2022年04月12日

第125話未開の大文明2P3


 カルクは、横暴なカムーラを睨み付けて話す。

「私からもお伝えしておこう。
 我がシルカーク王国は、日本国と国交を結び、友好関係にある国家である。
 もしも我が国を攻撃すれば、我が国内にいる日本国民にも被害が出るだろう。
 日本国を著しく刺激する事になることを忘れるな!!」

「日本国?何だそれは。
 お前たちの宗主国でもすでにいるのか?
 お前たちの国家群の上位共同体として、文明圏というのがある事はすでに調査がついている。
 その中でも列強と呼ばれし国、パーパルディア皇国だったか?
 そこが相当な領域を支配している事も調査済みだ。 
 最初に絶望を与えておいてやろう。どうしようもない絶望をな……。
 お前たちが列強と恐れるパーパルディア皇国でさえ、我が国の軍事技術をもってすれば、あっさりと敗れ去るだろう」

「日本国の技術レベルはそんな次元を遙かに超越している。
 調査不足で日本国を刺激し、敗れ去った国は多々あるのだ!!
 あなた方の出した2ヶ月は、自分たちの命が伸びた2ヶ月だと思え!!
 あなた方の話しを聞いていると、国内でも意見が割れているようだ。
 日本国の調査をいい加減に行う事は、貴国が亡国の道を歩む事と知れ!!」

「ふん!!強がりを!!!
 虎の威を借る狐のような国だな。
 もっとも、その虎でさえも我が国の敵では無いが。
 まあせいぜいあがけ!!」

 会談は終了した。




◆◆◆
 
 シルカーク王国 王都タカク 練兵場広場

 白髪、白髭を生やした老人が遠い目で練兵場を眺めていた。
 
「シエドロン様、北方約150kmの地点に飛行物体を確認しました。
 付近にも何機かいます」

 第1飛空艦隊長シエドロンは部下からの報告を受ける。
 
「ワイバーンではないのか?」

「いえ、魔力反応がほとんど検出されません。
 これは電磁反射式測定装置で捕らえたものです」

「ほう……珍しいな」

 飛空艦を飛ばすにしても、相当な魔力が漏れる。
 今回の測定結果は、魔力反応がほとんど無い相当に大きな物体が空に浮かんでいる事を示していた。

「新世界の文明との接触は、何と刺激的なのか」

 しばらくして外交担当の一団を収容、飛空艦隊は、北方向を飛行している物体の調査を行った後に帰国する事となった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:12| Comment(12) | 小説
この記事へのコメント
パーパルディアが負けた事実を伏せるのに政治的な意図があるなら油断できないな
Posted by at 2022年04月12日 23:18
フリーザの台詞をそっくり真似できるって事は、クルセイリース大聖王国には異世界から飛ばされてきた日本人の末裔でもいるのかな?
Posted by at 2022年04月12日 23:44
電磁反射式測定装置って、魔導文明で作れましたっけ?
確定ですね。

交易系チートが居るのは間違いありませんね。
もしや聖王の旧姓は所ですか?
ダーツを投げて外れて、傍らの謎の古地図にでも刺さってしまったんでしょう。
Posted by 「まさゑのバウケン」創始者 at 2022年04月12日 23:52
よっしゃあ! 観光客を何人か餌にして日本国召喚だっ!!
Posted by at 2022年04月13日 00:07
おめでとうございます
とうとう自ら設定した世界の文明程度という基礎をぶち壊して、ミリシアルでさえない技術的に無理のある国家がレーダーを使いましたね
妥当に小さい反応でも魔力探知で終わらせればいいものを
Posted by at 2022年04月13日 07:40
>Posted by at 2022年04月13日 07:40
これってツッコミ待ち?
Posted by at 2022年04月14日 15:22
>Posted by at 2022年04月14日 15:22
いつもの発作だから触んなくて良いよ
Posted by at 2022年04月14日 18:28
虎の威を狩る何とやら
カルクも日本国を戦争に巻き込む気満々だな
Posted by at 2022年04月14日 21:05
いつも楽しみにしています。日本国と自衛隊に思いっきり無双させてください。
Posted by at 2022年04月17日 22:09
電磁反射式測定装置?
ミ帝でさえ開発出来ない高度技術を、パ皇レベルが出来るってどんだけ設定おかしいん?
書籍などにかかれていた、パ皇より劣る程度の文明しかないっていうのはどうなったの?
Posted by at 2022年04月18日 00:23
ミ帝も電波式のレーダー持ってるぞ
Posted by at 2022年04月24日 01:53
魔力を電力に変換して使う奴だっけ?
Posted by at 2022年04月28日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: