2020年09月18日

第107話世界に満ちし希望P3


◆◆◆

 グラ・バルカス帝国 レイフォル地区 レイフォリア

 昼食時、ダラスは食堂で食事をとる。
 いつものように、情報収集の一環をかねてムーのテレビ放送をつけていた。

 軽快な音と共に、ムー国の放送が始まる。
 
『こんにちは』

 イケメンの男と、美人のニュースキャスターがおじぎをして、ニュースは始まった。

『ムー国政府の発表によりますと、先月未明、日本国自衛隊と神聖ミリシアル帝国の空中戦艦が、グラ・バルカス帝国主力艦隊と大規模な戦闘を行っていた事が判明いたしました』

 現時点、軍部から外務省へは特段の連絡が無い。
 食堂はざわついた。

 続けて、テレビに映像が映し出され、(ムー国政府提供)というテロップが流れた。
 日本国政府がムー国政府へ送った映像データの一部が国営放送で放映される。
 明らかに上空から移した映像、ぐちゃぐちゃに破壊された上部構造物、汚れたグラ・バルカス帝国海軍旗……そして旗艦のみが持つ事の出来る旗が一部破れた状態で映し出され、敵国……日本国の旗を揚げる艦が曳航していた。

「あ……あれはっ!!!」

 声が詰まる。
 グラ・バルカス帝国の象徴的な艦
 歴史上最大にして最強とも言える艦。戦艦グレード・アトラスターがズタズタになり、見るも無惨な姿を晒していた。

 テロップに、(グラ・バルカス帝国主力艦隊旗艦グレード・アトラスター)という文字が流れ、食堂は騒然となった。

『先日未明、グラ・バルカス帝国主力艦隊は、日本国自衛隊および神聖ミリシアル帝国空中戦艦連合艦隊と、ロデニウス大陸南西海上にて交戦し、グラ・バルカス帝国は数百隻を失って敗走いたしました。
 繰り返しお伝えしますーーー』

 ダラスは執務室に向かって走り出していた。

「バカなっ!!バカなバカなバカなバカなバカなアッ!!!」

 執務室に駆け込み、急ぎ軍部に確認を取るため、電話を取ろうとした。

「お食事中に失礼します。軍部から至急連絡が来ています!!」

 優秀な部下は、食事中に暗号信号を文章化し、すでに形にしていた。部下から文章を奪い取る。

「な……な……何だとっ!!そんな事がッ!!!」

 そこに記された事実は、外交官ダラスに衝撃を与えるには十分すぎる内容だった。

 指でなぞりながら、何度も見間違いでないか確認していく。
 見間違いであってほしいという気持ちが、何度も同じ文章を読ませる。
 そして、絶望が上塗りされていった。
 
 なぞる指は震え初め、汗で書類が濡れた。

 帝国海軍連合艦隊と、日本国との戦いの推移が記されていた。

○ 帝国海軍 第1先遣艦隊230隻、第2先遣艦隊210隻 全滅
○ 帝国海軍 連合艦隊 ナハナート王国西方海域で撤退
  被害甚大 現在詳細調査中
○ ナハナート王国西方海域にて敵艦隊と交戦、100発を超える被弾に耐えるも戦艦グ レードアトラスターは敵に捕獲される
○ 帝国陸軍リーム王国基地 全滅
○ 帝国空軍爆撃連隊   消息不明(未帰還)
○ 帝国海軍潜水艦隊   消息不明(未帰還)
○ 帝国陸軍特殊作戦群  通信途絶

 甚大とも言える損害、しかも相手の撃墜、撃破は1隻も確認出来ていないという文章も伏してある

 敵を見ることも無く一方的に撃破された……とある。

 彼の背中は汗でびっしょりと濡れ、足は震えさえも来ていた。

「まさか……まさか……」

 ダラスは目を見開く。
 かつて、日本の外交官が言っていた。
 日本国が参戦した場合、グラ・バルカス帝国は日本国に手も足も出ずに負けると。
 技術格差が70年以上の開きがあると……。
 
「あいつの言うことは……あいつの言っていたことは……ほ……本当だったのかぁっ!!!」

 基地バルクルスが落ちた時、大規模な物量でも落とせると考えていた。
 本国の懲罰艦隊がムー沖で敗れたのも、敗れた事事態は衝撃的ではあったものの、そもそも派遣した数が大国の首都を狙うには少なかった。
 おそらくは物量で敗れたのであって、軍事的な戦略ミスの可能性も捨てきれなかった。

 しかし今回は帝国は本気だった。
 誰がどう見ても本気だった。

 それが手も足も出ずに敗退したという事実。
 今回は神聖ミリシアル帝国の空中戦艦も参戦したらしいが、それでも敵に全く被害を与えた確認が出来ないなどあり得ない事だった。

「まずいっ!!まずいまずいまずい……まずいぞっ!!!」

 いともあっさりと滅ぼしてきた異界の蛮族達。
 それを可能にしたのは圧倒的な文明格差、軍事技術格差だった。

 この戦闘結果が突きつける事実は一つ。

 日本の方が圧倒的に軍事技術が上。

 我が国は強い。それは疑いようの無い事実。
 しかし、この結果はまぐれや偶然の成せる技ではない。
 もはや敵の強さに目を瞑り、帝国の強さを信じ続けることなど出来ぬほどの圧倒的敗北。

 このままではいともあっさり滅ぼしてきた異界の蛮族共と同様に我が方が滅ぼされるかもしれない。
 栄えあるグラ・バルカス帝国が……歴史あるグラ・バルカス帝国が……。

「そんな事……あってはならないっ!!!」

 彼は自分に出来ることは何かを考える。 

「同化政策をとればあるいは……」

 今までただの土地と考えていた各国の使い道を考える。
 ダラスはグラ・バルカス帝国の未来のため、動き続けるのだった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 15:19| Comment(51) | 小説
この記事へのコメント
ダラス、まともな理性的判断力、有ったんですね。
理性的に行動しようと思えば出来るんだ。
Posted by at 2020年09月18日 17:26
>>ムー国政府の発表によりますと、先月未明

ミ帝放送と同じく「先日未明」でよいかと思います
Posted by at 2020年09月18日 18:00
>> 甚大とも言える損害、しかも相手の撃墜、撃破は1隻も確認出来ていないという文章も伏してある

「伏して」だと、隠蔽か敬語の意味になるので、「付して」のほうが良いかと思います
Posted by at 2020年09月18日 18:03
>>敗れた事事態は衝撃的ではあったものの

事態 → 自体
Posted by at 2020年09月18日 18:06
>>テロップに、(グラ・バルカス帝国主力艦隊旗艦グレード・アトラスター)という文字が流れ、食堂は騒然となった。

テロップは当然、ムーの固有文字または世界標準語文字のはずなので、テロップの文字が読める者は騒然となった、ということになります(外交部門なので皆読めたのかもしれませんが)
Posted by at 2020年09月18日 18:14
ダラス君の『そんなバカな〜』いただきました(笑)
Posted by at 2020年09月18日 18:18
捕獲X
鹵獲◎
Posted by at 2020年09月18日 18:43
グレードアトラスター、撃沈されるよりも衝撃は大きいだろうなぁ。
Posted by at 2020年09月18日 19:03
明らかに上空から移した映像

明らかに上空から写した映像
の方が良いと思います。
Posted by at 2020年09月18日 19:47
「至急連絡が来ています」は「至急電が入電しております」かな。
Posted by at 2020年09月18日 19:57
この時点で、海戦からどれくらいの時間が過ぎているのだろう?
グラ・バルカス側が未だ正確な損害を把握していないことから見て、3日から10日というところかな?
さすがに日本政府も、今回は早く発表したわけか。
Posted by にしなさとる at 2020年09月18日 21:58
「グラ・バルカス帝国は数百隻を失って敗走いたしました」
 実際には、数百隻どころか千隻以上失っているのだが。
 さすがに日本も、沈めた正確な数までは把握していないわけか。
Posted by at 2020年09月18日 22:06
さりげなく潜水艦と陸軍同士の衝突も書いてるな。
加筆か書籍時にその辺書くんだろう。
Posted by at 2020年09月18日 22:33
日本側は何隻沈めたか正確に把握しているかもしれないが、あえてぼかしているかも
Posted by at 2020年09月18日 23:38
情報収集能力を見るためにわざとぼかしてるんじゃない?
Posted by at 2020年09月19日 00:14
ムーの放送では日本国がミ帝より先になってて、ムーの日本への親近感が感じられる。
こういう細やかな描写がたまらんです。
Posted by at 2020年09月19日 03:27
ダラス先生、意外に善人だな
思想的には偏り切ってるけど
Posted by at 2020年09月19日 05:12
>>ナハナート王国西方海域にて敵艦隊と交戦、100発を超える被弾に耐えるも戦艦グレードアトラスターは敵に捕獲される

GAと88艦隊の乗員は戦死か捕虜なのに、なんで詳しい戦闘情報がグ帝側に伝わったか、少々気になりました
たぶん、諜報員が曳航されるGAを目撃して推定したか、ムー内部の協力者から情報を得たか、でしょうね
Posted by at 2020年09月19日 05:58
口に汁物を含んでいるときに限って衝撃的なニュースに接するダラス
後世「毒霧ダラス」と恐怖されるようになるとは知るよしもなかった
汁だけに
Posted by at 2020年09月19日 05:58
《ムー国政府の発表によりますと、先月未明》
と有りますが、未明は「未だ夜が明けていない」の意味なので、本日未明や〇日未明はあっても、先月未明はよろしくないかと思います。
Posted by at 2020年09月19日 09:18
> 先月未明

先日未明の誤字としても変な言い回し。
先日は二日前かもしれないし、四日前かもしれないのに、未明と時間だけ特定するのは奇妙。昨日未明とか、本日未明ならわかる。

> 日本の方が圧倒的に軍事技術が上。


軍事力は日本の方が圧倒的に上、としたほうがすっきり。
Posted by at 2020年09月19日 10:29
先月未明で不覚にも。と思ったら、既にコメ欄でも指摘されていて草草草。そら、先月の夜明け前って一体いつだよってなるわな。
Posted by at 2020年09月19日 11:59
>「お食事中に軍部から至急連絡が来ています!!」

「お食事中に失礼します!軍部から至急電が入っております!!」かな。


>戦艦グレードアトラスターは敵に捕獲される

軍事用語としては「捕獲」より「鹵獲」の方が適切。
Posted by at 2020年09月19日 12:07
大量の鉄塊が沈んだなあ。もったいない。
Posted by at 2020年09月19日 13:09
グレードアトラスターは捕獲というより、鹵獲または接収のほうがよろしいかと思います。
Posted by at 2020年09月19日 14:54
>「あいつの言うことは……あいつの言うことは……ほ……本当だったのかぁっ!!!」

「あいつの言っていたことは……あいつの言っていたことは……ほ…本当だったのかぁっ!!!」

の方が良いのでは?
Posted by at 2020年09月19日 17:43
>もはや盲目的に目を瞑り、


もはや頭痛的に頭が痛い!
Posted by at 2020年09月19日 22:24
適切な修正をしてくれる編集さんが沢山いるなぁ。

ところで、帝国が『グレードアトラスターがどれほどの被弾に耐えたのか』を知る術は無いのでは?

撤退した艦隊は確認しようが無いし、前進した艦隊は消滅した。
捕虜を返還されれば、証言を聞くことも出来るかも知れないが、現状ではそんな時間はまだ経っていないはず。
となれば、鹵獲された事は結果として分かっても、『何発被弾したのか』なんてのは調べようが無いと思う。
Posted by at 2020年09月19日 23:29
グ帝の潜水艦隊はやられ描写すらないとは(笑)
Posted by at 2020年09月20日 00:29
>>明らかに上空から移した映像、ぐちゃぐちゃに破壊された上部構造物、汚れたグラ・バルカス帝国海軍旗……そして旗艦のみが持つ事の出来る旗が一部破れた状態で映し出され、敵国……日本国の旗を揚げる艦が曳航していた。

ムーの低画質テレビで、しかも上空から移した映像で、旗の状態までわかるのか?
と思いましたが、よく考えたら日本が提供した映像なので、ズーム映像や全体俯瞰映像をうまく組み合わせて編集してあるんでしょうね
Posted by at 2020年09月20日 01:16
お食事中ソンナバカナ
Posted by at 2020年09月20日 06:21
こんな夜更けにバカなかよ
Posted by at 2020年09月21日 01:22
何か、ここまでのダラス君の行動を考えると、日本の実力を見誤って海軍が敗退した知らせを受けた時に、自分の失点を考えてないのには違和感があるな。自分の失脚や責任追及を考えてから「そんなことはどうでもいい、自分のことは些事だ、今は帝国をどう救うかだ」とかならダラス君は極度に振り切っているけど戦時下の国家にはよくいる純粋な愛国者だった、って納得して読むことが出来るんだが。
Posted by at 2020年09月21日 07:33
いまさら同化政策でどうにかなるモンなんですかねぇ・・・
Posted by at 2020年09月21日 08:49
やっぱ支那みたいな危険な国だな。
バカ皇子には悪いが完膚なきまで叩き潰すすべし。
Posted by at 2020年09月21日 09:28
文中で「帝国空軍爆撃連隊」てあるけれど今までの話の流れから空軍ではなく陸軍航空隊では?
リームに派遣されていた司令官の役職も「帝国陸軍航空隊空将」だったし「グティーマウン超重爆撃連隊」を空軍とするならばそれ以前の話にも説明がないので単行本の際にはその伏線を入れるように修正をしたほうが良い
Posted by at 2020年09月21日 13:24
>Posted by at 2020年09月21日 09:28
日本としては、グラ・バルカス帝国が早く屈伏してくれれば、その方が有り難いはずだが。
グラ・カバルが、「本国の父や国民にメッセージを送る。日本に対しての敗北を認めるよう、説得する」と申し出れば、日本政府は喜んで応じそうだが。
Posted by にしなさとる at 2020年09月21日 17:15
『先日、グラ・バルカス帝国主力艦隊は、日本国自衛隊・神聖ミリシアル帝国空中戦艦連合艦隊と衝突し、グラ・バルカス帝国は数百隻を失って敗走いたしました』
 ↓
『先日未明、グラ・バルカス帝国主力艦隊は、日本国自衛隊および神聖ミリシアル帝国空中戦艦と、ロデニウス大陸南西海上にて交戦し、数百隻を失って敗走いたしました』
が良いのでは?
Posted by at 2020年09月21日 18:40
みのろうさん、重言や変な言い回し、等々が多いからなあ…
書籍版でも直っていない事がママあるから、

1.校正が上手くない(俺らでも気がつくくらいなので可能性小)
2.作者こだわりか編集方針として一部?味だとあえて残してある(可能性大)

って所かなあ?
でも俺は読んでいて割と気持ち悪い事が多いけどw
Posted by at 2020年09月21日 18:59
ダラスくん今から同化政策開始しますっていっても事前準備とか残された時間が圧倒的に足りないと思うの。
Posted by at 2020年09月22日 02:01
>執務室に駆け込むと、すぐに軍部に確認を取ろうと電話を取ろうとした。

執務室に駆け込み、急ぎ軍部に確認するため電話を取ろうとした。

てな感じにすると良いかな?
Posted by at 2020年09月22日 11:01
ニュースの交戦説明ですが、最初は日・ミ帝が、後ではグ帝が主語になっています。ムーとしては前者側に立つことが明白なので、主語(視点)は日・ミ帝側に統一した方が良いのではないでしょうか。
Posted by at 2020年09月22日 14:58
今更同化政策やろうにも時間が余りにも足りなさ過ぎて、すでに手遅れかもね。

そんなに早く政策が展開できれば苦労はしないと思うのだけど、ダラス君大丈夫かね?
Posted by at 2020年09月22日 18:09
GAの被害が分かるとか、防衛省にスパイでもおるんか
Posted by at 2020年09月23日 21:33
ちょっと気になるのだが、シエリアが出て来なかった理由は何なのだろう?
そう言えば彼女、外務省における地位には、とっくに未練を無くしていたな。
ひょっとしてすでに、外務省を辞めている? 本国に帰国している?
Posted by at 2020年09月24日 17:26
そう言えば、ダラスの反応は語られたがゲスタのそれはどうだろう? 今回の大敗北で、一番あわてているのはこいつかもしれない。
なにしろ、祖国の勝利を疑っていなかったところへ大惨敗。それどころか、グラ・バルカス帝国そのものが敗れる可能性すら出て来た。
もし敗戦となった場合、その後にあの書類改竄が発覚したら、誇張でなく身の破滅だからな。処刑はされなくても投獄はされるだろうし、釈放されても、社会の底辺からおそらく一生這い上がれない。
そうなったとしても、もちろん自業自得でしかないのだが。
Posted by にしなさとる at 2020年09月24日 22:04
曳航している場合軍艦旗は付け替えると思います
自衛隊は不明ですが少なくとも日本海軍と米軍は接収した敵船には必ず海軍旗か国旗を掲げます
Posted by at 2020年09月29日 12:59
>>敵国……日本国の旗を揚げる艦が曳航していた。

曳航についてちょっと調べてみたけど、7万トンを外洋で長距離曳航するのは困難…というか無理だわ
たぶん重量物運搬船に載せて運んだと思う
撮影のときだけ曳航されているように見せていた、ということなのかもしれない

Posted by at 2020年10月20日 22:20
重要&早急な案件なのだから、部下が食堂に駆け込んだ方が良いのでは。
Posted by at 2020年10月26日 14:33
 読み返して思ったんだけど、今更同化政策を考慮に入れ始めるダラス君は遅きに失しているというか何というか、相当追い詰められているなこれ……。
 いやしくも選良であるはずの外交官が貧すれば鈍するで正常な判断力を失って、短期的な効果の見込めない政策まで本気で考慮し始めちゃったら、本人も国ももう終わりが見えているよね。
 いずれにせよ、グ帝人がナメック星人でもない限り、急場しのぎの同化政策は効果の一端を発揮する間もなく敗戦が決まってしまうことでしょう。
 ダラスには「時既に時間切れ」という名セリフを贈りたい(唐突なブロ語)
Posted by at 2020年11月04日 02:15
楽しく読ませていただいてますが、個人的には「!」の使いすぎが気になる。

ところで。

チコちゃん「♪ねぇねぇダラス君、何をそんなに悩んでい・る・の?」
Posted by ぺぱ at 2021年04月16日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: