2022年04月22日

第126話未開の大文明3P3


■ 会議室

 お互いの挨拶から会議が始まる。

「今日はどのような用件で来られたのでしょうか?」

 今までの異世界での経緯、そしてクルセイリース大聖王国がシルカーク王国へ提示した内容を知っている朝田は警戒して尋ねる。

「私はクルセイリース大聖王国の王家から命を受け、参りました。
 私としてはお互いの事を良く知らず、不幸な衝突を起こしたくないという願いがあります」

 朝田は今までとは異なる展開に目を丸くする。
 ミラは続けた。

「シルカーク王国の方々から、この周辺国に対する日本国の影響力は絶大だと伺っています。
 我々は日本国の事を良く知りたいと思います。なるべく早く、9名から成る調査団を日本国へ派遣したい。
 本日は、その調整をお願いにやって来ました」

「調査団受け入れは本国に報告したいと思います。
 先ほどおっしゃった、不幸な衝突を起こさないようにしたいというのは、国としての意思でしょうか?」

「申し訳ないが、国家としての意思ではありません。
 ただ、不要な衝突を避ける方法は常に模索したいと考える人間は王家にもいるという事です。
 よって、今回の派遣はあくまで調査団であり、使節団ではありません」

「……解りました。
 ちなみに日本国から貴国に対し、調査団もしくは使節団派遣を受け入れていただく事は可能でしょうか?」

「現時点では……出来ません」

 ミラは言葉に詰まる。

「……解りました。
 色々事情がおありなのでしょう」

 朝田はクルセイリースが一枚岩では無いことを察する。
 調整を実施し、後日日本国は調査団を受け入れる事となった。

◆◆◆

 シルカーク王国 王都 練兵場

「来たか……あれが……凄いな」

 船の上にプロペラが付いた機体が飛ぶ。
 日本国への調査団がやってくる。

 データがほしかったため、空飛ぶ船で日本国まで来れないか打診したが
○ 高純度液体魔力燃料が手に入らない
○ 日本国からクルセイリースへ迎えに行こうにも、船の入港を拒否される
 等の理由から、第三国で他の交通手段に乗り換える事となった。

 シルカーク王国が協力を申し出、王都練兵場で乗り継ぐ事となったのであった。
 
 シルカーク王国練兵場では相手の技術レベルを探るため、自衛隊はもちろんの事、多くの有識者や技師が待機する。
 また、クスセイリース大聖王国調査団9名を案内するため
  外務省 朝田
  自衛隊 田代
 そして、若手であるが航空工学、機械工学に精通した
  工学博士 井手
 が、案内人として専従する事となっていた。

 飛空艦が近づいてくる。
 おおよそ考えられない大きさの物が飛ぶその様子に、日本国の面々は息をのむ。

 フィィィィィン

「あれは……まいったな。航空力学や空気力学を使用した飛行ではありません」

 井手は隣にいた朝田に話しかけた。

「何故そう思えるのでしょうか?」

「ヘリコプターのダウンウォッシュ……簡単に言えば、下へと吹き付ける風が少なすぎます。
 また、あの程度の翼であれほどの大きさの機体は飛ばないでしょう。
 まあ、とてつもなく軽い素材なら別ですが」

「なるほど、自衛隊としてはどう見ますか?」

 朝田は今回案内人の一人である、航空自衛隊の田代に話しかけた。

「……初見のみなので、なんとも言えませんが、あれが多くの荷を積めるのであれば、運用方法によっては脅威となりうるのかもしれません。
 あれは航空戦力の主力では無いでしょう。おそらく我が国でいうところの護衛艦か、輸送ヘリに相当するのでしょう。
 あれに限定するなら、遅いのでヘリコプター程度の脅威度とは思いますが、彼等の国にはどれほどの機体があるのか解らないため、大きな脅威となる可能性は決して捨ててはならないと思います」
  
 様々な可能性を議論する日本国の専門家達。
 
 飛空艦は練兵場へ着陸するのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 01:07| Comment(18) | 小説
この記事へのコメント
パルキマイラと同じ反重力装置なんだろうな
ただあれ程高度な代物じゃなく軽くしてプロペラで姿勢制御してる感じかな?
Posted by at 2022年04月22日 05:17
>>とてつもなく軽い素材なら別ですが
飛行船という可能性は考えていないみたいです
船体の形から考えて飛行船とは思えなかったのでしょう
Posted by at 2022年04月22日 05:44
>>王都練兵場で乗り継ぐ事となった
日本の飛行場はまだ出来ていないみたいです
日本大使館付近のヘリポートでは狭すぎるみたいです
大型ヘリに乗り継ぐのか、海岸まで行って客船に乗るか、のどちらかでしょう
Posted by at 2022年04月22日 05:48
燃料に青燐水とか使ってる?
Posted by at 2022年04月22日 11:40
>おそらく我が国でいうところの護衛艦か、輸送ヘリに相当するのでしょう
おそらく我が国でいうところの輸送艦か、輸送ヘリに相当するのでしょうの間違いでは?
Posted by at 2022年04月22日 19:44
流石に軍部の上層が他国を訪れるのに輸送艦だけの艦隊は無いかと
Posted by at 2022年04月23日 05:10
イメージ的には劇場版ドラえもんに出てきた犬の王国の空飛ぶ船程度に考えてる。
あれで世界征服とかできるとは思えんかったなあ。
Posted by at 2022年04月23日 10:00
急いでそっちの国を調査させてくれ、こっちの国からはなにもそっちの国に提示できるものはない。これでよく国から調査の受け入れの許可降りたね。
Posted by at 2022年04月23日 21:32
Posted by at 2022年04月23日 21:32

無理筋なのは否定しないけど、じゃあ却下してそのまま全面戦争がお望みかい?
Posted by at 2022年04月24日 07:12
我々素人目には、自衛商船と海賊船若しくは、武装商船と仮装巡洋艦の明確な違いが解りづらいのと、似たような問題なのでは?
Posted by at 2022年04月24日 08:41
ああ、この技術をいただいて建造中の戦艦を宇宙戦艦ヤマトにするつもりなのね
Posted by at 2022年04月25日 04:51
どうせならムーとかミリシアの技官やらも呼んでくればと思うけど、時間的な問題で無理かしら。
Posted by at 2022年04月25日 14:06
>どうせならムーとかミリシアの技官やらも呼んでくればと思うけど
日本独自の魔法研究機関があってももう全然おかしくない
魔法使いのいる日本に友好的な国は増え続けているわけだし
Posted by at 2022年04月27日 09:42
>高純度液体魔力燃料が手に入らない
アルタラスから魔石輸入出来るだろうしミリシアルの旅客機用に需要はありそうだけど採算取れないから日本国内に精製プラントは無いってことかな?
Posted by at 2022年05月03日 02:00
海流の関係で現状自国の水上艦では西方国には行けて無い
空飛ぶ船では飛行距離が全然足りない
だからアルタラスから魔石輸入は無理
ってこと
Posted by at 2022年05月03日 05:46
>シルカーク王国練兵場では相手の技術レベルを探るため、自衛隊はもちろんの事、多くの有識者や技師が待機する

もし小説家になろう、そして書籍で加筆するならここに神聖ミリシアル帝国の大魔導師クラスの研究者ならびにベルーノも同席させて魔法文明視点からの分析も披露して欲しいところ。
Posted by at 2022年07月26日 13:07
今更だがこんな分け分からない世界に来たのに一般書籍レベルでも技術書とか他国に流出させて良いものだろうか?
Posted by at 2022年08月06日 11:25
対地攻撃には使えるかもしれんけど
MANPADSで速攻燃やされるだろうな
Posted by at 2022年10月29日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: