2022年04月28日

第127話初めての新世界P2

◆◆◆

「乗り継ぎで申し訳ないのですが、あちらの飛行機に乗り換えをお願いします」

 クイラ王国に設置してある日本国が運用、管理する飛行場において、ヘリコプターから飛行機に乗り換える。
 エプロンには日本国政府がチャーターしたジェット旅客機、B-787があった。

「ほう?少しは大きい飛空艦があるじゃないか。
 しかし、武器を積むスペースが無いな」

 魔戦騎士団長アバドンは横に立つ飛空艦隊長シエドロンに話しかける。

「大きな翼がありますな。
 まるで鳥のようだ。
 魔素拡散器が見当たらない、本当に未知の文明だ」

「しかし威厳の無い形だ、戦になれば、あっさりと勝ちそうだな」

 二人のやりとりを聞いていた魔法技師テタルは話しに割って入る。

「アバドン様、シエドロン様、お話中のところ申し訳ないけど、あれ……たぶん途轍もなく速いです」

 テタルは国と国の対立に興味は無く、技術にのみ興味を持つ。
 純粋に技術的視点からB787を眺めた時、あまりの線形美にため息が出た。
 凄まじい性能を誇る機械は美しくなる。
 
 圧倒的な大きさ、流れるような流線型、空気圧縮放射で飛ぶなら、あの翼に2つ付いているのがエンジンだろう。
 たったあれだけの大きさであれほどの大きい機体を、魔力を使わず空に浮かべるなど、とんでもない出力だ。
 我が国の技術を遙かに上回る物が目の前にあるという事は疑いようが無く、感動さえも覚えるこの状況下において、軍人達は自分たちの国が上だとのたまっている。

 滑稽であり、日本人に聞かれたらたまらなく恥ずかしい発言。
 
 そのような思いから、テタルは軍人達の会話に割って入ったのであった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:13| Comment(7) | 小説
この記事へのコメント
マイラス2号登場
Posted by at 2022年04月29日 00:21
航空力学はあるがエンジン出力が足りないから実用になってない感じかな
Posted by at 2022年04月29日 01:06
嘗て世界大戦のまえに、レシプロエンジンの機能美に慣れ親しんだ当時の飛行機乗り達が、初期型のジェット・エンジンに忌避感をもったと伝わっているのですが、それに比べれば外観形状だけで本質を見抜けるなんて、明治劈頭の日本よりも遥かに基礎工学が発達していることが窺い知れることでしょう
Posted by at 2022年04月29日 05:38
>ほう?少しは大きい飛空艦があるじゃないか。

B787-8は全長約57m、B787-9は全長約63mですが、大きさに驚いていないので、飛空艦はもっと大きいようです。
Posted by at 2022年04月29日 19:19
>空気圧縮放射で飛ぶなら、あの翼に2つ付いているのがエンジンだろう。

プロペラがないことに驚いていないので、ジェット推進方式に理解があるのでしょう。
Posted by at 2022年04月29日 19:22
空気圧縮放射=タービン・ジェットエンジンと思われます
Posted by at 2022年05月02日 11:13
ジェットエンジン知ってて作れんってことは
冶金技術が未熟すぎて
まともに稼働するタービンを作れんのかな?
Posted by KZ at 2022年10月29日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: