2019年07月19日

第94話 神撃の大帝国P3(ボツ)

※ この話はボツ作品です。反省のためにデータを残しておりますが、根本的に書き直すので、無視して先にお進みください

◆◆◆ 

 同日夕刻 アルタラス王国

 若き女王ルミエスは、空を眺めていた。
 本日の昼頃には、自衛隊の戦闘機F−2やF−15J改が次々と空港に着陸した。
 久々に見る航空機、着陸のために速度を落としていたが、それでもワイバーンに比べると圧倒的な速度で、何度見ても驚かされる。
 早急に自衛隊の展開を承認して公務を終わらせる。

 美しく透き通る空は夕日によって赤く輝き、鳥たちがのんびりと舞っている。
 戦火が近いことなど微塵も感じさせなかった。

「女王陛下、そろそろ見えてくる頃でございます」

 ルミエスは東の空を見る。

「来た!!」

 徐々に聞こえる重低音。
 僅かな空気の振動と共に、多数の点が空に現れる。
 多数の点はやがて飛行機の形を成す。

 かつて、パーパルディア皇国によって国家存亡の危機まで追い詰められ、奇跡ともいえる巡り合わせによってアルタラス王国は救われた。
 
 反撃の……圧倒的な力の象徴として、いつか見た光景。
 日本国、海上自衛隊BP−3Cの大編隊が見えてくる。

 グラ・バルカス帝国による全世界への宣戦布告、かの国が本気になれば、アルタラス王国などすぐに飲み込まれてしまうだろう。
 東方国家群にとって、救いの一撃となるかもしれない。

 自らの国を救いし象徴の再来、その雄々しき姿、ルミエスの心は震えるのであった。

◆◆◆

 翌日ー午前4時50分

 アルタラス王国 航空自衛隊レーダー管制室

 航空自衛隊緊急派遣部隊長の佐古は管制室にいた。早期に発見、迎撃出来なければ本国まで危険が及ぶ可能性がある。
 些細な変化さえ見逃さないよう、指示を出す。
 レーダー監視員は最新の注意を払って画面を見つめた。
 画面の先、約1000km西側には1機の航空機、自衛隊の持つ早期警戒機E−767の光点が浮かんでいた。
 不意に、無線が入電する。

『航空機6機発見、距離現在地より西北西約830km、速度245ノット、座標……』

「き……来た!!」

 速力からして、ワイバーンの可能性は無い。
 航空機6機というのが、少なすぎる気もするが、敵航空機がそこに存在するならば敵の大艦隊もそこに存在する可能性があった。

「早期警戒機は引き続き監視に努めよ。
 待機中の偵察機(RF4−EJ)に離陸を指示、周辺海域の捜索にあたれ!!」

 佐古は矢継ぎ早に指示を出す。
 すでに待機していた偵察機、RF4−EJは、すぐに滑走路に出る。
 早朝ではあったが、アフターバーナーに点火、2本の炎を後方から出し、轟音と共に離陸、周辺海域へ向かうのだった。
 
 2時間後ーー

『敵艦隊発見!!総数223、空母10,戦艦4、巡洋艦32、補給艦……』

 管制室がざわめく。
 ついに偵察機が敵艦隊を発見した。消失した敵艦隊からすると、一部の艦隊だろうが、大規模な艦隊に変わりは無い。
 すぐに映像が送られてくる。

「ん?見えにくいな」

 低く垂れ込めた雲、艦隊周辺には霧が出ているようで、艦影のぼやけた影の写真のみ。
 空母、巡洋艦、駆逐艦等、大まかな分類は可能だが、詳細な艦の名前までは判断出来なかった。
 もっと近づくと対空砲火の射程に入る可能性もあり、近づくことも出来ない。
 もう一枚送られてきた写真、こちらの方は、艦上戦闘機が上空で舞う姿ははっきりと写っていた。
  
「ついに来たか!!グラ・バルカス帝国艦隊に間違いないな。
 F−2並びにBP3−C哨戒爆撃機は直ちに出撃、対艦誘導弾の大規模飽和攻撃を行い、艦隊を殲滅する!!
 F−15JはBP−3Cの護衛にあたれ!!!」

『了解!!』

 すでに準備は整っている。
 対艦誘導弾を1回の出撃で4発撃つことが可能なBP−3C及びF−2戦闘機。

 1回の出撃で300発もの対艦誘導弾を放つ事が出来る。
 兵器量産の成せる技ではあるが、地球史においても、これほどまでの大規模対艦攻撃は歴史上行われた事が無いだろう。
 
 護衛隊群はまだずっと後方の海域、まだ沖縄周辺だろう。

「航空攻撃だけで敵艦隊を片付けてやる!!」

 佐古は意気込む。
 航空自衛隊のF−2戦闘機15機及び海上自衛隊BP3−C哨戒爆撃機60機は、朝焼けの中、西の空へ離陸していった。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:11| Comment(9) | 小説

第94話 神撃の大帝国P2(ボツ)

※ この話はボツ作品です。反省のためにデータを残しておりますが、根本的に書き直すので、無視して先にお進みください

◆◆◆

 日本国 首都東京 防衛省 早朝

 防衛省幹部三津木は緊張の最中にあった。
 グラ・バルカス帝国の大規模艦隊の出港が衛生写真によって確認された。現在何処を行っているのか、詳細情報までは捕らえられていないが、おそらく日本国へ向かって出港したのであろうと思慮される。
 現在予測航路を人工衛生で確認中であるが、基数が少なく、なかなか見つけ出すことが出来ない。

 日本国政府は、グラ・バルカス帝国によって決して日本国民に被害が出ることの無いよう、全力を尽くす事を下命、帝国の動向を捕らえるため、日本国のみならず、他国にも協力を依頼し、防衛省のみではなく、各省庁一体となって帝国艦隊の行方を探っていた。

 大艦隊が未だ捕らえられていないという重要性、日本国民に1人も死者を出してはならないという重圧、
 三津木の横に座る同僚が、苛立ちを隠せずに嘆く。

「くそっ!!一体何処にいるんだ!!」

 イライラは、職員にも伝搬していく。

「まあまあ、焦っても良い結果は得られませんよ。
 焦らず全力でいきましょう」

「三津木……これが焦らずにはいられるか!!
 想定される敵は多すぎる!!迎撃が間に合わなかったら国民に被害が出るのだぞ!!」

 危機感が無いように見える三津木に、同僚は苛立つ。

「まあ、そうですが、焦っても変わらない結果なら焦らない方が良いかなと」

 会話中、三津木のデスクに設置された電話が鳴る。
 会話を中断し、三津木は電話に出た。

「はい、もしもし……え??本当ですか!!はい、はい……」

 高速でメモを取る三津木、のほほんとした顔がギラツキ始める。
 電話を切った。

「見つけたぞ!!!パーパルディア皇国竜騎士がグラ・バルカス帝国艦隊発見した!!位置アルタラス島西側約2300km海上!!
 おおよそ220隻が東へ向けて進行中!!」

 先ほどののんびりとした話し方が嘘のように、矢継ぎ早に各方面に指示を出す。

「パーパルディア皇国?何故あの国が協力を?」

「ああ、知らなかったか?俺が独断で手を回しておいた。一応上には報告済だ」

 元敵国、しかも外務省でもない三津木がどうやって味方に引き入れたのか疑問に思う。

「数は220隻か!?十分脅威な数だが、事前の情報からすると少なくないか?」

「まだ発見出来てないだけでしょう。付近にいる可能性は十分高い」

「空自に、緊急展開部隊を派遣するよう要請、アルタラス王国に展開中の陸自にも連絡、ええと……すまん、ど忘れした。アルタラス王国展開中の陸自は対艦攻撃能力はあったかな?」

 グラ・バルカス帝国侵攻の可能性がささやかれた時、外務省はすでにアルタラス王国に対し、有事の際に自衛隊の緊急展開部隊の展開要請を行い、アルタラス王国は快く了承していた。
 当初は海上自衛隊、航空自衛隊のみの展開としていたが、グラ・バルカス帝国による攻撃が真実を帯びてきた時、アルタラス王国から陸上自衛隊の一時的展開要請があり、緊急展開前での一時的な陸上自衛隊の小部隊が派遣されるに至った。
 また、万が一のため、ある程度の弾薬備蓄も行っている。

「ああ、グラ・バルカス帝国侵攻の可能性から、旧式ではあるが、88式地対艦誘導弾システムを配備している」

「迎撃計画についてだが……プランDで行きたいと思う。早急に報告、意思決定を行う、いまから上に説明行ってくる」

 三津木は部屋を飛び出す。
 この日、海上自衛隊1個護衛隊群、空中給油機2機、BP3−C60機、E−767早期警戒機2機、F−15J改12機、F−2戦闘機15機、RF−4EJ1機が緊急に派遣される事が決定した。

タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:10| Comment(11) | 小説

第94話 神撃の大帝国P1(ボツ)

※ この話はボツ作品です。反省のためにデータを残しておりますが、根本的に書き直すので、無視して先にお進みください

異世界の国々に認識されている世界において、東に位置するフィルアデス大陸。
 その西側に、リーム王国の飛び地が存在する。
 セニアと呼ばれるこの地は、かつてはパーパルディア皇国の土地であった。

 土地に栄養は無く、元々ほとんど人が住んでいないような土地であり、皇国にとって重視されるような場所では無かった。

 パーパルディア皇国混乱の最中、リーム王国が上陸して領有を宣言、おおよそ海岸線にい20km、内陸に10km入った程度の皇国にとっては小さな土地、当時皇国は日本国によってその戦力を大きく削られており、重要性も低い皇国の領地奪還は見送られる事となる。
 やがて、リームは港を整備する。
『内陸部の本国から遠く離れたこの地に港を作って何になる』
 そういった意見も国内では見られたが、日本国から購入したタンカーによって第3文明圏と第2文明圏を直接結ぶことが出来るようになった。
 また、帆船を利用した場合の中央世界の窓口としてはちょうど良い場所にあるため、当初の想像以上に栄えし港となり、外貨資金源ともなっている。
 
 
 第3文明圏文明国 リーム王国飛び地 セニアの港

 港湾を管理している貴族ドルブはグラ・バルカス帝国の多数の軍艦を見て驚きを隠せなかった。
 我が国やパーパルディア皇国とは違った鋼鉄で囲まれた船体、元列強パーパルディア皇国の魔導砲を遙かに上回る射程と威力を持つ帝国の砲、そしてあれが海上で30ノット以上の猛烈な速力で移動が可能という。

 そんな化け物、帝国は駆逐艦と呼ぶらしいが、そのような艦が33隻、補給艦10隻、そして理解が出来ない不思議な形の艦が12隻、列強の持つ竜母のような、軽空母と呼ばれる艦種が1隻、計56隻が停泊し、補給を受けていた。
 沖合には碇を下ろした他の艦種も見受けられる。

 帝国の使者から、たったこれだけの艦艇で全盛期のパーパルディア皇国主力艦隊を葬る事が出来るほどの戦力と聞き、さらに驚く。

「すごい……なんて戦力だ……グラ・バルカス帝国はすごいな……」

 ドルブは、始めて見るグラ・バルカス帝国の戦力に、ある種の感動を覚えた。
 きっと彼らは我が国をさらなる繁栄に導いてくれるだろう。

 グラ・バルカス帝国艦隊は、翌日の夜未明、いずれかの場所へ向けて出港していった。
タグ:日本国召喚
posted by くみちゃん at 18:09| Comment(13) | 小説