2020年11月29日

第110話ヒノマワリ王国2P4

◆◆◆

 ムー国 エヌビア基地

 太陽が沈み、闇が辺りを支配する。
 今宵は月明かりが明るく、遠くまで見渡せるほどだった。

 ムー国にあるこの基地は、現在反撃の最前線として第2文明圏連合国家の拠点となっていた。
 空港郊外には竜舎も設けられ、ムー国の最新鋭機マリン型戦闘機も整然と並ぶ。

 日本国用に作られた一角で、対地用に爆装されたF-2が離陸準備に入る。
 連合国家の者達は、夜間に日本軍が出撃すると聞き、その姿を一目見ようと自国に与えられたスペースから望遠鏡で眺めていた。

「おいデルカー、見えてるか?あれが日本の飛竜、いや戦闘機か
 初めて見たが、大きいな」

 ニグラート連合の飛竜隊のベテラン隊員が、新人に話しかける。
 噂では聞いたことがあっても、日本国の戦闘機等を見たことがある者は一握りだったため、無機質なF-2は注目を集めた。

「噂どおり、マリンと違ってプロペラが無い。
 神聖ミリシアル帝国の兵器に近いらしい。しかし、あれが本当に強いんですかね?
 我がワイバーンロードの方が強く見えます」

 飛竜の訓練課程を主席で卒業したデルカーは、自分の竜に絶対の自信を持っていた。
 
「日本は強い、それは間違いなく強い。お前の気持ち的にはどうであれ、グラ・バルカス帝国との戦果がそれを物語っている。
 俺もあの戦闘機が離陸する姿は見たことが無いが、あれが飛ぶ姿を見た後にお前が勝てると思うかもう一度聞きたいな」
 
 ゆっくりと戦闘機3機が滑走路に向かった。
 配置につく。

 キィィィィィィイイインーーーーーーーー

 ジェットの高音が辺りにこだまする。
 聞き慣れない音に、デルカーは固まる。

 ジェットエンジン内には大量の空気が前方から流入する。
 猛烈な勢いで後方に空気をはき出し、F-2は加速を初めた。
 離陸後にアフターバーナーを点火した。

 ゴォォォォォォォォ!!!!
 
 燃料を噴射して燃やすアフターバーナー。
 一気に燃料を消費するデメリットはあるが、猛烈な推力が得られる。
 雷鳴の如き轟き。デルカーは無意識に耳をふさいだ。
 
 轟きは耳を覆っていても聞こえ、体が震えるほどの大音量だった。
 漆黒の空に1本の炎を後方にはき出しながら進む様子は幻想的に見える。

 日本の戦闘機は猛烈に加速。デルガーの常識を遙かに超える速度で西の空へ消えた。

「…………」

「おい、デルガー。勝てそうか?」

「……いえ、失礼しました。飛竜の方が上だと思い込んでいた自分を恥ずかしく思います。 速度が違いすぎる。
 もはや次元が違う。
 我が飛竜では、あの速さはとてもとらえられないでしょう。
 私の言葉が他国の兵に聞かれていなくて良かった……本当に恥ずかしい」

 正直な意見だった。

「確かにありゃ凄いな。俺の想定も遙かに超えた。
 あれにはグラ・バルカス帝国も勝てない訳だ」

 次々とF-2戦闘機が離陸していく。
 
 日本国航空自衛隊F-2戦闘機はヒノマワリ王国王都 ハルナガ京におけるグラ・バルカス帝国軍を爆撃するため、漆黒の空へ離陸していった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 17:12| Comment(32) | 小説
この記事へのコメント
太陽が沈み、闇が辺りを支配する。
今宵は月明かりが明るく、遠くまで見渡せるほどだった。

→月明かりで明るいのなら、闇より夜の方がいいのでは?
例)太陽が沈み、夜が地表を支配する。
Posted by at 2020年11月30日 00:18
>離陸後にアフターバーナーを点火した。
誤:離陸
正:リリースブレーキ
Posted by at 2020年11月30日 22:33
>エンジン後部が開き、ジェットエンジン内には大量の空気が前方から流入する。

エンジン後部の何が閉じていて、離陸のために開いたのでしょうか?
Posted by at 2020年12月01日 01:02
A/B焚いて離陸してくシーンを描写したかったんだろうけどまるっきり違ってて草
コンバージェンス・ダイバージェンス・ノズルって調べるとか、youtubeで離陸するシーンとかよく見たほうがいいけど、ちゃんと指摘するだけ指摘しておくと離陸開始するときはノズルを開くのではなく窄めるし、アフターバーナーも離陸後も加速段階で点火してます。
Posted by at 2020年12月03日 21:42
考えてみたらこのシーン、リームでグテイマウン見たバンクスたちの感想と対になってるんかね
Posted by at 2020年12月05日 00:36
沢山の意見があって作者さんは大変だ〜!

Posted by at 2020年12月07日 18:06
滑走路上でアフターバーナー焚くのはコンクリート製の滑走路での話だろ
Posted by at 2020年12月09日 19:02
アフターバーナーを滑走路上で炊くのであればエンジンノズルが開くのは正しい描写だけど、離陸後って書いちゃってるから間違いですね
Posted by at 2020年12月19日 11:22
駒澤大学箱根駅伝総合優勝おめでとうございます!
Posted by at 2021年01月03日 14:01
A/Bに関する記述はベンキョーになる?
Posted by at 2021年01月21日 18:36
日本がこの世界に転移した、それとも召喚された理由が知りたいです。それと古の魔法帝国が、この世界の古代に転移して未来に戻ってくるとしたら何処に戻ってくるのでしょうか神聖ミリシアル帝国でしょうか。日本と古の魔法帝国との関わりが知りたいです。
Posted by つるさんはまるまるむし at 2021年03月03日 01:10
どう考えても古代魔法帝国と戦ってもらうために神が召喚したんでしょう。日本国召喚なんだし
愚帝とかも日本の戦力アップのために神が召喚したと考えられる
Posted by at 2021年03月07日 16:14
ニグラートのデルカーさんみたいな、見慣れた力の象徴が一番強そうに見えるデザインだ的感性、こういうのがあるから、あまりにも強すぎるものはかえって強そうに見えないってことになるんだろうなあ
Posted by at 2021年03月15日 16:01
7巻は出ないに1兆ジンバブエドル
Posted by at 2021年03月20日 21:40
7巻難しそうか…( ´・ω・`)
楽しみにしてるんだけどな〜

みのろう先生、大丈夫かな
Posted by at 2021年04月09日 18:51
高松氏あっての『日本国召喚』なんだし。
「みのろう」プレアルファ版はゴミクズ。
Posted by at 2021年04月10日 21:18
Posted by at 2021年04月16日 23:38
今期の春アニメ新作はVivyとスーパーカブと86とゴジラSPがメカアニメ四天王か?
Posted by at 2021年05月02日 12:20
ゴジラ、いまのところ怪獣がただの猛獣でしかないのが……
Posted by at 2021年05月02日 19:10
Vivyと86はドラマが熱く盛り上がってるな
スーパーカブは視聴者をバイクスキーに洗脳するためのアニメw
Posted by at 2021年05月02日 19:23
スーパーカブは良いぞお
エンジン付きの乗り物を手に入れたことにより行動範囲が広がるワクワク感とか、様々なトラブルによるドキドキ感とか、交友関係が広がるウキウキ感とか、そういうのを懐かしいと思ってみてしまったらもう歳だけどな!
Posted by at 2021年05月04日 01:18
BSのゴールデンサメ劇場でシャークネードシリーズを見て思ったこと
人間映してる暇あったらサメ映せコノヤロー
やっぱりメガシャークのほうが面白いな!
Posted by at 2021年05月04日 21:19
メガシャークがいるなら、ギガシャークとかテラシャークとかはいないのか?
Posted by at 2021年05月04日 23:42
ゴジラとキングコングが戦う映画があるんだから、サメとゴジラが戦っても良くない?
Posted by at 2021年05月05日 11:51
5月6日(木)「シャークネード 6 ラスト・チェーンソー」よる 7:00〜

見る人手を挙げてー
Posted by at 2021年05月06日 12:52
ゴジラsp、ファンタジーと自衛多が戦ってるからF自ってことでおけ?
Posted by at 2021年05月06日 23:00
ゴジったぜ、ゴジラだけに
Posted by at 2021年05月06日 23:02
今日のシグルリ(再放送)、他媒体の話の因縁をメインに持ってくるなら、第一話とかでそっちの内容に軽くで良いから触れておけば小説とか読んでない人も置いてけぼりにならなかったのになーって改めて思ったよ
Posted by at 2021年05月07日 00:08
もしピラーが召喚世界に現れたら、自衛隊の攻撃が有効ではないのに対し、魔法文明側の魔法攻撃が効いていて魔導師大活躍、(ミリオタ毒者が)ソンナバカナーってなる展開、面白そう
Posted by at 2021年05月07日 01:52
呼ばれてくる人に対して、空自のスタッフ(グランドクルー含む)なら「これ耳栓ですが、どうぞ」っと言ってくれるんですが、航空祭に来る人は自分たちで耳栓を用意しないといけないんですよね。
Posted by at 2021年05月21日 15:17
アフターバーナー、なろう版でも改定されてなくて草
Posted by at 2021年07月09日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: