2020年06月20日

第103話 リーム王国の落日P3


◆◆◆

 グラ・バルカス帝国リーム王国前線基地 地下防空壕

「お……おのれ……おのれ……これほどまでとはっ!!」

 地上では爆炎が吹き荒れている。
 いつこの場所が消滅するかも解らない。
 死の恐怖と隣り合わせで幹部ムルノウは怒り燃え、そして恐怖に震えていた。
 傍らに立つ部下が話しかけてくる。

「帝国がこれほどの反撃を受けるとは……日本国への打撃作戦は……」

「ああ、失敗とみて良いだろう。我が方の攻撃は圧倒的だった。
 規模においては大部隊であり、これを迎撃せずに大規模な基地攻撃を加えることは考えにくい。
 小規模ならあり得るがな。
 いずれにせよ、我が方は司令機能を完全に消失してしまった。
 攻撃が終わり、我が方の攻撃の戦果が確認出来たらすぐに脱出するぞ」

「はっ!!」

「帝国に……この情報を持ち帰らなければ……」
 
 ムルノウは、命を失わずに帰国する算段を考えるのであった。
 
◆◆◆

 パーパルディア皇国 皇都エストシラント

「お……お……おのれぇぇぇぇぇっ!!!」

 カイオス……かつてパーパルディア皇国の第3外務局局長として勤務し、現在は国家元首となった男である。
 普段は感情的になることの無い彼が、珍しく怒りに燃えていた。

 きっかけはリーム王国の竜騎士団がデュロを奇襲し、他国の商船と自国民に被害が出たことにある。
 
「かつての力は失ったとはいえ、我らはパーパルディア皇国ぞ!!我が国土を……街を……しかもたかがリーム王国如きが攻撃してくるとはっ!!」

 元々パーパルディア皇国の工業都市であったデュロは、パーパルディア皇国戦後、一時的にドーリア共同体という都市国家の一部となった。
 しかし、デュロレベルの工業都市では、日本の工業レベルに太刀打ち出来るわけではなく、独立したものの、物が全く売れずに失業者が続出する。
 軍事物資を求めて来る国家はあるものの、日本の圧力により軍事物資の輸出は見送られた。
 顧客はパーパルディア皇国がほとんどであり、関税がかかるため独立にはデメリットの方が多く、また市民は皇国人として生きていたため、パーパルディアへの回帰運動が起こり、民意によってパーパルディア皇国に再び吸収されていたのだった。

 カイオスは怒りが収まらない。
 日本国から攻撃が予想されるとの情報はあった。
 しかし、竜騎士団を集結させる前に攻撃が行われてしまったため、大多数は撃墜したがすべて防ぎきれるものではなく、被害も出たのだった。
 初老の秘書がカイオスに話しかける。

「グラ・バルカス帝国の基地があるので増長したのでしょう」

「リームの寄生虫どもめぇ!!聖地攻撃からあの国はいつか刃を向けてくると思っていた ワイバーンロード竜騎士団はリームを攻撃、艦隊もリーム王国首都へ派遣せよ!!奴らの首都を殲滅してやる!!!」

「日本国は大丈夫でしょうか?彼らが我が軍事行動をどう捉えるのか」

「日本なら大丈夫だ。我が国は国土に攻撃を受けた。
 自衛権を発動し、敵の軍事力を攻撃するだけだからな。
 自衛権発動に文句を言う国では無いし、むしろ裏では歓迎するかもな」

「では、首都殲滅は出来ないのでは?」

「軍事力には何が必要だ?」

「人員に装備、兵站でございます」

「それを支えているのは経済力だ。その源を根絶しようというのだ」

「暴論でございますが……私はカイオス様を支持いたします」 

 パーパルディア皇国は、リーム王国へ軍事力を差し向ける事を決定した。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:04| Comment(15) | 小説
この記事へのコメント
カイオスさん、久しぶり。そして、初老の秘書とやらは書籍じゃ名前付きそうですな
Posted by at 2020年06月20日 23:55
日本の腹は「このままパ皇軍にはリームに駐屯してもらって治安維持やらなんやらの人的リソースの負担を背負ってもらおう」って感じかな?
Posted by at 2020年06月21日 00:04
全ての恨みをリーム王国へ!カイオスさん良かったね。
Posted by at 2020年06月21日 01:27
>>我が国土を……街を……

作中の現時点で、デュロはパ皇国領になっているということですね
Posted by at 2020年06月21日 05:43
>グラ・バルカス帝国の基地があるから、何かと勘違いしたのでしょう

何か「を」勘違いしたのでしょう

が正しいと思います
Posted by at 2020年06月21日 07:50
>Posted by at 2020年06月21日 07:50
私もそう思いますが、むしろ「グラ・バルカス帝国の基地があるから、増長したのでしょう」と、はっきり言った方が良いのでは。

リーム王国は、自国が強くなったと錯覚して、墓穴を掘ったのですから。
Posted by at 2020年06月21日 09:06
>艦隊もリーム王国首都へ派遣せよ
リームの首都って内陸だったような?
Posted by at 2020年06月21日 10:00
知恵もないのに校正警察
グ帝の戦力が駐留しているおかげで「なにか勘違い」=いろいろ勘違いしているってことだろ
馬鹿は口を出さないで編集に任せて置け
Posted by at 2020年06月21日 11:56
>攻撃が治まり、我が方の攻撃の戦果が確認出来たらすぐに脱出するぞ」
治り→収まり では無いでしょうか?
シンプルに 終わり でも良い気がします。
Posted by at 2020年06月21日 12:00
別に初老の秘書という新キャラ出さんでも、シチュ的にエルトでもいいんじゃね?と思った
Posted by at 2020年06月21日 23:32
「小説家になろう」掲載の「揺らぐ大帝国5」欄外では、作者がこう書いています。

ブログ「くみちゃんとみのろうの部屋」では、数話なろうよりも先行配信しています。
(話の展開で大幅なミスをした場合の方向修正や、誤字対策です)
完全版ではありませんが、興味のある方は覗いてみて下さい

→先行配信が誤字対策でもある、という事はこれ以外にも度々記載されていたと記憶しています。
それらを読んでこちらへ来た読者は、誤字訂正は作者への愛であり応援と思って頑張って指摘しているのではないでしょうか?
(指摘した誤字が訂正されずに「なろう」に掲載されていてガックシきた事もままありますが)

外伝も含めて、発売されている「日本国召喚」は全て紙版で購入していますが、編集サイドの校正能力にはものすご〜く疑問があります。作品への愛が足りないんじゃないかって(言っちゃったよ)(個人的な感想です)。
Posted by at 2020年06月23日 00:47
民間を優先して攻撃するのは、アメリカの本土空襲みたいに相手の主権が国民にあると考える民主主義に染まってきた証拠。
カイオスさんも日本を相手にして考え方がこちら寄りになって来たみたいですね。
Posted by at 2020年06月24日 04:12
>軍事行動をどう捕らえるのか

捕らえるのか

捉えるのか



かと。

Posted by at 2020年06月24日 20:28
>>06/21、10:00
河を遡ったのかもしれない
中国みたいな大河が有れば戦列艦でも行けるんでは?
Posted by at 2020年06月30日 23:32
古代「まちがった指導者を選んだ国家のたどる悲劇だ・・・・・・」
Posted by at 2020年08月23日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: