2020年06月20日

第103話 リーム王国の落日P4


◆◆◆

 日本国 首都 東京 防衛省

「BP-3C爆撃連隊作戦完了、これでリーム王国に存在するグラ・バルカス帝国の航空基地はその機能消失を確認しました」

 通信員からの報告に、防衛作戦司令室はざわつく。

「なお、敵海上侵攻部隊、グラ・バルカス帝国艦船は戦力消失。リーム王国竜母艦隊も撃滅、航空戦力もすべて撃滅を確認しました」

 場が拍手に包まれる。
 敵の侵攻勢力。数の上では圧倒的に多く、技術差はあるものの不安が無いわけでは無かった。
 しかし守り切った。
 海上自衛隊の護衛艦や、陸自の対空部隊の出番が無かったことはむしろ喜ばしく思うべきだろう。

「報告します。パーパルディア皇国北部から飛行物体230が出現、リーム王国首都へ向かっています。
 速度から考慮し、ワイバーンロードと思われます」

 ざわついた場が静まりかえる。
 リームはワイバーンでパーパルディアの商業都市デュロを攻撃していた。主に日本の施設を狙ったようだが、パーパルディアの竜騎士によって、そのほとんどが撃ち落とされていた。
 
「パーパルディア皇国より外務省を通じて入電。
 皇国はリーム王国より攻撃を受けた。
 敵基地攻撃のため、竜騎士団及び魔道戦列艦隊42隻により攻撃を実施する。
 この出撃はリーム王国による我が国への攻撃に対する自衛権の発動であり、日本国に対するものでは無い」

 自国が攻撃を受けた国が反撃しようとしている。

「これはどう解釈する?」

「自国が攻撃を受けた国が反撃しようとしている。日本にこれを止める権利は無いのでは?」

「外務省も同様の見解です。日本に止める理由が無いと」

「しかし、パーパルディア皇国だぞ?我が国のように、軍民区別をするとは思えんが」

 この日、ワイバーンロードの反復攻撃および魔導戦列艦隊の砲撃により、リーム王国首都ヒルキガは炎の海に包まれるのだった。

◆◆◆

 防衛省

 防衛省幹部 三津木は、嫌な予感がしていた。
 今回の第1波日本国本土侵攻は防ぎきった。これは間違い無いだろう。
 しかし、どうも腑に落ちない。
 自分がやるなら大艦隊の到着を待って同時に作戦を行う。
 それを想定して今回の配置ではあったのだが……。

「至急報告!!」

 今回の日本国侵攻第1波を皆が防ぎきったと考えていた。
 そんな中、通信士が至急を叫ぶ。

「今度は何だ!?」

「ニューランド西側を進んでいた敵艦隊本隊が、ニューランド島を迂回し、東へ向かったとの報告が上がりました。
 艦隊速度を上げて侵攻中!!」

 衝撃が走る。

「バカなっ!!ニューランドでの補給をしなければ航続距離が足りないはずだ」

「どう考えても日本本土まで侵攻するのは無理だ。
 敵は何を考えている??」

 場がざわつく。

「敵は……一矢報いるつもりですよ」

 三津木の発言に、場が静まった。
 彼は続ける。

「おっしゃるとおり、どう考えても日本本土への航続距離は不足しています。
 ただ、私たちは本土侵攻を防ぐ事を第一と考え、本土に戦力を集結させた。
 これは正しいと思っています。
 しかし、敵もバカじゃ無い。
 日本本土侵攻は無理だと考え、日本の信用を落とす。日本側に付いたのに国が滅ぼされたという実績を作りに……一矢報いに来るのだと思います。
 侵攻ルートが判然としなかったため、弾薬の備蓄も分散しています。
 本土から遠く、敵が無補給で侵攻し、侵攻後に補給を行っても帰れる距離。
 かつ日本側に付き、あっさりと滅ぼせそうな国。
 敵の目標は……」

 手で世界地図をなぞっていく。

「ここ!!ナハナート王国の可能性が高いと考えます」


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:06| Comment(21) | 小説
この記事へのコメント
更新ありがとうございます!!!
Posted by at 2020年06月20日 23:52
お疲れ様です。

一言いえば
さすがに自衛隊の官僚を侮辱してませんか?
ナハナートに関して
戦力を本土防衛と対応までの時間を考えて
衛星でチェック出来てて、さすがにこの流れでは現実の中国とロシアの対応に関しての
自衛隊の努力をあざ笑う展開かと
Posted by at 2020年06月20日 23:57
更新ありがとうございます
Posted by at 2020年06月20日 23:58
ナハナート基地の防衛もだけれど、ニューランド島のグ帝補給基地も潰したいよね
Posted by at 2020年06月21日 00:18
>リーム王国首都ヒルキガは炎の海に包まれるのだった。
前話のゼムと同じく、逆にバーベキューにされてしまったわけですか。
Posted by at 2020年06月21日 02:34
>>この日、ワイバーンロードの反復攻撃および魔導戦列艦隊の砲撃により、

パ皇国とリーム王国との距離を考えると、ワイバーンロードはともかく、魔導戦列艦隊では1〜2日中にリーム首都沖合いまで移動できないように思えます
デュロから出撃した、または日本からの事前情報を受けて既にリーム付近に待機していた、と考えれば可能ですが
Posted by at 2020年06月21日 05:57
なんで哨戒機を貼り付けて位置把握してないんだよ
1〜2機回すだけでいいのに
Posted by at 2020年06月21日 08:51
「至急報告!!」ではなく「緊急報告!!」あるいは「〇〇(情報報告元)から緊急情報受信」では
Posted by at 2020年06月21日 10:14
どうしてもグ帝に花を持たせたいのかな
Posted by at 2020年06月21日 12:05
ナハナート攻撃を想定してないって……
ラットパトロールのドイツ軍なみの間抜けさですぞ
Posted by at 2020年06月21日 12:29
もし手を伸ばせるのであれば、艦隊への対処とは別にニューランドの補給基地を叩くのが、一番ガイザルには応えるはずなんですけどね。補給のあてが無くなれば、大きく行動を制約できますので。
Posted by at 2020年06月21日 12:37
前線のミサイルが足りないから核攻撃かな?
Posted by at 2020年06月21日 12:40
ミ帝が直に潰せとか言ってたけど、潰すところ残ってるのかねこの国w
Posted by at 2020年06月21日 22:27
>Posted by at 2020年06月21日 12:05
そうではなく、あまりに一方的では面白くないと考えている。できるだけ読者をハラハラさせたいと思っている。
それだけでは?
Posted by at 2020年06月22日 00:00
みんな気付いてると思うけど、リーム王国、増長しなければ生き残れる可能性はあったんだよな。
虎の威を借る狐にならなければ。調子に乗らなければ。何よりも、パーパルディア皇国に攻撃をかけなければ。

そうしなければ、「何もかもグラ・バルカス帝国に脅されてやったことなのです」と言うこともできたし、言い逃れられたかもしれない。
しかしパーパルディアに攻撃をかけたことは、言い逃れができない。グラ・バルカス帝国には、リーム王国にそう命じる理由が無い。

もっとも、この時点で生き残れてもほぼ確実に衰亡の道をたどっただろう。周囲の国家すべてを敵に回すのは、避けられないから。
Posted by at 2020年06月22日 09:24
この様子だと、地下防空壕に隠れていたグラ・バルカス帝国幹部、パーパルディア皇国軍にやられるか捕虜になるかだなぁ。
やっと爆撃が止んだと外に出て脱出方法を模索してたら、今度はワイバーンロードが、という感じで。
Posted by at 2020年06月22日 11:52
パーパルディアはほとんど私怨でリーム攻撃したけど、ついでに弱ったグラ軍叩いていたらミリシアルからご褒美出るよ!
Posted by at 2020年06月22日 23:15
>日本本土侵攻は無理だと考え、日本の信用を落とす。日本側に付いたのに国が滅ぼされたという実績を作りに……一矢報いに来るのだと思います。

…グ帝、リーム滅ぼされたぞ?w
Posted by at 2020年06月23日 23:02
えーと、だいぶ前のことで忘れたが
大和型戦艦のグレートなんたらとカイザルって人が来るんだっけ?

これでまた潰されて海軍は実質全滅同然ですなぁ
空軍も奥の手(笑)とやらが全滅したし
陸軍もだいぶ前に精鋭?ぽいのが全滅させられたし
もう詰みだよねぇ
Posted by at 2020年06月25日 03:45
えーとグ帝艦隊は本来はニューランドで補給して東京を攻撃する予定だったんだよな?
Posted by at 2020年06月25日 19:32
兵器は時間と金と素材さえあれば量産できるが
今回で戦死した兵員の代わりは簡単には補充できんし育たない
生き残りがほぼ0だからね
Posted by at 2020年06月26日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: