2020年02月15日

5巻特典 夢の世界へ

■ グラ・バルカス帝国 帝都ラグナ 外務省 食堂

「シエリアさん、お疲れのようね」

 定期報告のために帰国し、本省へ登省していたシエリアに、初老の女性が話しかけた。
 女性最速で事務次官級まで昇進したとされる、彼女の尊敬する上司だった。

「あ、お久しぶりです。最近寝不足で……夢も見ないくらい疲れているようです」

「大変そうだものね。じゃあ……これを試してみない?」

 彼女は手にした薬入れの中から、小さな赤い木の実のようなものを取り出した。

「これは?」

「南西にある元離島国家――今は帝国領だけど、そこが原産の植物の実よ。『天使の実』と呼ばれているわ。寝る前に1粒飲むと、何かしらすごく楽しい夢を見て、朝はすっきりと起きられるんですって。ただ、その楽しい夢を、必ずと言っていいほど忘れるのが残念だけど」

「……大丈夫なんでしょうか?」

 シエリアは疑わしさを隠しきれず、やや半眼になる。

「ふふ、大丈夫よ。その国では結構有名な実らしいの、高いけどね。原住民によれば何かしら共通点のある、どこかの誰か≠ニ夢を共有できるという話よ。だからその影響で朝は記憶が飛んじゃって、夢を覚えていられないとか。でも、すごくすっきりするから」

「そう……なんですね」

 怪しいと思いながらも、絶対の信頼を置いている相手からの贈り物は無下にできない。
 その夜、彼女は言われた通り『天使の実』を飲み、夢の世界へ誘われた。

■ ????

「ここは……夢、か?」

 意識がぼんやりとしている。
 辺りを見回すと、光の空間に自分が浮かんでいた。服はいつもの仕事着だ。
 光の中に、1つの扉が見えた。
 シエリアはふらふらと漂うように扉へと近づき、ドアノブを回す。

「いらっしゃいませ」

 小洒落た内装のバーだった。こぢんまりとした店内はやや薄暗く、カウンターに先客が2人ほど座っていた。
「んっ? ――あーっ! あなた見たことある!! グラ・バルカス帝国のシエリアさんね!!」

 口の周りを白いもので汚した、20代後半くらいの女性が振り向き、シエリアの顔を見るなり声を上げた。
 手元に山盛りのパフェを置いているので、そのクリームだろう。

「……誰?」

 シエリアの呟きに、もう1人の客が振り向いて答える。

「その者はクワ・トイネ公国の騎士、イーネだそうだ」

 こちらも20代後半くらいの女性で、シエリアの祖母の時代に貴族の女性が着ていたような、壮麗なドレスを身に纏っていた。
 その顔には見覚えがある。

(パーパルディア皇国の皇族レミール? ……確か、日本国が身柄を確保していると聞いていたが……)

 レミールの手元には茶色い液体が入ったグラスがあり、彼女はその手でゆっくりと揺らしていた。

「これは夢だな……私たちには日本国にかかわっている点と、性別が女、そして年が近いという共通点がある。貴様、『天使の実』を食べたか?」

 レミールに看破され、シエリアは動悸を覚える。

「そうだ、私は『天使の実』を食べた」

「ふふ、そう警戒するな。何を話そうが、起きたらどうせ覚えてはいないのだ」

 妖艶な笑みを浮かべるレミール。だが不思議と嫌みを感じなかった。

「シエリア、感謝するぞ。久々にこうやって酒が飲めて、満足な食事を楽しめた。夢の中だというのに、味まではっきりしている」

「なるほど、私を中心に2人の意識が繋がったということか……やはり異世界は非常識だな」

 2人が座るカウンターへと近づいたシエリアは、その間に腰を落ち着ける。

「現実の私は檻の中で、長ったらしい裁判にうんざりしている。こんな息抜きができるなら助かるというものだ。――そうだ、感謝の代わりに教えてやろう。グラ・バルカス帝国は日本国と戦争状態にあったな?」

「ああ、そうだが」

「負けるぞ」

「なっ――我が帝国は負けはしない!! 原住民とは違うのだ!!」

「いきり立つな。日本に投獄され、色々わかったことがあってな……とりあえず酒でも飲め、うまいぞ。日本国でXOクラスと呼ばれるブランデーだ」

「これもおいしいですよ。今ならいくら食べても太らないという特典付きです」

 レミールからはブランデーを、イーネからはパフェを勧められ、食い合わせが悪そうだと思いながらも両方を口に運ぶ。

「む……なかなか美味しい……」

 シエリアが漏らした感想に、レミールは満足そうに頷く。

「私はな、他国を手っ取り早く占領する方法の1つとして、相手国の捕虜・住民を町1つ、村1つ単位で殺害せよと命令していた。そのほうが結果として早く降伏に結びつき、皇国も相手国も被害が減ると考えていたのだ。それが自分の正義だった……今思えば、他国民からは極悪非道に見えただろうな。――シエリア、貴様も確か日本人の死刑執行を指示していたな。私と同じだ」

「ち、違う……私は、好んで命令したわけではない!!」

 夢の中で酔うはずがないのに、口にしたブランデーでほろ酔い状態にあるシエリアは、口が軽くなる。

「ほう、上の命令か? しかしそんな裏事情は国際関係で通じぬ。上が貴様に命令させたのは、尻尾切りのためであろうな」

「なっ――」

「組織とはそんなものだ。20代後半にもなれば、周りも見えているはずだが……まぁよい。私も日本国なぞに決して負けぬと思っていた。しかしな、彼らは科学技術力がすさまじく発展している。軍事技術に関しても、常軌を逸した強さを持つ。古の魔法帝国級といっても過言ではなかろう」

「下から見れば、上は見えんものだ。原住民の技術水準では、我が国の強さも理解できまい」

「皇国は、神聖ミリシアル帝国の魔導戦艦程度なら理解できる。皇国に比べればすさまじく強力だが……貴国の戦艦はあれを少し上回る程度だろう。戦闘結果がそれを示している」

(この女……)

 シエリアは外交官でありながら、この世界の人々と触れ合う機会があまりなかった。
 理知的なレミールを前にして、自分の見識の狭さを初めて自覚する。

「しかしな……日本国の強さは、神聖ミリシアル帝国のそれを遥かに上回る。雲泥の差があるのだ。つまり、グラ・バルカス帝国軍がもしも日本国の軍――自衛隊と戦ったならば、手も足も出ずに全滅する」

「何をたわけたことを……カルトアルパスの戦闘結果が、日本国は弱いということを物語っているではないか」

「日本国政府から説明がなかったか? お前たちが被害を出しながらやっとの思いで倒したのは、沿岸警備隊のようなものだぞ」

「……え?」

 日本の外交官、朝田も同じことを言っていた。
 もしそれが本当なら、グラ・バルカス帝国は致命的な認識違いを起こしていることになる。

「海上保安庁でしょ? 本当ですよ。あれは海の警察機構で、『転移前は密輸や密入国を取り締まっていた船だ』って自衛隊の人が言ってました。あと、『日本とグラ・バルカスでは技術的に70年の開きがあるから、戦ったところで相手にもならない』って」

 イーネが横から口を出した。

「この女はな、日本で自衛隊の男をひっかけた玉の輿だ。信頼できるぞ」

「な……なんて言い方するの!!」

 顔を真っ赤にしたイーネを、シエリアは思わずガン見する。

「まぁ……貴国は破滅の道を進んでいるし、貴様もこのままでは私と同じ末路だ。日本国は死刑執行人を許しはしないだろう。今いる場所から去ったほうが賢明だ」

「そんな……」

 こんな夢の世界で、第三者から突きつけられる重要な情報。起きたらすべて忘れてしまうのが残念でならないと、シエリアは言葉を失う。

「できれば死んだことにして、このイーネみたいにどこぞの男でも引っかけろ。そうすれば女の幸せくらいは手に入る。……私にはもう叶わぬ夢だがな。想い人くらいはいるだろう?」

「えっ…………いや、私は……男なんて……いないが」

「まさか生娘でもあるまい?」

「へ? いや、あの、その……」

 目が泳ぐシエリア。
 レミールとイーネが目を丸くする。

「ええ、嘘ぉ!? その年で……? 本当に〜?」

「わ……私だって、その気になれば、男の1人や2人、すぐにできる!! しかし、仕事に生きたいんだ!!」

「虚勢を張るな。今の仕事が、貴様が人生で本当に成し遂げたいことか?」

「そ……それは……それは違う。私は組織の歯車にすぎない」

「国も組織も、簡単に人を切るぞ。自分の幸せを追い求めろ、きちんとその手に掴め。――おっと、もう時間のようだな。貴様らとは夢の中ではなく、現実でゆっくりと話してみたかった」

「もしかしたら、そんな機会があるかもしれませんよ」

 イーネに慰められ、レミールは寂しそうに笑った。
 夢の世界が、光の泡となって消えていく。

「貴様は……同じ過ちを犯すな」

 シエリアは、ベッドの上で目を覚ました。
 目には涙が浮かんでいる。

「ええと……何か夢を見ていたような……」

 まったく思い出せない。ただ、誰かに「幸せに生きろ」と言われたことだけが頭に残っていた。

(さてと……今日も頑張るか)

 日の光が部屋に差し込む。
 シエリアはわずかにだが、いつもより気持ちのいい朝を迎えた。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 00:00| Comment(1187) | 小説

2020年02月11日

5巻特典ファルタス提督P7


■ 中央法王国 王城ダール・デラ

 国の代表が集まる王前会議で、国王アレンデラ6世は満面の笑みだった。
 ファルタス提督が生きていた。
 王には何よりの喜びだったが、それだけではない。

 魔法帝国製の超兵器を相手に、凄まじい戦いを繰り広げ、国内外に中央法王国の魔法技術の高さを知らしめた。
 ファルタス提督が放った『イクシオンレーザー』は、マギカライヒ共同体の人々には強烈な刺激になったらしく、この戦い以後、マギカライヒ共同体と日本国から留学の問い合わせが殺到している。
 日本国では、記録された映像が国内でニュースとして取り上げられ、国民の多くが興味を持つ国となったようだ。

 グラ・バルカス帝国との戦いでは国の威信を失ったと思っていたが、提督の思わぬ活躍で、中央法王国は国家として尊敬を集めることになった。
 
 後日、ファルタスは英雄として祭り上げられる。
 科学文明国家を相手に自信を喪失していた彼は、少しだけ立ち直ったのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:18| Comment(620) | 小説

5巻特典 ファルタス提督P6


「なっ――せ……戦車砲並みの威力だぞ!!」

 今の光が当たっていたら、全員殉職していた。
 敵との距離はたったの1・3qしかない。
 魔王ノスグーラの経験を元に部隊を配置していたが、近代兵器に不用意に近づいてしまったようなもので、猛烈に反省した。

「城島!! 戦闘ヘリ要請!! 敵は近代兵器クラスというのも付け加えろ!!!」

『了解! ――間に合えばいいのですが!!』

 城島はすぐに無線を飛ばす。
 敵付近の砂煙は一瞬で晴れ、その姿を現していた。
 ファルタスは古文書で見た兵器そのものの出現に、戦慄する。

「あ……あれは……ラヴァーナル帝国の陸戦兵器!!!」

「そ……そんな!」

 ルイジルもうろたえ、急激に戦意を失う。
 先ほどの丘を吹き飛ばした攻撃は、ただの陸上兵器とは思えなかった。まさに魔法帝国の力の片鱗を目の当たりにしているのだ。
 一方のファルタスは、眼前の命を守るため、そして古の超兵器に自分の力が通用するのか試したくなり、逆境の中で戦意を燃やしていた。

「ルイジル殿!! 百田殿!! これより私が使える最大級の魔法を使う!! 少し時間がかかる、敵の注意を引いてくれ!!」

 百田もルイジルも、反射的に動き出す。
 2人の迅速的確な指示が兵に伝わり、マギカライヒ首都防衛部と陸上自衛隊の攻撃が集中する。

「――はぁぁぁぁぁっ……!! 〈怒れ、金色の神獣よ。唸れ、白色の星獣よ。世は蜃気楼、時は流水、天に映るは愚者の舞踏――〉」

 ファルタスが前に手を出し、花が開くかのように重ね合わせ、全魔力を手の先に収束させた。
 長い長い詠唱は続く。

 本陣を破壊するはずの光弾が弾かれた。
 これを弾く輩が下等種にいること自体が驚きだった。
 しかし直後、猛烈な攻撃に晒される。
 万全の状態であればどうということはなかったが、さすがに防御値が最大値の2割以下というのが、焦りを誘う。
 さらに魔導アーマー内に警戒音が響き渡る。

「何っ!? 攻撃型の魔力上昇!!? こ……魔力数たった300の下等種が、攻撃力1万2千だと!? 馬鹿なっ!!! どうなっている!! 人一人の出す攻撃力を遥かに超えている!!!」

 リョノスは止まない攻撃と差し迫る危機に、半ばパニック状態に陥る。

「危険だ!! すぐに排除せねば!!」

 彼は魔力の上昇源に向かって、魔光砲を発射した。

 中央法王国の大魔導師ファルタスの手の前でエルゴ領域が拡大し、虚数空間からの膨大なエネルギーが流入する。
 流入したエネルギーを外に漏らさぬよう、通常空間を高速で圧縮し続けた。
 手の前には小さな黒い点が発生し、僅かに漏れ出たエネルギーが黒い点の周りに電撃を走らせる。
 膨大に圧縮した空間の外側に、さらに空間の湾曲を発生させ、エネルギーに指向性を持たせる。

「はぁッ……はぁッ……! 〈汝に神罰がくだされん〉……!!」

 古の刻、強大な魔導でミリシエント大陸を征服しようとした一族がいた。
 一族はやがて世界の敵となり、組織的攻撃と一部の優秀な戦士によって解体され、失脚する。
 優秀な戦士数人に、族長が負けたのが原因だった。
 子孫は二度と倒されぬよう、最大にして最強、門外不出、一子相伝の魔法を編み出した。
 その魔法の発射準備が、異国の地で整う。

「食らえ……これが……ラ・バーン家に伝わる、最大にして最強の魔法……!!」

 手の前の黒い点は空間圧縮限界を超え、エネルギーが漏れ出し、光り輝き始める。

「そして、この……ファルタスの極大攻撃魔法――」

 付近の粒子を吸い込み、光の弾はさらに大きくなる。
 まばゆい閃光を放ちながら、光弾が振動を始める。
 付近の重力が影響を受け、周りに落ちていた小石が宙に舞い始めた。

「――〈イクシオンレーザー〉だッッ!!!」

 ファルタスを中心に帯状の光が放射し、猛烈なエネルギーが射出される。
 質量を持つエネルギーは周りの空気を押し出しながら、一瞬で走る。
 マッハ7以上の速度を持つエネルギー周りでは、先端から斜め後方に向かって衝撃波を発した。
 同衝撃波境界層では、空気が粘性発熱によって超高温に達する。

 空気中の分子は原子に分解され、さらに原子もその形を保っていられなくなり、電子が飛び出してプラズマ化、付近の空気は化学平衡流と言われる状態まで達した。
 プラズマを纏ったエネルギーは直線とその周囲に影響を及ぼしながら、古の魔法帝国の超兵器へ向かった。

 ――ズァァァァァァァァァァッッ!!!

 着弾点に、目も眩むほどの光と鼓膜を裂くような轟音、圧倒的なエネルギーが解放される。
 一瞬のあとに大きな爆発が生まれ、目標付近に膨大な土煙を発生させた。

 ――ゴォォォォォ……。

 轟音が山々で反射し、しばらく続いた。

「はぁっ……はぁっ……! どうだ……!!」

 ファルタスの魔力は、その一撃で空になった。

『す……すごい! これを人間が、ただ1人で作り出せるというのか!! まるで波○砲だ』

『い……いや、どちらかというとメド○ーアのような……』

 自衛隊員たちが、無線を使って勝手に感想を並べる。
 ルイジルに至っては、あまりの凄まじい威力に固まっていた。
 轟音は止み、煙が晴れる。
 ファルタスの直線上の大地がえぐれていた。その先に、煙を出す物体が1つ。

「や、やったか!」

 煙を上げて、停止しているようにも見えた。

「やったようですな」

「「「う……うぉぉぉぉぉぉ!!!」」」

 兵たちが、凄まじい戦いの勝利に雄叫びを上げた。そのとき、

 ――ギギギギギ……。

 敵が動き、手を司令部に向けた。

「う……動いたぞ!!?」

「バカな……不死身か!!!」

「わしの……最大奥義を以てしても……倒せぬか……!!」

 ファルタスは絶望し、百田らもただ敵を凝視した。
 向けられる手にもはや抗する術はなく、万策が尽きている。
 絶望のあまり、ルイジルが上を向く。
 その視線の先で、光の矢が上空を通り過ぎた。

「え?」

 突如として現れた光の矢は、敵に向かう。
 敵も気づいて避けようとするが、誘導されたそれは致命傷を負った魔導アーマーの装甲をいとも容易く貫通し、突き刺さってその威力を解放した。

「なっ――」

 爆散し、破壊し尽される魔導アーマー。
 誰が見ても確実な破壊が起きる。
 陸上自衛隊戦闘ヘリ『AH−1S』から放たれた空対地誘導弾、地獄の炎、ヘルファイアの名を冠した兵器は、その名の通り敵にとって地獄の炎を発生させ、古の魔法帝国製汎用人型陸戦兵器を破壊した。

「ぐ……おぉ……ぉぉぉぉ……」

 リョノスは割れた装甲から何とか脱出し、地面を這っていた。
 片足は失われ、もはや虫の息だ。

「そんな……あの……あの魔力を感じぬ攻撃は……一体何なんだ……!」

 理解が追いつかない。

「おい! いたぞ!!!」

 彼が下等種と呼んでいた生物が迫る。

「この私が……こんなところで……!」

 古の魔法帝国の遺伝子操作生物リョノスは、マギカライヒ共同体に捕らえられた。
 彼は神聖ミリシアル帝国に送られ、国際社会の監視下に置かれることになる。
 さらに古の魔法帝国の情報を引き出すために、長く壮絶な生を強いられるのだった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 21:18| Comment(14) | 小説