2017年08月16日

第68話 バルチスタ大海戦P2

◆◆◆

 ムー機動部隊第2艦隊所属 メルティマ マリン航空隊

 機動部隊から飛び立って十数分、敵との相対速度を考慮すると、そろそろ敵が見えて来るはずだった。
 メルティマ航空隊10機は編隊を組んで飛行する。

「それにしても未だに信じられないな……。」

 魔法文明がほとんどのこの世界において、唯一と言って良いほどの高度機械文明国ムー。
 上位列強国まで上り詰めたその「力」は本物であり、旧式機に比べてマリンは加速、旋回性能、そして申し分ない最高速度を誇っている。

 初めてこの「マリン」型艦上戦闘機を操った時は、何と恐ろしい兵器を祖国は作り出してしまったのかと驚いたものだった。
 しかし、突如として現れた敵、グラ・バルカス帝国……。
 かの国の力は先のカルトアルパス奇襲で恐ろしいほどの性能を発揮していたという。

 愛機を操るメルティマは、自分の練度に絶対の自信を持っており、作戦会議でもグラ・バルカス帝国の航空機に関して注意喚起されたが、全く負けるとは考えていなかった。

 彼は日本国の航空機の性能も技術者から聞かされた事があったが、あまりにも性能が隔絶しており、自分も未体験であり、信じる事が出来ないでいた。
 時折漏れて来る日本国への旅行者からの噂も、いくらなんでも誇張しすぎだと考えていた。

『機影確認!12時の方向、低空!』目の良い隊員が報告をしてくる。
 離陸後の10数分は、上昇し続けてきたため、どうやら上を取れたようだった。

 空戦は高空をとれるほど、運動エネルギーを味方に付ける事が出来るため、有利に物事を運ぶ事が出来る。
 マリンの最高速度と、急降下の運動エネルギーを加え、10機による一斉攻撃で偵察機を確実に葬る。

 メルティマは幸先が良いと口元を吊り上げた。
 敵機との距離は徐々に近づく。

「敵はこちらに気付いていないのか?」

 等速直線運動を続ける敵……生まれる微かな疑問。

「いや、航空隊で気付かぬはずなど……そこまで練度が低いはずがない!!!」

 微かに出た疑問は油断を誘うと感じ、その考えを打ち消した。
 戦場において「油断」は決してしてはならない!

「なんだ?あの飛行機……本当に主翼が1枚しかないのか」

 何度も資料で見た敵の航空機が眼前にある。見慣れた複葉機とは異なる形状の航空機……『異界の敵』に微かな恐怖が宿る。

(いや、いける!!!)

 本能の警告を知識の理論で打ち破る。
 敵航空機との距離はさらに近づいた。

 部下にキャノピー越しに、手で合図を送った……攻撃開始!
 メルティマ航空隊10機は反転、急降下を開始した。

 ムー国の誇る艦上戦闘機「マリン」は急降下を行う。
 最高速度は時速380kmであるが、重力加速度という高度を味方につけ、さらに速度を上げる。早すぎる速度に機体はガタガタと震え、風切り音は室内に轟音となって鳴り響いた。

「え!?」

 微かな気付き、想定と現実の差……。
 こちらは重力をも味方につけ、速度を上げているというのに、敵はすでに真下を通過し、ドンドンと遠ざかる。

「し……しまった!!!」

 圧倒的な速度差を感知した時は、時すでに遅く、彼の小隊は敵機に突き放されていく。

「くっ!!」

 にじみ出る悔しさ、明らかな自分のミス……。
 信じられないが信じざるを得ない機体性能の差……彼は怒りをもって無線で本体に報告した。

◆◆◆

 世界連合艦隊上空に、グラ・バルカス帝国の航空機が現れた。
 迎撃に出たメルティマ小隊は引き離されたようだ。
 我が物顔で艦隊上空を飛び回る偵察機、ムーの誇る艦隊直営も、敵の速度に翻弄されて全く追いつけず、射程距離にすら入れていないようだった。

「くっ!何という屈辱だ!!」

 上空を見上げるムー艦隊司令レイダー、飛び回る敵機のあまりの速さに彼は嫌な予感に包まれた。

「ん!?」

 前方を行く神聖ミリシアル帝国の艦隊から光弾が連続して上空に打ち上げられた。

「凄いな……この距離から届くのか!!」

 8隻の艦隊から連続して打ち上げられた対空魔光弾は空に無数の線を走らせた。
 敵の周辺にも無数の線が走り、グラ・バルカス帝国の偵察機は逃げるように飛び去って行った。

「見つかってしまったな……」

 今から訪れるであろう敵機の大軍を想像し、レイダーは気を引き締めるのだった。


 世界連合西方海域 上空〜

 グラ・バルカス帝国の航空機に全く追いつけなかったメルティマ小隊は、そのまま敵の進軍が予想される空域に進出し、現れる可能性のある敵編隊を早期に発見、迎撃するために警戒飛行を行っていた。

「前方に機影確認!!」

 目の良い部下から報告が入る。
 
 目を細めて前を見た。

「つっ!!」

 徐々に見えて来る黒い点、青空に現れたシミのような斑点はその数を徐々に増やしていく。
 その数は1つや2つでは無く、いや、十や二十ですらなく加速度的にその量を増やす。

「何てことだ!!ひゃ……100機を超えているぞ!!!」

 部下が無線を飛ばす。

「バカなっ!!あんな高性能機が100以上も……しかもたったの1回で出撃してくるというのか!!」

 彼の小隊に恐怖が伝染していく。
 高度差はほとんど無いように思えた。
 彼の小隊にとっては絶望的な戦力差……確かな死の予感がする。
 家族の顔が脳裏に浮かんだ。

 メルティマの本能が全力で逃げろと警笛を鳴らす、しかし……軍の最新鋭機、しかも練度の高い自分が逃げ出したら他の軍人も逃げ出しかねない。
 確実に死ぬと解っていても……。

 ムーのため、家族のために本能を理性で押さえつけた。

「いくぞっ!!」

 自らを鼓舞するかのように部下に無線を流し、スロットルをいっぱいに開放する。
 エンジンは最大限の出力を発し、プロペラは力強く回転した。

 敵との距離は急速に近づく。

「あと少し……あと少しだ!!」

 もう少し7.92mm機銃の射程距離に入る。
 すれ違い時の機銃掃射であれば当たるだろう、そう思った時だった。

「ぐじっ!!」

 微かに聞こえた無線の後、斜め後方を飛行していた部下が爆炎に包まれた。
 そして線状の光弾が後方上空から撃ち下される。
 さらに別の味方が数発を受け、機体は大きな炎に包まれた。

「くそっ!!太陽を背に!!!」

 メルティマは敵の照準から逃れるため、操縦桿を横に倒す、機体は鋭く操縦桿に反応し、90度横を向く。続けて一気に手前に引き、急速旋回を始めるメルティマ機、機体の翼端からは白い尾を引く。
 次の瞬間、先ほどまでの自分の進行方向に火線が走った。
 慌てて首をあらゆる方向にまわす。

「ちきしょう!!!」

 共に戦ってきた部下が、次々とハエのように落ちていく。
 多数の敵機が近くを飛翔し、下方へすり抜けた。

「おのれっ!!なんという速さ、そしてとんでもない機銃の威力だ!!!」

 数発当たっただけで機体が砕けるほどの威力、そして敵の1撃離脱時の速度を見たメルティマは回避運動を行いつつ無線で報告を行う。
 ムー国には未だ配備されていない航空機用の20mm機関砲、弾道は安定しないものの、着弾時に大きな威力を開放、数発当たっただけで次々と撃墜されていった。

 何も攻撃を行う事が出来ず、ただひたすらに回避運動を行うメルティマ……。気付けば部下はすべて撃墜され、自分だけとなっていた。

「早いだけでなく、旋回性能もすさまじい!!」

 気を取り直し、敵を撃墜すべく操縦桿を操る、彼の機首は何とか敵の方向を向いた。
 すでに射程距離の遥か先を行く敵機……絶望的な性能差だった。

「せめて……せめて追いつける速度があればっ!!……ぐがっ!!」

 機体後部に衝撃が走る。
 振り返ると水平尾翼と垂直尾翼が吹き飛んでいた。
 安定性を失った機体はめまぐるしく回転を始め、雲の海へと落下していく……。

「……これまでか……。」

 メルティマ機は回転しながら雲の海に落下していった。

 ムー機動部隊第2艦隊所属、メルティママリン航空隊10機は、世界連合艦隊西方約130km付近空域において、グラ・バルカス帝国東方艦隊空母機動部隊より飛び立った第一次攻撃隊約108機と会敵、護衛戦闘機と空戦に至り、全滅した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:31| Comment(1) | 小説

第68話 バルチスタ大海戦P1

第2文明圏 ムー大陸北方 バルチスタ海域

海を埋め尽くさん限りの大艦隊が西へ向かっていた。
この異世界の連合軍と言っても差し支えないほどの強軍、世界連合艦隊……。
彼らは武力によってこの世界の秩序を乱す者、彼らの基準にとっては悪となるグラ・バルカス帝国の艦隊を滅するために西へ向かう。

艦隊は様々な国々、技術体系の異なる連合艦隊であるため、さながら船の博物館の様相を呈していた。

ある艦は黒き煙を吐き、そしてある艦は帆をいっぱいに張って進行していく。
実に異様な光景……。

しかし、その中に神聖ミリシアル帝国主力艦隊の姿は無い。

かの国の艦隊であるのは地方隊の8隻のみ……。
進行速度を合わせると、戦力が低下するというのが主な原因らしかった。

「すごい量だ……見た目も力強く、どんな敵が来ても負けようが無い……そう思えて来るな。」

ムー国の機動部隊司令レイダーは、眼前の光景を見て感嘆する。
ムー艦隊旗艦、ラ・カサミ級戦艦『ラ・エルド』の艦橋から彼は眺める。
 
「司令、毒舌ですね。『見た目』とはっきり仰る。
 私も……前回の戦闘報告が正しければ、眼前の列強艦隊は我が国も含めてグラ・バルカス帝国の攻撃を受けた場合、敗れるかもしれません。
 もっとも、神聖ミリシアル帝国主力とムー大陸北方に展開する第二文明圏のワイバーンをかき集めた『第二文明圏連合竜騎士団』500騎の力をもってすれば……いかにグラ・バルカス帝国であろうと、数の力で
勝てると思っていますが……。」

 ラ・エルド艦長テナルは司令に返答した。
彼は続ける。

「日本国の軍事資料を研究し、我々の力で対抗するための戦術、有用な兵器は積んでいますし……。」

 テナルは戦艦を見る。
 彼の視界の先にはハリネズミのように上へ向く20mm機関砲が見える。

「さて……どれだけ効果があるかな。」

 眼前に広がる大艦隊、そして今回の戦力を考える。

 世界連合艦隊
 〇 ムー 機動部隊 50隻(第2文明圏 列強)
 〇 神聖ミリシアル帝国 地方艦隊 13隻(中央世界 列強)
 〇 トルキア王国 戦列艦隊 82隻(中央世界)
 〇 アガルタ法国 魔法船団 70隻(中央世界)
 〇 ギリスエイラ公国 魔導戦列艦隊 98隻(中央世界)
 〇 中央法王国 大魔導艦 2隻(中央世界)
 〇 マギカライヒ共同体 機甲戦列艦隊 28隻(第2文明圏)
 〇 ニグラート連合 竜母機動艦隊 30隻(第2文明圏)
 〇 パミール王国 豪速小型砲艦隊 115隻(第2文明圏)
                        他
 別動隊
 第二文明圏連合竜騎士団 500騎
 神聖ミリシアル帝国 第1、第2、第3魔導艦隊 各 魔導戦艦2、空母2、重巡洋艦4、巡洋艦8、小型艦20(36隻×3艦隊=108隻)


 テナル達ムーの軍人は知らないが、これに

 古代兵器(古の魔法帝国〜ラヴァーナル帝国製) 空中戦艦 パル・キマイラ 2隻

 が加わる。
 彼は間もなく歴史に刻まれるであろう戦いを前に、気を引き締めた。

 力と力、物量と物量のぶつかり合いが今、始まろうとしていた。

◆◆◆

 ムー国海軍旗艦 ラ・カサミ級戦艦 ラ・エルド

「報告します。偵察に向かっていた第2空が我が方へ向かってくる敵1機を発見!距離108km、まっすぐこちらに向かって来ます!!
 なお、敵は高速のため迎撃不能!!」

 艦橋に緊張が走る。

「ついに始まるか……おそらくは偵察機、落としたいな……。
 艦隊にあっては戦闘配備!10機ほど迎撃機を上げ、敵を撃墜せよ!!
 各国艦隊へ伝えろ!!偵察機が来るとな!!!」

 ムーの艦隊司令レイダーは吠えた。

「了解!!」

 敵の侵攻であれば、艦隊上空を護衛中の航空機が向かうが、今回は対偵察機のため、練度の特に高い護衛戦闘機よりも、通常の飛行隊で比較的練度の高い者が選出された。
ムーの空母が加速を開始する。
 空母のうちの1隻から、マリン型艦上戦闘機が発艦していく……透き通るような青い空に向かい、彼らは離陸を開始した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:29| Comment(7) | 小説

2017年08月13日

1巻特典 その3

■ クワ・トイネ公国 経済都市マイハーク

 小さな石畳の上を、馬車や陸鳥が離合する。
 街は活気に溢れ、行き交う人々の顔も明るい。
 私服で歩くマイハーク防衛騎士団団長のイーネ、今日は休日である。
「はー……」
 昨日のことを思い出し、イーネはため息をついた。
 聞いてしまった……いや、聞こえてしまったのだ。隊員たちの本音が。

「――だよな」
「ああ、受付のミーちゃんは確かに可愛い。狙うならあの子だな」
「でも身近にも美人はいるじゃないか。団長はどうよ?」
「イーネ団長? 可愛いけど、ちょっと無理かな……気が強いし、男を立てるという必要性がわかってない。やっぱり女は一歩引くくらいが良いよ」
「気が強いのは団長の立場上だろ? 2人きりになると上目使いで猫のようになるかもよ」
「いや、立場上だけではないのは見ていれば解るだろう。やはりコルメス公爵家の娘だからかな……あれは行き遅れるに違いない。すでに27歳でやばいけど……40代でも独身だったら、きっと鬼団長になるぞ――」

(失礼な奴らだ。特にキースの奴め、鬼団長だと? 「行き遅れる」なんて言いすぎだ! 私だって……私だって男の1人や2人くらい……)
「はー……」
 やっぱり自信がない。団長職について十数年、色恋沙汰と無縁に生きてきて、もはや殿方の心の掴み方など、わからなくなって久しかった。
(このまま行き遅れるのかな……。ええい!! せっかくの休日に悩んでいても仕方ない。買い物でもしよう!!)
 イーネは裏道に入った。少し入り組んでいて、先を曲がると彼女のお気に入りの服屋がある。
「ん? あれは……」
 緑色のまだら模様を着た人物が、焦った雰囲気でキョロキョロと何かを探していた。
 ロウリア王国の魔の手から我が国を救った、日本国の兵だろう、確か親善訪問をしていると聞いていた。
 兵にしては高齢に見える。40代中盤から後半といったところだろうか――
「――ん!?」
(やばい!! 顔がドストライク!!!)
 あの年でまだらの服を着ているということは、出世できなかった兵だろう。顔は好みだし、ちょっと引っかけて男の気持ちを理解する練習台にはちょうど良いとイーネは考えた。
 どうせ異国の兵だ、恥があったとしてもすぐに国に帰る。
(まずは話しかけて……おっと、女は1歩引いて、だっけ。ミーちゃんが良いとあいつらも言っていたな。ミーちゃんみたいに……ミーちゃんみたいに……)
「あのぉー……何かお困りですかぁー?」
 満面の笑みと上目遣い、そしてちょっと語尾を伸ばしつつ甘ったるい声で、イーネは日本人に話しかけた。
「え? あ、はい……帰る方向……マイハーク青年宿舎の方向がわからなくなってしまいまして」
「それは大変〜。何時までに帰らなきゃいけないんですぅ?」
 自分で話していて、この言葉使いは鳥肌が立つ。我ながら気色悪いと思いつつ、話し始めたらあとには引けない。――ミーちゃんはいつもこんな気分で話しているのだろうかと不穏なことを考えていた。
 もう辞めてしまいたいが、男に慣れなければ……一生独女なんて嫌だ……と、イーネは必死だった。
「17時までに帰れれば問題ないのですが、大体この街の雰囲気もつかめたし、帰ろうかと」
「そうなんですねぇ〜。ところでおじ様ぁ、マイハークの有名な観光場所なのですが、ディスウール教会はもう行かれましたぁ?」
「いえ、行ったことはありません」
「じゃあー……お時間もあるようなので、寄り道しませんかぁ? お帰りの場所と同じ方向なんですよぉ〜」
「え……ええ、ありがとうございます」
 イーネは日本国の兵と思われる者を、有名なデートスポットへ半ば強引に連れて行った。

■ 数日後

「イーネ団長、本日は日本国自衛隊員の幹部たちと、マイハークに住む貴族たちの晩餐会が開催される。晩餐会にはロウリア王国との戦争で自衛隊の救援部隊を指揮していた日本国の猛将、大内田和樹陸将も参加される。マイハーク防衛騎士団の団長として、君も参加してくれたまえ。あと……騎士キースをエスコートに使うといい。キースもあれで貴族の出だ、作法は心得ているだろう」
 国の軍務担当からの依頼により、彼女は晩餐会に参加することとなった。

 空気は澄み、2つある月がはっきりと見える。
 晩餐会会場に向かう外廊下で、イーネは騎士キースに釘を刺す。
「キース、くれぐれも失礼のないようにな」
 イーネの言葉を聞いていたのかいなかったのか、若き騎士キースは胡乱な目を彼女に向けた。
「イーネ団長……私、見てしまいました」
「何をだ?」
「……甘い声で異国の兵を逆ナンパする団長の姿です。オフでは凄く行動的だったんですね、公私の差が激しくてびっくりしました……」
「ッッ――――!!!」
 イーネの顔が引きつり、あまりの恥ずかしさと衝撃に声にならない悲鳴を上げた。
「い……いや、あれは……」
「団長、部屋に入りますよ」
 キースにエスコートされて、彼女は晩餐会の広間に入る。
 しかしイーネは内心慌てふためき、晩餐会どころではなくなっていた。
(やばい!! キースに見られた!! やばい!!!)
 すでに司会が何かを話始めているがほとんど耳に入っていない。
「――では、我が国を救った猛将、大内田和樹陸将の登場です!!」
 割れんばかりの拍手が巻き起こり、40代くらいに見える男性が広間に入ってくる。
 イーネは彼の顔を見て、血の気が引くのを感じた。
「あ……あ……あの人は!!」
 ミーちゃんの真似をし、恥はかき捨てとばかりに生まれて初めて逆ナンパした男性。その彼が、檀上で講演を始めている。
 講演後には大内田陸将との挨拶を控えている。イーネ団長は慣れないことをするものではないと、一時卒倒してキースに抱えられた。

 顔から火が出る思いをした団長イーネだったが、後日、大内田和樹陸将と国の垣根を超え、いじらしくも親密な関係に発展していくのだった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:23| Comment(300) | 小説