2022年05月19日

第129話初めての新世界3P2

◆◆◆

 夜〜 帝国ホテル

 クルセイリース大聖王国調査団は会議を行っていた。

「1つだけ、確定した事があります」

 ミラは皆を向く。

「日本国は決して敵に回してはいけない。
 異論ある者はいますか?」

 王国の要、主戦力を率いる飛空艦隊長シエドロン、陸戦の主力たる魔戦騎士団長アバドン、そして各種技術を支える魔法技師テタル、魔法武具士アニーナ。
 武を揃えるための力、国政経済学者イルナ、誰一人として異論がある者はいなかった。

 シエドロンが神妙な面持ちで話し始める。

「かつて、この周辺を治めていた列強国、パーパルディア皇国であれば、規模が向こうが大きいにしても、運用で戦いを有利に進める事が出来ただろう。
 しかし日本国は別格だ。
 いや、この言葉は適切では無かった。格が違いすぎる。
 聞けば、その列強パーパルディア皇国でさえ、日本軍は戦死者を1人も出さずに圧勝したというではないか。
 彼等と戦う事は、亡国への道を歩む事だ。
 反対する訳が無い」

 国の中核戦力、飛空艦隊を知り尽くしたシエドロンの言は重い。
 皆一様に黙った。

 様々な意見交換が行われたが、日本国を敵に回してはならないという1点は、皆一致するのであった。

 彼等調査団は衝撃を受けて帰国するのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 23:19| Comment(6) | 小説
この記事へのコメント
乙です。

ニース様のぽやぽやな感じで
日本に挑む展開になるんだろうなと

2000ポンドのMk84とか
クラスターとか
見た目と効果の派手な兵器のほうが印象分かりやすかったかもね
Posted by at 2022年05月19日 23:24
調査団は海自の演習を見ていないので、海戦については考えていないようです。強い海流があるので、艦隊戦はそもそも念頭にないのでしょうか。
Posted by at 2022年05月20日 01:06
会議中で名前が出ているのは6名ですが、重要な会議なので9名全員が出席しているのでしょう。
Posted by at 2022年05月20日 01:08
なるほど、そこは盲点でしたね
どうやら最低限一人くらいは、外務省官僚と今後の予定について打ち合わせていたとか、手土産の手配に走り回ったのかねぇ?
Posted by at 2022年05月20日 18:39
実際のところ皇国と戦端が開かれた場合どうだったのかね?どうもこの国ってワイバーンを基準に考えてる感じがあるし、普通に皇国に負けたんじゃなかろうか?
Posted by at 2022年05月22日 21:29
大遠征で皇国と戦ったら敗北、シル国を橋頭堡としてロデニウス大陸を征服してガッツリ戦力拡充(飛空艇とかを大量にロウリア王国辺りに本国から輸送)してから皇国に侵攻。更に皇国は侮ってその間何もせずに相手が攻めるに任せるとかだったら聖王国の勝ちじゃない
まあそんな事ありえないから日本無しの世界線なら大陸を征服した王国と戦って連勝して半分くらい征服して油断した所に
皇国からの援軍が来てあっさり蹴散らされて気合を入れなおして善戦するも後方がしっかりして居ない為足を引っ張られて大陸から蹴り出されて終了じゃないかね
その後は大陸全部が皇国の奴隷となりシル国は聖王国確保して大陸南部を掛けて度々戦争的な感じになるとか
Posted by at 2022年06月10日 05:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: