2022年10月19日

第137話古の超兵器2P3

◆◆◆

 クルセイリース大聖王国 ワカスーカルト
 パーパルディア皇国軍 120門級戦列艦ジャスティス

「ハル・カーク様、船が着きました」

「ありがとう、やはり列強国の船はすごいですね、船足が速い」

 よっこらせ……というかけ声と共に初老の男、シルカーク王国全権大使、王族の1人ハル・カークは立ち上がる。

 クルセイリース大聖王国の外交大使カムーラの事前連絡によると、この後迎賓館で和平調印式が行われる予定となっていた。
 ハル・カークは外務郷カルクやその他護衛と共に最上甲板へ出た。
 辺りを見渡す。

「これが……クルセイリースですか?」

 歴史ある都市だと事前に聞いていた。
 しかし、どんよりとした街、暗い色を基本とした建物群、歴史ある町並みというよりもむしろ軍事敵施設に近い。
 港から船にラッタルがかかり、軍外交担当のカムーラが歩いてくる。

「ん?」

 バイアの本能が警笛を鳴らす。
 カムーラの表情から前までの謙虚な雰囲気は消えていた。
 かつて新興国を統治した際、敗戦協定で攻撃を加えてきた蛮族によく似た顔。

「おい、警戒レベルを戦時警戒レベル1種まで引き上げておけ。
 いつでも戦闘に移行出来るよう、準備を怠るな」

 小声で部下に指示を行う。
 皇国は秘密裏に警戒レベルを上げた。

「シルカーク王国、その他の方々、よくぞ来られた」

 カムーラは1冊の書類を取り出してカルクに手渡す。

「これに署名してもらおう」

 突然現れ、迎賓館へ案内する訳でもなく、突然書類を渡して署名をしろと迫る。
 失礼極まりない言動にカルクは怒る。

「事前の話では迎賓館に移動する手筈だったはず」

 国と国の関係ではありえないほど失礼な対応だった。

「迎賓館?ああ、あれは賓客をもてなす所だ。とにかくそれを読め」

 先日のしおらしい対応と一変した強気の態度。
 国の方針が変わったとしか思えない。
 カルクは書類を読んだ。

「こ……これはっ!!!!」

 事前の内容とは似ても似つかない文章で、シルカークに無条件降伏を迫る内容だった。

「こ……こんなものが飲めるはずがないだろう!
 お前達は国と国の外交を何と考えているのだ!」

「これは心外だな。最初から私はお前達に降伏を迫っている」

「貴様っ!!渡された文章にはこんな文字は全く無かったぞ!!」

「渡した文章には、末尾の右下に案と書いてあったはずだが?」

 よく見ると、末尾右下にインクのにじみのようなものが見える。
 虫眼鏡で拡大すると、3mm程度の文字で、小さく案と記載があった。
 まるで悪徳商法のようなやり方に、カルクは顔を赤くする。

「このような降伏を迫る内容、この調印は無しだ、破談とする!!」

「そうか、残念だ。では帰られるがよい」

 カムーラは足早に船を下りる。
 彼らはすぐに馬に乗り、全速力で街の方向へ駆けていった。
 
 一部始終を見ていたバイアは経験から攻撃の可能性を察知し、指示を出す。
 
「錨を上げろ!!すぐに帆を張り、風神の涙の出力を全開!!
 全速力で同海域を離脱する!!!」

「はっ!!!」

 120門級戦列艦ジャスティス乗組員は俊敏に動く。
 その時だった。

「日本軍ちょうかい より発光信号!!
 飛行物体を探知!!南南東方向距離70km!!
 騎数120騎、速度211km、高度400m!!」

 攻撃が来ることは間違いが無く、緊張が走る。

「空中戦艦か、もしくはワイバーン?……オーバーロードに迎撃を指示!!」

「了解、飛行物体接近!!飛行物体接近!!竜騎士団にあっては南南東方向の警戒にあたれ!!
 交渉は決裂した。交戦を許可する。
 繰り返す、交渉は決裂した。交戦を許可する!!!」

 ギュオォォォォォォンンン!!!!!!!
 付近にワイバーンオーバーロードの咆哮が響き渡る。
 上空を警戒していた竜騎士団は、南南東方向へ飛ぶのだった。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:33| Comment(5) | 小説
この記事へのコメント
>日本軍ちょうかい より発光信号!!

発光信号は国により異なりますが、日本とパ皇は共同作戦を行えるように共通の形式を定めていたようです。
日本は無線機などの通信機器をパ皇側に貸与してなかったようです。
Posted by at 2022年10月20日 05:42
流旗信号や手旗信号よりかは確実だよね
Posted by at 2022年10月20日 17:49
盛り上げ方がうまい
Posted by at 2022年10月21日 10:03
無線機貸し与えたくなかったのかな
Posted by at 2022年10月21日 13:53
その場にいて当事者なのだから、
「全速力で同海域を離脱する」
より、
「全速力で本海域を離脱する」
な気がする
Posted by at 2022年10月23日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: