしく変化する。

「もう……だめかっ!!」

 デンタルクは脱出用パラシュートを背負い、必死で非常用ハッチを開けて脱出する。
 重力によって体が加速する。
 落下速度、風圧を受けながら彼は上を見た。

「て……帝国の最新鋭機がっ!!!」

 爆発炎上しながら墜落する超重爆撃機グティーマウン。
 彼は絶望しながらムー国領内に落下していくのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 15:48| Comment(31) | 小説
この記事へのコメント
>>レーダーを除く女性職員が

除く → 覗く

Posted by at 2020年04月27日 17:01
乗ってるのはエースパイロとでしょうから、単行本では震電側の描写がもっとほしいね
Posted by at 2020年04月27日 17:12
酸素マスクが携帯用なのか機体据付のものかは不明ですね
デンタルクが脱出時に酸素不足で気絶しなかったということは、携帯用マスクだったのか、または高度がかなり低くなっていた、と思われます。
Posted by at 2020年04月27日 17:34
下からの初撃は上昇力や速度で圧倒していないと出来ない、レシプロ爆撃機としては想定外だろうな
Posted by at 2020年04月27日 17:50
ジェット版震電改の性能は……。
最高速度900〜1000km/h、実用上昇限度15000m程度でしょうか。
Posted by at 2020年04月27日 17:59
なんちゅう、脆い船じゃ
Posted by at 2020年04月27日 18:09
「遙か後方に見えた航空機は一瞬で距離を積め」
の"積め"は"詰め"の方が良いんじゃないかと思います。
Posted by at 2020年04月27日 18:15
爆撃機は編隊組んで機関砲で弾幕張るってのだからね
単機じゃなおさらだね…
Posted by at 2020年04月27日 19:02
うわー、完全に舐めプ状態で単独行動なんてさせたから、日本との交戦前にムーに初戦果を献上とは。
…まあ本隊が消滅したら問題にもならないかもですが。
Posted by at 2020年04月27日 19:49
防弾使用 → 防弾仕様
Posted by at 2020年04月27日 20:58
ECMをグティーマウンに向けて無線妨害しているのに、迎撃に向かった震電改が無線交信できるのは、たぶん周波数の違いなんでしょうね
Posted by at 2020年04月27日 21:00
Posted by at 2020年04月27日 21:00
たぶんコンピューターが自動的に周波数を切り替えています。
Posted by at 2020年04月27日 21:58
「機関砲にこんなに威力があるはずがっ」
 ということは、グラ・バルカス帝国には口径20mmを超える機関砲は無いということですね。
 と言っても普通、30mmクラスの機関砲ならB29でも1発当たれば落ちるのですが。
Posted by at 2020年04月27日 22:02
機体不調で脱落した機が撃墜されるという逆パターンか……これは本隊生存フラグか!!(なわけないか)
Posted by at 2020年04月27日 22:38
添削馬鹿
インド人を右にじゃなければいいんだよ
単行本の際には直ってる
Posted by at 2020年04月27日 23:30
↑そんなこと誰だって分かっている
お前さんの言葉遣いの方が馬鹿を通り越して不愉快だ
Posted by at 2020年04月27日 23:57
唯一助かるパターンではないのか・・・
ご愁傷さま
Posted by at 2020年04月28日 00:07
Posted by at 2020年04月27日 23:30

誤字修正がここの目的の一つなのに
指摘しないでどうやって直すんや?
Posted by at 2020年04月28日 00:09
「まだ無線不調は治らないのか?」

「はい、先ほどから基地との通信は途絶しています。治る気配はありません」

 治る → 直る


【治ると直る】

「直る」との違いは、「生物に対してしか使われない」という点にあります。「直る」は生物だけでなく無生物や様子にも使えますが、「治る」はそれとは違い、人間や動物などの体の状態にしか使えないようになっています。
https://business-textbooks.com/naoru-difference/
Posted by at 2020年04月28日 00:49
ノー!日本の新型機だ!
Posted by at 2020年04月28日 03:32
 作戦成功

グティーマウン

 破壊率100%
Posted by at 2020年04月28日 06:28
噴式蒼莱ですな。好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=UADB1urGT00
Posted by at 2020年04月28日 12:52
>防弾使用
防弾仕様
Posted by at 2020年04月28日 15:02
迎撃機として震電改がが出てきたので次は主力戦闘機の疾風かな
個人的には飛燕・流星も出してほしいかな
流星も単座・細部改造すれば戦闘爆撃機(空中戦は一撃離脱)として運用できるのでは
エンジンについてはミリシアルに使用していないターボプロップもどきがあればそれを入手して改造すればマリンのエンジンから発展させるより早期に実用化できるのでは(主要部品は日本から供与になると思うが)
Posted by at 2020年04月28日 18:33
マイラスくん、墜落した機体の部品をすべて回収しそう。
Posted by at 2020年04月28日 19:13
Posted by at 2020年04月27日 23:30
誤字確認も兼ねてる
http://mokotyama.sblo.jp/article/173233693.html
事前にブログに投稿し、誤字や明らかにおかしい場所、矛盾する箇所等を訂正して小説家になろうに本掲載することを目的として、こちらに事前投稿します。
Posted by at 2020年04月29日 16:19
パイロットへのインタビュー

「あんなデカい的、外しようがあるか」
Posted by at 2020年04月30日 19:42
此処で誤字添削の報告しても、なろうで殆ど直ってない。
そのままコピーしているんじゃないかな。
Posted by at 2020年05月07日 14:11
>遙か後方に見えた航空機は一瞬で距離を積め、見慣れぬ航空機へと変わった。

言いたいことは一応伝わるのだが、この表現だと
航空機→航空機ということになり、「変わった」という
記述とはちぐはぐな感触がある。
Posted by at 2020年05月09日 16:01
防弾仕様はコックピットのみならわかりますが、機体全体を覆ったのでは重量が増えすぎます。航続距離が稼げないのではないでしょうか?
Posted by at 2020年05月20日 09:11
後に弾痕まで再現した超重爆撃機のコピーがムーで造られそう
Posted by at 2020年08月23日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: