2019年11月17日

第96話 覇王の行進3 P2


◆◆◆

 たった1発食らえばほぼ死ぬ……帝国の強靱な防空網は役に立たない。
 兵達は事実を理解し、恐怖は伝搬していく。

「生き残った兵の救出に、駆逐艦2隻をまわせ!他の艦は敵の位置を早急に割り出せ!!」

「了解!!」

 生き残りの兵を救う。アウロネスは、的確に指示を飛ばした。

「副長、艦隊の数を考えると、それほどのダメージを受けたわけでは無い。
 敵の発射位置さえ特定出来れば、撃沈出来るはず……だな?」

「もちろんでございます。帝国をコケにした敵を殲滅してやりましょうぞ!!」

「報告!!」

 通信士が声を上げる。
 艦橋に緊張が走った。

「15時の方向から1発!攻撃来ます!!!」

「ぬぅ!!迎撃だ!!迎撃しろ!!」

 対空砲が雨のように打ち上げられる。しかし、全く当たらず、さらに1隻が沈む。
 一定の時間をおいてさらに1発、1発が到達し、艦が沈んでいった。
 艦隊は恐怖におののく。

◆◆◆

 潜水艦おうりゅう

 水深500m、グラ・バルカス帝国では決して届かぬ深海で、音も無く海上自衛隊の最新鋭潜水艦は進んでいた。

「艦長、味方の攻撃は相当に応えているようです」

 他に同海域にあった潜水艦隊は、徐々に敵艦隊に攻撃を加えていた。
 一定時間をおいて確実に着弾させる攻撃は、敵の精神を削り、敵艦隊は乱れる。
 
「意外と早く射程距離に入ることが出来ましたな」

 敵の進路上におうりゅうはいたため、相対速度があり、予定よりも早く敵艦隊に近づく事が出来た。
 
「目標、射程距離に入りました」

 静かな艦内に静かな報告が響く。

「よし、敵大型空母を攻撃する。89式魚雷攻撃用意!!、2発使用する」

「魚雷発射管注水開始」

 魚雷発射管に注水が開始される。
 僅かに響く注水音。

「注水完了、89式魚雷発射準備完了」

「発射!!」

 艦に僅かに響き渡る音、少し遅れて2発目が発射された。

「続けて攻撃するぞ。目標敵戦艦、89式魚雷続けて2発、準備出来次第発射せよ!!」

「了解!!」
 
 潜水艦おうりゅうからは、計4発の魚雷が発射される。
 深海の化け物は、グラ・バルカス帝国に悟られること無く攻撃を開始、さらなる獲物を求めて動き出す。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:48| Comment(14) | 小説

第96話 覇王の行進3 P1

「撃て撃て撃て撃てぇ!!!」

 ダダダダダッ…ダッ…ダダダダダッ

 海上に射撃音が鳴り響く。
 総数200を超える艦艇が出す砲撃音は、海上に響き渡った。
 巡洋艦テラ・バーカ艦長「パーボルト」は、攻撃目標を睨み付ける。
 先ほど1発が艦隊に紛れ込んだが、帝国の強力な防空網でたたき落す事が出来た。
 つまり、敵の攻撃は防げるという事が証明された訳だ。

「敵の攻撃はロケット弾だ!!敵を見据えつつ、撃ち落とせ!!
 機関全速!!回避運動しつつ、射撃実施!!」

 パーボルトは、敵の攻撃は正確な座標を貫く計算され尽くしたロケット弾のようなものだと考えていた。
 友軍から打ち上げられる多数の光弾……これほどの弾幕であれば、必ず防ぐことが出来るだろう。
 目標の1体が、上昇する。

「撃て撃てぇ!!狙えば当たるはずだ!!早く撃ち落とせぇ!!」

 上昇した後、頭がこちらへ向く。
 点のように見えると言うことは、この艦にまっすぐ向かってきている事を理解する。
 パーボルトの背筋に悪寒が走った。

「早く落とせぇ!!」

 艦の動きがひどくゆっくりしたものに感じ、もどかしい。
 艦の動きに合わせてロケットは向きを変え、目標が外れる気配がない。

「ロケット、ついてくるぞっ!!」

 誰かが悲鳴のように叫んだ。

「落とせるはずだ!!落とせるはず……」

 先ほどは落とせた。帝国の防空網で落とせるはずなのだ。
 しかし、全く墜ちる気配は無く、ロケットは無慈悲に距離を詰めた。

「うおぉぉぉぉぉ!!」

 艦橋へ向かって飛んできた対艦誘導弾はその威力を開放した。
 爆圧は弱い方向へ駆け巡り、大爆発を起こした。
 上部構造物は猛烈な爆発と共に吹き飛ばされる。

 艦長パーボルトは光と共に、この世を去った。

◆◆◆

 旗艦クウェーサ

 司令アウロネスの目に、悲劇が飛び込む。
 圧倒的な……雨とも言える対空砲火、その砲撃をかいくぐり、次々と敵の攻撃が着弾していた。
 その爆発の威力は凄まじく、巡洋艦の大きさを超える爆発が多数出現する。 

「巡洋艦テラ・バーカ大破!!」

「駆逐艦カロン轟沈!!」

 艦橋には悲劇的な報告が続く。

「ああっ!!」

 対艦誘導弾は旗艦クウェーサの右側を走っていた空母ケルベロスに突き刺さり、光を放つ。
 上部で発進待機していた爆撃機、雷撃機はすべて吹き飛ばされ、搭載していた爆弾に誘爆した。
 一際大きい爆発が出現し、海水が艦内に流れ込んだ。
 急激に艦首が上を向き、海に立つ。
 沈み行く空母ケルベロス、艦周辺に下向きの海流を生んだ。

「うわぁぁぁぁっ!!」

「ぎゃぁぁぁぁぁっ!助けてぇぇぇっ!!!」

 海流に巻き込まれた隊員の悲鳴が、旗艦まで聞こえる。
 アウロネスの胸は締め付けられた。
 
「被害報告!!」

 着弾した艦は急激に速度を落とし、艦隊後方へ墜ちていく。
 未だかつてアウロネスが受けた事の無い一方的な攻撃に、精神が崩れそうになった。

「敵攻撃11発、命中艦11、轟沈7、大破自走不能3、中破1、自走可能艦は、中破の戦艦アンテです」

「全弾命中だと?全く防げなかったというのか……くそっ!!」

「しかし、戦艦は敵の攻撃では撃沈出来ないという事です」

 副長の話は入ってこない。
 怒り、そして恐怖のやり場が無く、艦の壁を強く叩いた。

 帝国の防空網は簡単に突破された。
 しかも、多くの者達が見ている中、空母がたったの1撃で轟沈されるという悲劇。
 司令だけでは無く、兵達もまた戦慄した。

「発射位置の特定はまだ出来ないのか」

「出来ません!!」

「ぐっ……早く見つけろ!!」

 アウロネスは声を絞り出した。
 攻撃は一時的に止む。


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 22:46| Comment(13) | 小説

2019年11月10日

第95話 覇王の行進2 P4

「副長……発射元を速く割り出すよう指示を……これはまずいぞ」

「発射元を割り出すようには指示済みです。
 対空レーダーに反応は無く、海上に艦艇も見つかりません。とてつもなく遠くから飛んできたか、もしくは潜水艦以外考えられません。
 しかし、まずい……と申されますと?」

「先ほどのあれ……あれが駆逐艦を撃沈したものだとすると、恐ろしく探知が難しい。
 水平射撃から上への射撃、つまり海面に近い位置を飛行してきたという事だ。
 海面に近い位置はレーダーの探知が難しい。
 そして、あの1発が……たったの1発が吸い付くように艦に向かう。
 恐ろしく命中率の高い攻撃だ。
 海軍本部の懸念は最悪の形で的中したようだ。
 あの兵器にもしも、夜間攻撃能力があったら」

「確かに、まずいですな。
 しかし、探知さえ出来れば帝国の防空網は、未知の兵器でさえも防げるほどに高いという事が証明されましたな」

「だと良いが」

「報告!!航空隊より連絡!!方角7時から2、9時から3、12時から2、2時から1、5時から3、先ほどの飛翔体が向かってきます!!
 距離、無線混信のため現在確認中!!」

 悲鳴のような報告が響く。
 艦橋の空気は一変した。

「なっ!!なんだとっ!!」

 先ほどの11倍もの攻撃が艦隊へ向けられた。

「迎撃だ!!迎撃しろっ!!」

 アウロネスは声が裏返る。
 たまらずのぞき込んだレーダーには、薄い光点が……帝国艦隊を囲むかのように向かってきていた。

 アウロネスの背筋に悪寒が走る。

 


タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:15| Comment(1967) | 小説