2022年07月23日

第135話文明の衝突3P1

クルセイリース大聖王国 属領タルクリス 統合基地セキトメイ

 空から船が編隊を組んで飛行する。
 天駆ける船が降りてくる様子は力強かったが、夕日を背に降りてくる様は何処か哀愁が漂っていた。
 大艦隊は当初の予定よりも遙かに早く基地へと戻り、その数を大きく減らす。

 着艦した船からは、幹部達が足早に降りる。
 彼らの顔は皆暗く、表情は厳しい。基地に残っていた職員達は何事が起こったのかとざわつくのだった。

 艦隊司令ターコルイズをはじめ、軍幹部達は休む間も無くすぐ会議室へと入室した。

 小会議室の円卓に幹部達が着座する。

「これより戦闘結果の検討を開始する」

 大まかな戦闘結果の報告から始まり、各艦がどういった対策を行い、結果どうなったのかが報告される。
 王国主力艦隊を投入し、日本国艦隊を見ることすら無く1/3もの戦力が消失した。
 各艦の動き、練度は申し分無く、レーダー連動型の長距離艦隊級極大閃光魔法も問題なく起動している。

 しかし、今回は敵の兵器があまりにも速すぎて、全く捕らえる事が出来なかった。
 おそらく風竜程度、時速にして500km超程度の速度であれば、捕らえることが出来ていたに違いない。
 しかし、今回の敵兵器は時速2800kmを超える。
 これほどまでに速いと、レーダーでは正確な位置を捕らえる事が出来たとして、魔導位相に基づく方向修正を加えたとしても、術式構築が追いつかない。
 そもそも敵の兵器が想定速度を遙かに超えている。

 様々な検討が加えられた結果、絶望的な結論が導き出された。

「パーパルディア皇国であれば多少の被害が出たとしても勝つことは十分に可能ですが、日本国の対空誘導魔光弾に対し、我々は防御する術を持ちません。
 あれほどの兵器がどれほどの数あるのかは解りませんが、弾の数だけ飛空艦が沈みます」

 現場レベルの合理的思考による冷静な分析結果。
 この思考がクルセイリース大聖王国の連戦連勝を支えてきたのである。
 
 予想された結論であったが、ターコルイズの顔は苦渋にまみれる。
 絶対に勝つはずの、国の威信を掛けた初戦であってはならない事が起こった。

「敵の誘導魔光弾には飛べない高度があるかもしれません。
 様々な高度から旧式のワイバーン竜騎士団を仕掛けて弱点を探ってみてはいかがでしょうか?」

 命をかけた敵兵器の評価方法が検討される。
 様々な案が出るが、運用上現実的ではなく、会議は夜遅くまで続いた。
 クルセイリース大聖王国主力艦隊にとって、唯々絶望的な戦力比が明らかになり、大きすぎる衝撃となった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 09:41| Comment(15) | 小説
この記事へのコメント
お、いつの間にか更新されてる
更新お疲れさまです
Posted by at 2022年07月23日 10:11
更新ありがとうございます。
Posted by at 2022年07月23日 10:34
風竜程度ってことは
対空ならグ帝だろうがミ帝だろうがなんとでもなるってことか
こいつら現時点でのNo.4かNo.5くらいだな
Posted by at 2022年07月23日 10:49
ク聖王国でも風竜は知られていたみたいですね
Posted by at 2022年07月23日 11:38
グ帝の原始的なチャフで防げるかもしれない
Posted by at 2022年07月23日 11:45
みのろう先生お疲れ様です。

しかし、政治判断で海上自衛隊による即時反撃ですか…
結果的には大勝とはいえ、やっぱりなんかイヤな感じがします。
Posted by ハインフェッツ at 2022年07月23日 12:11
うへぇ、こんなタイミングで更新ですか
ナニハ友あれ、更新ありがとうございます
Posted by at 2022年07月23日 13:13
>様々な高度から旧式のワイバーン竜騎士団を仕掛けて弱点を探ってみてはいかがでしょうか?

セキトメイ基地からワイバーン部隊を出撃させるのは無理そうな気が…
シルカーク周辺まで飛空艦でワイバーンを運んで行くとすると、飛空艦にも竜母に相当する艦種があることになります。
Posted by at 2022年07月23日 13:53
>このまま戦争に突き進んでも艦隊をいたずらに全滅させるだけだ。

全滅ではなく消耗でいいのではないでしょうか?
Posted by at 2022年07月23日 14:53
異世界なのに、単位がメートル法なのは何故?
Posted by at 2022年07月24日 00:39
おお、いつの間にか更新来てた

ちょっとボコられてすぐさま逃げ帰って対策会議とか、今までの敵と違うね
ま、いくら会議したところでどうしようもないと思うけど
Posted by at 2022年07月24日 01:13
更新乙です。ありがとう。
Posted by at 2022年07月24日 06:43
更新来てるからなろうの方もまた更新再開しそうでうれしい
Posted by at 2022年07月26日 02:39
追撃かけんかったのかー
Posted by at 2022年08月07日 10:19
✖ 捕らえる
〇 捉える

相変わらず直らないですね^^
Posted by at 2022年08月14日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: